2005年09月13日     このエントリーをはてなにブックマークこのエントリーを含むはてなブックマーク

時間管理術の7つの嘘 その4 : スキマ時間を活用すれば、うまくいくのか? (1)

 「スキマ時間を有効に活用すれば、仕事が効率的に処理できる」

と、言ってる人はたくさんいます。

時間管理本の定番アイテムと言っていいほど、多くの本で書かれている
ことです。


そう言われると、無駄に過ごしてしまうスキマ時間って、結構多いような
気もしてきます。それをうまく使えば、「チリも積もれば山となる」式に、
大きな差になってくるのではないか・・・と思えてきます。


でも、本当にそうでしょうか・・・?


スキマ時間の活用に挑戦した人の例を見てみましょう・・・
(「バタ男」に再び登場してもらいます。)

 この人、「バタ男」は、自分の時間の使い方を見直そうと思い、

  「○○の時間管理術 − あなたの時間が10倍になる!」

 という本を読んでみました。そこには、様々な時間の節約術とともに、
 「スキマ時間を活用すること」と書かれていました。


 そこで、「バタ男」は、自分のスキマ時間について考えてみました。

  「まず、会議に出席したとき・・・席についてから会議が始まる
   までって、いつも5分以上は待たされるんだよな。」
  「この時間に何かできないだろうか・・・?」


 バタ男はそう思い、会議に出るときには、待ち時間に読むための資料を
 持っていくことにしました。

 目を通しておかないと・・と思いながらも、今まで読めていなかった
 資料を読むことができました。バタ男ごきげんです。

  「じゃあ、次の会議の前には何を読もうか・・?よし、これだ!」


 そう思って、バタ男は、その日まだ読めていなかった、Eメールを
 印刷することにしました。しかも、大量に・・・

 会議の前に、それに目を通し、どう返信するかをメモしました。
 そして、自分の席に戻ってから、メモを見ながら返信しました。

 なんだか、スキマ時間が活用できて、とってもいい感じです・・・。


  ※この話は、実話に基づいたフィクションです。


この「バタ男」の行動って、ちょっと変だと思いませんか?

Eメールを処理するのに、いちいち印刷して、それにメモして、
そのメモを見ながら返信を打つ・・・。

・・・ものすごくムダなことをしてますよね。

メールは印刷なんかしないで、その場でさっさと返事をしてしまった
方が、絶対に速いです。よほどややこしいもの以外は。


でも、バタ男は「スキマ時間を活用して、仕事の効率が上がった」と
思っているわけです。


他にも、

 スキマ時間に資料を読んで、時間を活用した気になっていたが、
 後でよく考えると、その資料は読まなくても何の支障もなかった。

なんて例もあります。これは私の体験談です・・・。


なぜ、こんなことが起こるのでしょうか?
私は、こう考えます。


「スキマ時間を活用しないといけない」というプレッシャーを感じる。
         ↓
何かスキマ時間にできることを探す。
でも、そんな都合のいい仕事がたくさんあるわけではない。
         ↓
やらなくてもいい、ムダな仕事を見つける。ムダな仕事を作ってしまう。


こんなメカニズムが働いているのではないでしょうか?

そして、やっかいなのは、こういう状態になっている本人は、
なかなかそのことに気がつかないのです。
(自分の経験を踏まえてそう思います。)


なぜ、自分では気がつかないのか? それは、

スキマ時間に何かをする = 時間をムダにしている罪悪感から逃れる

と、なってしまっているからなのです。


つまり、「スキマ時間をムダにしてはいけない」というプレッシャーを
過度に感じると、罪悪感から逃れるために、別にやらなくてもいいこと
を、せっせとやり始めることになってしまうのです。

本来やらなくてもいいことをやるくらいなら、居眠りでもしていた方が
有意義だったかもしれないのに、こうなってしまうのです。



こんな状態にならないためには、どうしたらいいのでしょうか?
私は、こう考えます。

  「スキマ時間を活用する」ことに意識を集中してはいけません。

   それよりも、

  「その場でしかできない」ことを先にやっつけることが重要です。



例えば、

大量の資料を参照しながら、報告書を作りあげる

 こんな仕事は自分の席にいるときでないと、やりにくいでしょう。
 でも、

○○さんに電話をかけて、アポ取りをする

 こういう仕事は、移動中に携帯を使ってやることも可能ですよね。



まず、「その場でしかできないこと」に注力し、他の場所でもできること
があれば、他の場所にいる時間に回す。

ということを意識し、あまり気合を入れずにやる方が、結果として、
スキマ時間を活用できるようになる、と私は思います。

電車の中で立っている場合などの、何もできない場所では、すっぱりと
あきらめて、本でも読むか、CD学習でもしていればいいと思います。



しかし、なぜ、「時間管理の達人」たちは、スキマ時間を活用しろと
言ってしまうのでしょうか?

確かに、時間管理について語っている人の中には、スキマ時間を
うまく活用している人もいるでしょう。

本人も、そのことを意識しているので、ついつい、
「スキマ時間を活用すれば、時間は増やせる」
的な発言をしてしまうのだと思います。


本当は、こういう達人たちは「スキマ時間の活用」がうまいのではなく、
「その場でしかできないこと」「どこでなら何ができるか」の見極めが
うまいのです。

こういう人は、「なぜ自分のやり方でうまくいっているのか?」という
ことが、実はよく分かっていないのかもしれません。
スポーツの世界でも、すごい選手が、必ずしも教えるのがうまいわけ
ではないですよね。それと同じことだと思います。


というわけで、私からのメッセージです。


 スキマ時間に罪悪感を感じないでください。

 そして、「その場でしかできないこと」を先にやっつけることを
 意識してみてください。


 それが、本当に「スキマ」を活かす近道だと思います。


      【続きへ】  
      【時間管理術の7つの嘘 目次へ戻る】


このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーをはてなにブックマーク
Posted by 水口和彦 at 21:47│Comments(0)TrackBack(0)

時間管理術研究所の無料メールマガジンで
モチベーションアップしてみませんか?
メールアドレスを入力すれば登録できます! → 
バックナンバーはこちら
Copyright (c) 2005-2014 BizARK Inc. All rights reserved.
この記事へのトラックバックURL
(参照リンクの無いトラックバックは受け付けておりません)
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/k_minakuchi/50049181
 

※ スパムコメントがあまりに多いため「http://」は使用不可の設定にしています。
  URLをご紹介頂く場合は「http://」を省くか全角文字を使用して頂けますと
  幸いです。