2005年08月31日     このエントリーをはてなにブックマークこのエントリーを含むはてなブックマーク

時間管理術の7つの嘘 その2 : 80:20の法則に従えば、うまくいくのか? (4)

80:20の法則パレートの法則)が、どんな仕事でも
適用できるとは限らない!

ということについて前回考えてみました。


今回は、80:20の法則が適用できる場合には、どうすれば
効果的に仕事ができるのか? について考えてみます。

80:20の法則が使える場合の、「できる」20%の人達、
「スーパー20%」の行動パターンが分かるかもしれません。


私は、ポイントは「臨界点」だと思います。

仕事を、「臨界点」のある仕事と、無い仕事に分けて考えると
うまく説明できることが多いのです。



まず、臨界点の無い仕事とは、やればやった分だけ成果に結びつく
仕事
です。

例えば、何か決まったものを作る仕事や、定型的な事務処理をこなす
場合などが、これに当てはまります。
(昨日述べたような、80:20の法則が適用できない場合です。)

この場合、仕事に投入した時間と、成果の関係は直線に近い形に
なると考えられます。


臨界点の無い仕事.jpg

このような仕事の場合、要領のいい人や、頑張った人は、
より多くの成果を上げることができますが、16倍もの差がつく
ことはほとんどないでしょう。

人によって傾きは違うものの、やればやっただけの成果がでる。
という状況です。


これに対して、臨界点のある仕事とは、

あるポイントを超えるまでまったく成果が出ない仕事

のことをいいます。

図にすると、こんな感じです。

臨界点のある仕事.jpg


80:20の法則が成り立つ仕事、例えば営業職の場合を考えてみます。

営業の仕事の成果は、「物やサービスがどれだけ売れたか」です。
いくらがんばっても、成約できなければ成果はゼロです。

上のグラフの赤のラインがそれを表しています。

見込客に対してアプローチしている段階では、成果はゼロ、
成約できた時点で初めて売上という成果が生まれます。

この、初めて成果が出るポイントが「臨界点」なのです。

   このポイントを説明するのに、「臨界点」と「閾値」の
   どちらの言葉を使おうか迷ったのですが、より広く
   知られていそうな、「臨界点」を使うことにしました。
   このポイントを「閾値(Threshold)」と考えて頂いても
   構いません。


一度成約できた顧客に、さらに時間を投入すると、継続して購入
してくれる可能性があるので、臨界点を超えたあとは、右上がりの
線になるわけです。


80:20の法則が適用できる仕事は、この臨界点があるのが特徴です。

  よく言われるセールスでの例(売上の80%は20%のセールスマンに
  よって得られる)は、まさに、このパターンです。

  私が経験した例(製品売上の80%は、20%の開発者または開発
  チームによるものである)も、これと同じです。
  (がんばっても、売れなければ成果(売上)はゼロですから。)


もう1回グラフを出します。

臨界点のある仕事.jpg

このグラフの青い点線は、何を意味しているのか?
これは、私が精神論ラインと名づけたものです。

ちょっと脱線しますが、重要なことなので説明します。

  この精神論ラインは、
  「成約には結びつかなかったけど、こんなにがんばったんだ!」
  と自分をなぐさめたくなる気持ちを表しています。
  
  実際は成果が出ていないのに、自分を無理に納得させようと
  することを繰り返していると、「時間を投入したこと」自体に
  価値があると勘違いするようになってしまうのです。
  (昔の私がそうでした・・・。)

  実際は成果はゼロなのに、何らかの成果が出たような気に
  なってしまう。それを表しているのが、青の点線です。
  
  これは危険な勘違いです。この考えにとりつかれると、
  80:20の法則どころではありません。
  ムダな仕事をやって、成果が出た気になるわけですから。


 ※もちろん、成果が出ない仕事の中にも、次の仕事に結びつく
  ノウハウや経験はあるでしょう。でも、それらは、次の仕事で
  結果が出て初めて成果になるのです。

  結果に結びつかないノウハウや経験、あるいは人間的な成長、
  それら自体は、「成果を上げる」ことに対しては何の価値も
  持たないと私は考えます。あくまでも、次に結びつけてこそ
  価値があるのです。

  精神論を重視しすぎると、こういうワナにおちいりがちに
  なると思います。

  実際に、私が仕事で出会った人の中には、こういう考え方をする
  人もいました。おそらく、あなたの周りにも何人かいるでしょう。。



  実は、私は今はこういう考え方をとても嫌っています。
  自分をごまかすことは、「ストレスの先送り」だと思います。

  成果が出ていないことは、本当は自分が一番分かっています。
  それをごまかすと、将来、より大きなストレスを招きいれる
  ことになります。

  成果は成果、ダメなときはダメだった、と割り切る考え方の
  方が、長い目で見るとストレスが少なくなると思います。
  (少なくとも私の経験ではそうでした。)

  (気をつけていただきたいのは、精神論がすべてダメだと
   言っているわけではなく「自分をごまかすこと」がダメと
   いうか、ストレスの元になるよ、ということです。)



脱線してしまいました・・・。


話は戻って、
臨界点のある仕事の場合、どうするのが効果的なのか?








スイマセン。長くなっちゃったので、
次回に持ち越します・・・。


      【続きへ】   
      【時間管理術の7つの嘘 目次へ戻る】

このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーをはてなにブックマーク
Posted by 水口和彦 at 22:48│Comments(0)TrackBack(0)

時間管理術研究所の無料メールマガジンで
モチベーションアップしてみませんか?
メールアドレスを入力すれば登録できます! → 
バックナンバーはこちら
Copyright (c) 2005-2014 BizARK Inc. All rights reserved.
この記事へのトラックバックURL
(参照リンクの無いトラックバックは受け付けておりません)
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/k_minakuchi/50015458
 

※ スパムコメントがあまりに多いため「http://」は使用不可の設定にしています。
  URLをご紹介頂く場合は「http://」を省くか全角文字を使用して頂けますと
  幸いです。