まずはこちらを
所長のプロフィール 水口和彦 プロフィール
「無駄な残業」を削減するために 3つの「ムダ残」を無くそう!


好評シリーズはこちら
教科書的な時間管理はもういらない? 時間管理術の7つの嘘を暴く!
悩んでいる方は、ぜひ! KKJ (カンタン!効果的な!時間管理術)
KKJのバージョンアップ版 KKJ 2.0 (カンタン!効果的な!時間管理術 実践編)
メールの処理に困っていませんか? LifeHacks --- メール術 私の方法
やりたいことを実現する3つの力とは? 時間についての3つのチカラ

2013年06月09日     このエントリーをはてなにブックマークこのエントリーを含むはてなブックマーク

よくある「島型」のオフィスは電話のためだった?


こんにちは。水口です。

仕事の効率を上げるためには、仕事をする環境、つまり職場の環境も
重要ですよね。仕事の内容によっては、意外と影響が大きいものです。

たとえば、しっかり考えたい、集中したいという仕事をしているとき、
周りから話しかけられると効率が落ちたりしますよね。
「いまは話しかけないでっ!」と言いたくなったり・・・。
私も以前、サラリーマン時代の職場でときどきありました。

そんなときは、パーティションで区切られているオフィスや、個別に部屋
があるオフィスがうらやましくなったりしたものです・・・。


そんなオフィス環境について、かつての電話のあり方・使い方が大きく
影響していたのでは? という説を最近読みました。


■ 電話加入権が職場環境を決めた?

こんな記事がありました。

記者の眼 - 電話加入権が生んだ日本のワークスタイル:ITpro

 (『』内は引用です)
 
『  島型でパーティションのない机、部門代表に掛かってくる電話、
朝礼後にオフィスを出発して夕方に帰社して終礼する営業担当者
――日本のオフィスの日常風景で「和を大事にする日本」の象徴とも
言われる。なぜこうした業務スタイルになったのか。源流を辿っていくと、
不思議なことに「電話加入権」に行き着いた。

 日経コミュニケーション6月号で、特集「固定電話はもういらない?」を
執筆した。(中略)

 取材の過程でふと気になり、内線電話システムのベンダーに「なぜ現行
の電話スタイルになっているのか」と聞いたところ、帰ってきた答えが
「電話加入権が大元の理由」とのことだった。

 ことのあらましは以下のようなものだ。加入電話サービスを利用するには、
1回線ごとに電話加入権(現在は施設設置負担金)が必要となる。ダイヤ
ルインサービスが登場するまでは、1人の社員に1つの外線番号を割り当て
ようとすると、電話回線の数だけ電話加入権の取得が必要だった。それで
は企業の費用負担が大きすぎる。自然な発想として「電話回線を社員で
共用しよう」という流れになった。(中略)

 そして、こうした内線電話の仕組みが日本のオフィス、ひいては日本人の
働き方も決めてしまったのではないか。 (中略)

 考えてみれば当たり前の話だ。部門代表の電話は、その部門の誰かしら
の社員が受けなければならない。となると、島型の座席配置はとても合理
的だ。離れた場所に座っていたら、自分が取るべき電話が鳴っているのか
どうかが分からない。

 パーティションも同様だ。パーティションがあると視線が気にならず、静かで
集中できる。だがそれは、近くの席の音が聞こえづらくなるのと同義だ。パ
ーティションを置かず、決められた電話が鳴動したタイミングで、誰かしらが
電話を取るというオフィスが現実的だ。(中略)

 パーティションのない島型の机の配置というのは、仕事で電話を使う以上
は必然だったのだろう。電話加入権が存在した時点で、日本のオフィスの
形態は決まっていたのかもしれない。(後略) 』

                                (上記サイトより引用)

ちょっと引用が長くなりましたが・・・、

日本の企業では島型のデスク配置(デスクを向かい合わせにする配置)が
よくありますが、そうなったのは「和を重んじる精神」などが理由ではなく、
少ない電話回線を有効に使うための配置だった・・・という説です。
(日本は昔、電話加入権が高かったので)

なるほど、と思わせるところがありますね。

もしそうだとしたら・・・、

たとえば、「つきあい残業」のように周りの人の様子を気にする働き方や、
(業務と関係ないことでも)部下に干渉しがちな管理職など、日本の職場
にありがちな現象も、元々は電話のせい・・・? ってことでしょうか?


個人的には、島型配置は電話加入権だけが理由だとは思いませんが、
一つの要因として、けっこう影響は大きかったかもしれませんね。


■ では、これからどうする?

