2005年09月15日     このエントリーをはてなにブックマークこのエントリーを含むはてなブックマーク

時間管理術の7つの嘘 その4 : スキマ時間を活用すれば、うまくいくのか? (2)

前回は、「スキマ時間」を使うことを意識しすぎると、

 スキマ時間に何かをする = 時間をムダにしている罪悪感から逃れる

となってしまう。だから、

 「スキマ時間を活用する」ことに意識を集中してはいけない。
 「その場でしかできない」ことを片付けることに集中すべき。

ということを述べました。



実は、「その場でしかできないこと」の「その場」には、2つの要素が
あります。場所的な制約と時間的な制約です。

前回述べた例は、場所的な制約を含んでいました。
メールの処理を、パソコンから離れた場所でやっても効率は悪い、と
いうのが、それですね。


今回は時間的な制約について考えてみます。

時間的な制約についても、多くの人が語っていますが、
その共通項をまとめると、このようになります。


  まとまった時間にやるべき仕事を、細切れの時間でやろうとすると
  非常に効率が悪い


  まとまった時間は、他のスケジュールが入る前に確保してしまおう
  (スケジュールに入れてしまい、他のアポはそこには入れない)



という感じです。

 ちなみに、あのP・F・ドラッカー氏も『プロフェッショナルの条件』
 という本の中で、こう言っています。
 (『』内は引用です)

  『時間は、大きなまとまりにする必要がある。小さなまとまりでは、
   いかに合計が多くとも役に立たない           』

   (123ページ 1行目より)

 (私が読んだのは新しく編集された本だったのですが、その元に
  なった本は、39年前に出版されたものです・・・すごいですね。)


このことと、スキマ時間についてよく言われる、


  ハンパな時間を使って、細かな仕事をしてしまおう

というのは、表裏一体であり、実は同じことを言っているわけです。


いずれにしても、

 「スキマ」のためにやることを探すのではなく、
 「その場でしかできないこと」を優先した結果、
 「スキマ」でもできる仕事は「スキマ」に持っていく。

というやり方が基本だと思います。
「スキマ」のために、わざわざ仕事を探すことはしないでおきましょう。



  ちなみに、上記のドラッカー氏の言葉ですが・・・、

  発表された年を考えると、これは素晴らしい洞察だと思います。
  しかし、『小さなまとまりでは役に立たない』というのは、私は
  ちょっと言い過ぎではないかと思っています。

  というのは、この言葉をそのまま受け取ると、大きなまとまり時間が
  できるまでは何もできない。ということになってしまいます。


  これは、自分自身に「ズルズル先延ばし病」のウィルスを植えつける
  ことになる、危険な考えだと思います。
  
  大きなまとまりを作るよう意識することは重要です。しかし、小さな
  まとまりしか取れない中でも、できることはあります。


  大きなまとまりが取れない場合にどうしたらいいか、という問題は、
  結構奥が深く、私は現在も研究中です。
  うまくまとまったら、また別の機会に述べてみたいと思います。


 「4つめの嘘」は、参考になったでしょうか?。
  参考になった!という方は、

  blogRankingボタン
  クリック矢印

  ぜひクリックをおねがいします


参考文献
P・F・ドラッカー(上田 惇生 編・訳)
プロフェッショナルの条件:いかに成果をあげ、成長するか.ダイヤモンド社,2000
プロフェッショナルの条件
※この本の今回参照した部分は、
P・F・ドラッカー(上田 惇生 訳)
経営者の条件(日本語版新約).ダイヤモンド社,1995 からの抜粋です。
経営者の条件


      【 5つめの嘘へ 】

      【時間管理術の7つの嘘 目次へ戻る】

このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーをはてなにブックマーク
Posted by 水口和彦 at 22:01│Comments(0)TrackBack(0)

時間管理術研究所の無料メールマガジンで
モチベーションアップしてみませんか?
メールアドレスを入力すれば登録できます! → 
バックナンバーはこちら
Copyright (c) 2005-2014 BizARK Inc. All rights reserved.
この記事へのトラックバックURL
(参照リンクの無いトラックバックは受け付けておりません)
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/k_minakuchi/50054779
 

※ スパムコメントがあまりに多いため「http://」は使用不可の設定にしています。
  URLをご紹介頂く場合は「http://」を省くか全角文字を使用して頂けますと
  幸いです。