2005年08月28日     このエントリーをはてなにブックマークこのエントリーを含むはてなブックマーク

時間管理術の7つの嘘 その2 : 80:20の法則に従えば、うまくいくのか? (1)


80:20の法則ってご存知でしょうか?
パレートの法則とも呼ばれます。


この80:20の法則、パレートの法則は、時間管理術について
書かれた本に、よく出てきます。

こういう使われ方をしています。

 仕事の結果の80%に影響するのは、原因の20%に過ぎない。

 20%の努力で80%の結果が得られる仕事と、
 80%の努力で20%の結果しか得られない仕事がある。

 重要な20%に集中すれば、生産性は飛躍的に高まる。


図にするとこんな感じです。

80対20の法則(原因と結果2).jpg

赤で示した20%の部分をやれば、80%の成果が出る。
ならば、赤の仕事だけを100%やったとすれば、
ものすごい成果(計算では400%)が出るわけです。


確かに、努力した割に結果の得られなかった仕事や、
あまり努力せずに結果が出る仕事がある。というのは、
経験したことがある方も多いのではないでしょうか。


この重要な20%に集中すること。これがうまくいけば、

 ・今までの時間で400%の成果が出る!

  または、

 ・今までの成果を出すためには、1日2時間だけ働けばよい!
  (元が8時間働いていたとして、です)

となるはずです。
これは素晴らしい! 夢のような話です。



   でも、これって本当なんでしょうか?



結論から言います。




  すべての仕事が80:20の法則に従うわけではありません!



重要なのでもう1回言います。


  すべての仕事が80:20の法則に従うわけではありません!

  重要な20%に集中しても、生産性が4倍も上がるというのは
  幻想です!



実は、重要なのは、80:20の法則に当てはまる仕事と、当てはまらない仕事が
あるということなのです。

それを知らずに、重要な仕事だけを選んでやろうと思っても、生産性は
思ったようには上がってくれません。


次回は80:20の法則に当てはまる仕事と、当てはまらない仕事、
について考えてみましょう。



      【続きへ】
      【時間管理術の7つの嘘 目次へ】


このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーをはてなにブックマーク
Posted by 水口和彦 at 21:50│Comments(0)TrackBack(0)

時間管理術研究所の無料メールマガジンで
モチベーションアップしてみませんか?
メールアドレスを入力すれば登録できます! → 
バックナンバーはこちら
Copyright (c) 2005-2014 BizARK Inc. All rights reserved.
この記事へのトラックバックURL
(参照リンクの無いトラックバックは受け付けておりません)
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/k_minakuchi/50011632
 

※ スパムコメントがあまりに多いため「http://」は使用不可の設定にしています。
  URLをご紹介頂く場合は「http://」を省くか全角文字を使用して頂けますと
  幸いです。