現在は、電話に関しては、IP電話や携帯やPHS(内線電話として使える
ものもありますね)など、様々な方法を選べるようになってきています。

電話を換えるとなると、従来の配置にこだわらなくてもよくなります。
たとえば、フリーアドレス制のオフィスを導入する企業もありますし、
1人になれる(1人で仕事ができる)ように個室ブースを用意している
企業もあります。


そういった施策で仕事の効率は上がるのか? という話は諸説あり、
たとえば、「フリーアドレスで仕事の効率が上がる」とは言い切れない
ようです(コミュニケーションを増やす意味ではいいと思いますが)。

個室にしても、仕事の効率が上がる場合もあれば、上がらない場合も
ある(1人きりだとダレてしまう)という話をよく聞きます(自宅で仕事を
するテレワークでも同様です)。

なので、完全な個室よりも、仕事の内容に応じて選択できる(共同の)
個室ブースのような形がいいんじゃないか?というのが私の意見です。
(個室ブースは仕事をサボるのに使われてしまう懸念はありますので、
 その対策が必要かもしれませんが・・・)



個人的には、私のサラリーマン時代に個室ブースがあったら良かった
のになあ・・・なんて思いますが、当時は、いまよりも紙の書類が多い
時代だったので、活用するのは難しかったかもしれませんね。

それはともかく、会社のなかでの働き方にも、いろいろな選択肢が
選べるのはいいことだと思います。


今日の記事作成時間は46分でした。
では、また次回!  
このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーをはてなにブックマーク
Posted by 水口和彦   │Comments(0)TrackBack(0)その他
2013年06月03日     このエントリーをはてなにブックマークこのエントリーを含むはてなブックマーク

同僚が「マタハラ」してしまう悲しい理由


こんにちは。水口です。
久しぶりの更新になります・・・(汗)

さて、今日の話題ですが、セクハラ、パワハラなどの「○○ハラ」という
言葉がいろいろ一般的になってきていますが、皆さんは「マタハラ」は
聞いたことがありますか?


■ 「マタハラ」って知ってますか?

こんな記事がありました。

「マタハラ」被害、我慢しないで!
:日経ウーマンオンライン【トレンド(キャリア)】


 (『』内は引用です)
 
『 被害を受けても相談せずに我慢している女性は約半数――日本
労働組合総連合会(連合)は、妊娠や出産を理由に嫌がらせや不利な
処遇を受ける「マタニティ・ハラスメント(マタハラ)」についての意識調査
を実施し、問題は顕在化していることを訴えた。

 「マタハラ」という言葉の認知度はきわめて低い。20歳代―40歳代の
働く女性のうち、言葉も意味もよく理解している人はわずか6.1%だった。
言葉は聞いたことがあるが意味をよく知らない人は14.4%、言葉も意味
も知らなかった人は79.5%にのぼった。』

                                (上記サイトより引用)

――――――――――――――――――――――――――――
 マタハラ = マタニティ・ハラスメントの略。
 妊娠や出産を理由に嫌がらせや不利な処遇を受けること。
――――――――――――――――――――――――――――
ということですね。

ちなみに
 
『 マタハラの意味を伝えた上で、これまで職場でマタハラを受けたことが
あるか尋ねると、25.6%が「受けたことがある」と答えた。これは、昨年連合
が発表した別の調査によるセクハラ被害者の割合(17.0%)を上回る。 』

                                (上記サイトより引用)

とあります。実際、こういった話はときどき耳にします。


■ 同僚も「マタハラ」してしまう理由

「マタハラ」と聞くと、まず想像するのが、
―――――――――――――――――――――――
 ・ 妊娠・出産がきっかけで、解雇や契約打ち切り、
   自主退職への誘導などをされた
―――――――――――――――――――――――
といった話で、上司などによるものです。
ですが、これは上記の調査では2番目。

最も多かったのは
―――――――――――――――――――――――
 ・ 妊娠中や産休明けなどに心無い言葉を言われた
―――――――――――――――――――――――
というもの。これは同僚など、誰もがやってしまう可能性があります。

産休に関してよく聞く話に、「産休で1人抜けたのに人員が補充されない」
という話があります。こうなると、残った人の仕事の負荷が高くなってしまい
ますよね。

上司・会社としては「残った人数でなんとかしてくれれば助かる」という思い
があるとは思いますが、それにも限界はあるわけで、たとえば数人しかいない
部署で1人抜けたらカバーしきれないのが普通です。
(よほど思い切った見直しをすれば別ですが)

そうなると、職場に残る方としては大変だし、ついイヤミの1つも言いたく
なってしまうという気持ちも出てくるもの・・・。もちろん、そんなの言わない
方がいいのですが、残った人がガマンしてばかりという状況も気の毒だと
感じます。職場に残る側の人も、ある意味被害者というか・・・。


