2005年08月11日     このエントリーをはてなにブックマークこのエントリーを含むはてなブックマーク

よくまとまった自己啓発本、という感じ ・・・ 「夢のリスト」で思いどおりの未来をつくる!


「夢のリスト」で思いどおりの未来をつくる!
ブライアン・トレーシー (著), 門田 美鈴(翻訳)

今回は、
「カエルを食べてしまえ!」「頭がいい人、悪い人の仕事術」

ブライアン・トレーシー氏の本が出たので、
取り上げてみます。先月発売された本です。

(上の本の写真をクリックすると、amazonのレビューも読めます。)


著者の言う夢のリストとは、


 (『』内は引用です)

 ステップ1 自分のビジョンを作る
  ステップ2 自分へのミッションを書き出す
  ステップ3 自分の夢のリストをつくる
  ステップ4 目標のリストをつくる
  ステップ5 リストの中で、一番メリットのあるものを選ぶ
  ステップ6 目標達成のためのプランをつくる
  ステップ7 プランにもとづいて動きだす
    』

  (32〜38ページの節タイトルから引用)

というステップで使うリストのことです。
目標は、1つずつカードに書いて持ち歩くと
効果的だ。とも述べられています。



これを読んで、「似たような話聞いたことあるなあ・・・」
という印象を持ってしまいました。

他の人の本を読んで、すでに実践している人は
あまり読む必要ないと思います。


否定的なことを言ってしまいましたが、
行間から、パクリ本でないことは伝わってくる本です。

著者が実際に使っていたノウハウであり、
そのおかげで成功していることが伝わってきます。
(私は著者のバックグラウンドが見えたのが
 興味深かったです。)


という「夢リスト」ですが、実はこれについて
書かれているのは1つの章だけです。


この本も上の2冊と同様に、章が多いです。

全部で13章あります。。


10章が時間管理的な内容が書かれている章で、
「カエルを〜」のダイジェスト的内容です。

章は多いですが、174pにまとまっている薄めの本です。

ノウハウを絞り込んでコンパクトにまとめているので、
分厚い自己啓発書を読むよりも、かえって効果的かも
しれません。


上記の章タイトルを見て、興味を持った方は
ぜひ読んでみてください。

自己啓発書として、1200円の価値はあると思います。

中途半端な成功法則本を読むよりも、
この本を読むことをおすすめします。


本の評価
For フレッシュマン         ☆☆
  (よくまとまった自己啓発本です。)
For バリバリ時間管理人     ☆

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
(余談です・・・成功法則本について )
2002年に出版された、神田昌典氏の

非常識な成功法則という本は

独創的でとても面白い本です(当時衝撃を受けました)。

そして、この本がヒットした後、

  ○○の成功法則

という本が異常に増えています。


これらの、タイトルをマネしたっぽい本には、

 ・タイトルと中身が一致していない。
 ・単純に中身が面白くない。

という傾向があります。残念なことですが・・・。


「成功法則」本を読もうと思っている人は
ちょっと注意して選んでみてください。
(もちろん、中には良い本もあります。)


・・・と、ここまで書いてたら、
気になってきたので、調べてみました。

↓ amazonで検索した、「成功」「法則」の両方が
  タイトルに含まれている本の数です。
  (クリックするとグラフが大きくなります。)
成功法則本刊行数グラフ

現在は
第2次「成功法則」ブーム・・・
ですかね?

このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーをはてなにブックマーク
Posted by 水口和彦 at 12:55│Comments(0)TrackBack(0)

時間管理術研究所の無料メールマガジンで
モチベーションアップしてみませんか?
メールアドレスを入力すれば登録できます! → 
バックナンバーはこちら
Copyright (c) 2005-2014 BizARK Inc. All rights reserved.
この記事へのトラックバックURL
(参照リンクの無いトラックバックは受け付けておりません)
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/k_minakuchi/30086592
 

※ スパムコメントがあまりに多いため「http://」は使用不可の設定にしています。
  URLをご紹介頂く場合は「http://」を省くか全角文字を使用して頂けますと
  幸いです。