2005年10月04日     このエントリーをはてなにブックマークこのエントリーを含むはてなブックマーク

時間管理術の7つの嘘 その6 : 価値観・目標にもとづいて行動すればうまくいくのか? (2)


時間管理・タイムマネジメントについて書かれた本には、


  自分の目標や、価値観を明確にする。


という話がよく出てきます。

仕事とプライベートのバランスや、目先のことと将来のバランスを
取ることが重要、という説明の中で使われることが多いです。

7つの習慣
『7つの習慣』にもそういう意味のことが書かれていますし、
一冊の手帳で夢は必ずかなう
『一冊の手帳で夢は必ずかなう』の熊谷氏も同様のことを
言っています。

しかし、この「価値観」「目標」を使い方を間違えた場合、
大変なことになるというのが、前回の「セキ男」の話でした。



今回は、価値観や目標を持つことで失敗しないためのポイント
について、考えてみたいと思います。


まず、1つめは、

  いきなり、すべての目標のバランスを取ろうとしてはいけない。

というものです。前回のセキ男の例もこれです。



価値観・目標・夢といったものは、私も必要だと思います。
特に、長期目標としては絶対に必要だと思います。

しかし、困ったことに、これらが重要だと言う人の多くは、
日々の生活の中で、それらをバランスさせろ、というのです。

これは、いきなりできるものではありません。
特に、仕事が忙しい人の場合、いきなりは、まず無理です。
セキ男のように、ストレスを倍増させてしまいます。


考えてみてください。

仕事のことに限定しても、うまくバランスが取れていない人に、
プライベートも含めてバランスを取れと言っているわけです。

綱渡りでフラフラしている人に、さらに荷物を持たせようと
するようなものです。


  もちろん、価値観・目標が重要だと言う著者たちは、別に意地悪を
  しようとしているわけではないと思います。本人たちは大マジメです。
  「名選手は名コーチにあらず」なのかもしれません・・・。


では、どうすればいいのか?


私はこう考えます。

仕事とプライベートをバランスよく充実させるためには、まずは、
プライベートの目標の一つ一つを意識してはいけません。

まずは、仕事とプライベートの境界線である、
「始業時間」「終業時間」だけを意識すべきです。

そして、仕事の上での「価値観」を徹底して磨き上げるべきです。



例えば、始業時間が決まっている場合は、「何時には仕事を終える」という
目標ラインをまず設定します。

そして、毎日の仕事の中で、その目標ラインに仕事が終われるように、
仕事を段取りすること。それが第一の目標になります。

「あれもこれも」ではなく「何時に帰る」という境界線を守ることのみに
集中するわけです。


とは言っても、仕事が忙しい場合には、なかなか思うようにはいきません。
しかし、これを続けていくことで、仕事の中での「価値観」が鋭くなって
いくのです。


あれ、結局価値観が出てくるの?・・・と思った方もいるかもしれません。
しかし、ここで私の言う価値観は「こうなりたい」とか、「こうあるべき」
といった、自分の役割や目標に関係するものではありません。

「価値」すなわち「アウトプット」の無い仕事はしない、という意味での
価値観です。

言い換えれば、時間に対する「コスト意識」「投資収益率」を重視する、
ということです。

 (余談ですが・・・)
  時間に対するコスト意識という見方について述べられた本は、
  数冊ありますが、全体から見るとまだまだ少ないのが現状です・・。


そして、こちらの「価値観」を磨くためには、仕事に投入する時間を
決めること、つまり「○時に帰るためにはどうするか?」と考えることが
最も近道だと、私は考えています。



  いきなり、すべての目標のバランスを取ろうとしないこと。
  まずは、仕事に投入している総時間を減らすことを意識する。

  そして、そのために「仕事の価値観」を磨くこと。


これが、価値観や目標で失敗しないために、私が考える
1つめのポイントです。


  私たちが行う活動の中で、一番多く時間を使うのは仕事です。

  その仕事を時間内でうまくこなすことは、あなたの生活の土台に
  相当する部分なのです。

  そして、それができてくれば、自然と他の目標についても
  考えられるようになってきます。


  たくさんの目標を実現させるためには、まず目標を一度忘れて、
  土台をしっかりさせること。

  それを意識してみることが、本当に目標をバランスよく達成
  するための近道だと思います。



参考文献
スティーブン・R・コヴィー (ジェームス スキナー、川西 茂訳)
7つの習慣:成功には原則があった!.キング・ベアー出版,1996
7つの習慣
7つの習慣―成功には原則があった!

熊谷正寿
一冊の手帳で夢は必ずかなう:なりたい自分になるシンプルな方法.
かんき出版,2004
一冊の手帳で夢は必ずかなう
一冊の手帳で夢は必ずかなう - なりたい自分になるシンプルな方法


      【続きへ】
      【時間管理術の7つの嘘 目次へ戻る】



このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーをはてなにブックマーク
Posted by 水口和彦 at 22:31│Comments(1)TrackBack(1)

時間管理術研究所の無料メールマガジンで
モチベーションアップしてみませんか?
メールアドレスを入力すれば登録できます! → 
バックナンバーはこちら
Copyright (c) 2005-2014 BizARK Inc. All rights reserved.
この記事へのトラックバックURL
(参照リンクの無いトラックバックは受け付けておりません)
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/k_minakuchi/50108050
この記事へのトラックバック
 何でも先伸ばししてしまう自分を放置しておくと、長期的なスランプに陥っ てしまいます。 私にはやるべきことが山積みで、とてもじゃないが希望の期間内で、やりき れません。それがストレスで、怠惰に時間を浪費してしまうこともあります。 あなたはどうですか? ...
スカスカのバケツ【自分探しの心の旅】at 2005年10月11日 10:45
この記事へのコメント
帰る時間を決めると仕事って早くなりますよね。
Posted by PAO at 2007年03月09日 20:56
 

※ スパムコメントがあまりに多いため「http://」は使用不可の設定にしています。
  URLをご紹介頂く場合は「http://」を省くか全角文字を使用して頂けますと
  幸いです。