「マタハラ」では、こういった人員配置の問題が大きいような気がします。
同僚にイヤミを言われる人も気の毒だし、言った同僚も気の毒です。
(また、うつなどによる休職でも同じような問題があります)

数ヶ月といった比較的短い期間に限定して、人の割り当てを変更するのは
難しいことですが、(上司や人事担当者は)そこががんばりどころというか、
いろいろ頭をひねってでも解決策を見出さないといけないところなのかな
と思います。



興味のある方へ: 上記記事の元になった調査がこちら↓にあります

日本労働組合総連合会(連合)|世論調査
(5月22日の分です)



今日の記事作成時間は32分でした。
では、また次回!  
このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーをはてなにブックマーク
Posted by 水口和彦   │Comments(0)TrackBack(0)その他
2013年04月22日     このエントリーをはてなにブックマークこのエントリーを含むはてなブックマーク

スマホでメモを取るのはOK? ダメ?


こんにちは。水口です。

ささいなことかもしれませんが、
ちょっと考えさせられた記事↓がありました。

スマホでメモ取って何が悪い?
「態度ばっかり気になるのは、おっさん化の証拠」 (1/2)
: J-CAST会社ウォッチ


 (『』内は引用です)
 
『 新年度が始まって4日目。新入社員を迎えた職場では、早くも「ゆとり世代」
との衝突が起こっているようです。IT系商社に勤める30代のAさんは、新人に
業務説明をしているとき、その態度に驚きました。

「私が前でしゃべっているのに、新人の1人が下を向いてスマホをいじってるん
です。カチンときたんですが、心を落ち着けて『何してるの?』と聞いたら、『え、
メモ取ってるんですけど…』と言われたんですよ」


他の4人の新人は緊張したように姿勢をただし、紙のメモを取っていましたが、
その男性だけが椅子に寄りかかって、机の下のスマホを操作していました。

Aさんは「話は相手に顔を向けて聞いてね。それからメモは紙に書いて。営業
先でそんなことしてたら、お客に嫌われるよ」と言って、紙のノートを持ってこさせ
たそうです。

呆れたAさんは説明会のあと、同僚のBさんにそのことを打ち明けたところ、
「いや、そのくらいいいんじゃないですか」とあっさり言われてショックを受けました。』

                                (後略:上記サイトより引用)


■ スマホでメモを取るのはOK? ダメ?

上司の説明を(紙のメモでなく) スマホでメモすることの是非を問う記事に
なっていて、ちょっと考えさせられるところがあります。

これについては意見が分かれるかもしれません。「スマホでメモするのはダメ」
という人が、やや多いように予想しますが、職種・職場によってかなり違うかも
しれませんね。


個人的には、上記の例に限定して言えば、どちらも良くないところが
あるとは思います。

――――――――――――――――――――――――――――――
まず、前提として・・・、この新人が使っていたスマホが個人持ちであれば、
そこに業務内容についてのメモを入れることの是非は問われます。

仕事のやり方についてのメモは、場合によっては機密事項が含まれること
もありますし、それを個人の端末に入れることが禁止されている職場も
あるからです。
――――――――――――――――――――――――――――――

その上で、上司(Aさん)について言えば、

 「営業先でそんなことしてたら、お客に嫌われるよ」

というのは、注意するにしても言い方が良くないですよね。カチンときたのを
引きずってちょっときつい言い方をしているように思えます。

実際問題として、営業先でお客さんと話をしながらスマホをいじっていたら、
良く思われないことは充分に考えられます。今の時点では、スマホで打ち合わ
せのメモを取るのは一般的ではないので、打ち合わせ中にメールしてると思わ
れかねないですから。

・・・ということを、もう少していねいに説明してあげた方が、新人も納得する
と思うのですが。

――――――――――――――――――――――――――――――

部下(新人)の方は・・・

上記の文章だと、あまり話を聞いてなさそうな態度だったようなので、
その点は良くなかったでしょうし・・・

(スマホが私物なら)そこに仕事のメモを書いてもいいのか、事前に
確認しておくことは必要です。

「これでメモしていいですか?」と事前に確認しておけば、上司もカチンと
くることはなかったでしょうし。

――――――――――――――――――――――――――――――



スマホがかなり普及したとはいえ、その使い方やマナー的な部分については、
現在はまだ過渡期だと思います。つまり、自分が「当たり前」 「一般的」と
思っていることが、相手の「当たり前」 「一般的」とは違ってたりします。

上記のようにメモによく使う人からすれば、「スマホをいじってたら遊んでるっ
てわけじゃないんだよ」 と言いたいでしょうけど、そうは見てくれない人は
(メールやネットを見てると思う人は)まだまだ多いです。

無用な誤解を生まないために、あえて紙のメモを使うとか、スマホを使うに
しても事前に了解を取るなどの配慮は社会人としては必要です。

また、上司の側は「そんなの当たり前だろ」「社会人として常識だろ」と
言わずに、説明してあげることが必要なのかなと思います。
(もちろん会社としてのルールがあれば、それを説明することが前提です)



■ 手書きのメモに感じるメリット

ここからはマニアックな話なので、参考程度に・・・

私個人としては、打ち合わせ中や説明を聞いたりする場合のメモは、
かならず手書きでメモします。それには理由があって・・・

私の場合、聞いたことを書きとめるだけであれば、最も早く書けるのは
キーボード(パソコン)でのインプットです。

しかし、(単純に書きとめるのではなく) その場で考えたり、質問したり
しながら書く場合は、手書きの方がずっとスムーズにできます。キーボード
だと、ちょっとギクシャクしてしまいます。

ですから個人的には、上記の新人さんのように仕事の説明を聞く場合
は(マナーとかルールとかは別としても)手書きでメモします。その方が、
結果的に効率がいいと感じています。


もっと突っ込んでいうと、私の感覚では・・・
―――――――――――――――――――――――――――――
単純に、見た文章、聞いた文章を書きとめるとか、事前に内容をある
程度まで考えてある文章を書く場合は、キーボードの方が早いし便利。
―――――――――――――――――――――――――――――
打ち合わせなど、双方向のやり取りをしながら書く場合や、何かアイデア
を出す場合など、負荷の高いことをやるのなら手書きの方がスムーズ
だし、思考の質も高まる。結果的に効率もいい。
―――――――――――――――――――――――――――――
と感じています。

なぜそうなるのか、詳しいことは分かりませんが・・・
キーボードでの入力は速くていいのですが、変換候補を確認・指定する
ときに、瞬間的に思考が中断させられているような気がします。どうも
そのへんが原因ではないかと・・・。

こういうのは個人差もあるはずなので一概には言えませんが、
私はそういう使い分けをしています。



今日の記事作成時間は55分でした。
では、また次回!  
このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーをはてなにブックマーク
Posted by 水口和彦   │Comments(0)TrackBack(0)その他
2013年03月18日     このエントリーをはてなにブックマークこのエントリーを含むはてなブックマーク

時間術ベストセラー&良書ガイド (という記事について)


こんにちは。水口です。

現在発売中の『日経ビジネス Associe(4月号)』は
「時間活用」がテーマになっています。

―――――――――――――――――――――――――――――――
日経ビジネス Associe (アソシエ) 2013年 04月号 [雑誌]日経ビジネス Associe (アソシエ) 2013年 04月号 [雑誌]
日経BP社(2013-03-09)
販売元:Amazon.co.jp


―――――――――――――――――――――――――――――――

「時間術」や「時間活用」は各種ビジネス誌で定期的に取り上げられる
テーマになっていますが、取り上げ方もさまざま・・・という感じで、
あまり変わりばえしない感じの記事を見かけることもありますが、
今回のアソシエさんの記事は、しっかり取材していて面白いです。


18〜37ページは 『エース社員の時間術』 と題して、いろいろな業種で
活躍する方に取材しています。手帳の使い方などもしっかり取材している
ので、見てみるだけでも面白いと思います。

こういった特集を見て、「この人はこんなことまでやってる・・・」と、圧倒
されてしまったり、あれこれいろいろやろうとして挫折してしまったりする
人もいるのですが・・・。業種や職種、本人の性格などの違いがあるのに
何でも取り入れるのは無理があります。一度に試すのは1つか2つにして
自分にあったやり方を探していく方がうまくいくと思います。


40〜50ページは 『プロフェッショナルの時間術』 と題しています。
こちらは、どちらかというと華やかな分野で活躍する有名人に取材して
います(クリエイター系の人が多いです)。このページも面白いです。

個人的には、『かいけつゾロリ』の原ゆたかさんの創作方法がとても
興味深かったです。仕事の時間術というよりは、作中の時間の流れを
考えるという意味での「時間」の話ですが、こういうふうにやるのかと
目からウロコのところがありました。


70〜73ページの4ページは、『時間術ベストセラー&良書ガイド』と
いうページで(手前味噌ですが・・・)、実はここで私が出ています。

アソシエさんからは、これまでに何度も取材を受けてきましたが、
今回はちょっと違った切り口で、いわゆる「時間術」系の本を、
年代別、内容の傾向別に整理してみよう、という内容です。

以前、時間術系のおすすめ本を10冊リストアップするという企画が
ありましたが、今回のように分類整理する企画は初めてです。


このページでは、まず年代別の流れで本を紹介しています。
年代によって読者対象(昔は経営者・管理職→今はすべての人)や
内容(年代が進むに従い、よりタスク数が多い環境に対応している)に
違いがあるのを整理しています。


次に、内容別に本を分離しています。
2軸のマトリックスで時間術の本を分類してみようという企画で、
2軸をどう取るかが難しく、結構悩みました。

片方は
―――――――――――――――――――――――――
   トップダウン    ←→  ボトムアップ
 (人生の目的を問う)    (日々の問題解決から始める)
―――――――――――――――――――――――――
にしようと、すぐに決まったのですが、もうひとつが難しいところ。

悩んだのですが、本の傾向として、「時間管理」的な内容(計画や
スケジューリング)を重視するタイプと、「時間のムダをなくす」ことや
「効率アップ」を重視するタイプがあるので、それを取り込む感じで、
―――――――――――――――――――――――――
   線の時間    ←→    円の時間
 (ゴールに向かう目標達成)  (毎日くり返される習慣)
―――――――――――――――――――――――――
という分け方にしました。


「線の時間」「円の時間」というのは、文化人類学などで使われる
概念で、ここでは、
―――――――――――――――――――――――――――
「線の時間」というのは、今日、明日、明後日・・・と、
未来に向かい続いていく日程や時間の流れのこと。
(時間管理やスケジュール管理、プロジェクト管理などが関連する)
―――――――――――――――――――――――――――
「円の時間」というのは、毎日くり返すタイムスケジュールや習慣
のこと。
(「時間管理」というより「時間活用」や「効率アップ」が関連する)
―――――――――――――――――――――――――――
を、それぞれ表しています。


「時間術」系の本は(立ち読みなどしないで買うと)、読者の求める
ものと、書かれている内容が一致しないことがあります。その典型的
な齟齬の例を、2軸に分けることができた感じです。

あなたの本探しにも役に立つかもしれません。
ご興味のある方は、ぜひご一読を。
―――――――――――――――――――――――――――――――
日経ビジネス Associe (アソシエ) 2013年 04月号 [雑誌]日経ビジネス Associe (アソシエ) 2013年 04月号 [雑誌]
日経BP社(2013-03-09)
販売元:Amazon.co.jp
―――――――――――――――――――――――――――――――



今日の記事作成時間は48分でした。
では、また次回!  
このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーをはてなにブックマーク
Posted by 水口和彦   │Comments(0)TrackBack(0)その他 気になった本
2013年02月25日     このエントリーをはてなにブックマークこのエントリーを含むはてなブックマーク

5年ぶりの増刷


こんにちは。水口です。

私の本は、これまでに11冊出ていますが、
先週、この本↓の増刷の連絡をもらいました。

―――――――――――――――――――――――――――――――
たったこれだけのことで!仕事力が3倍アップする時間活用法―やるべきタスクをらくらくこなすシンプルな原則たったこれだけのことで!仕事力が3倍アップする時間活用法―やるべきタスクをらくらくこなすシンプルな原則
著者:水口 和彦
実務教育出版(2008-02)
販売元:Amazon.co.jp


―――――――――――――――――――――――――――――――

すでにお持ちの方もいるかもしれませんね。
今から5年前に出た本です。

この本、絶版になることもなく、コツコツと売れ続けて
おりまして、今回また増刷することになりました。


ビジネス書は回転が速く、私の本のなかにも、すでに
絶版になってしまっているものもあります。

そのなかで、5年経ってから増刷されるというのは
うれしいですね。

この本は(私が提唱するタイプの)時間管理の基本を
ていねいに書いた感じの内容になっておりまして、
ふだん本を読み慣れない方も、比較的取っつきやすい
本になっている・・・つもりです。本人としては。
そのあたりが、コツコツ売れている理由かもしれません。

私が直接聞いている範囲では「同僚や後輩、新人さんに
読んでもらったら評判が良かった」という話をいくつか
聞いてます。そんな状況があれば、ぜひ。



今日の記事作成時間は20分でした。
では、また次回!  
このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーをはてなにブックマーク
Posted by 水口和彦   │Comments(1)TrackBack(0)

ブログとは別内容の無料メールマガジンも
配信しています
メールアドレスを入力すれば登録できます! → 

Copyright (c) 2005-2014 BizARK Inc. All rights reserved.