2005年10月08日     このエントリーをはてなにブックマークこのエントリーを含むはてなブックマーク

時間管理術の7つの嘘 その6 : 価値観・目標にもとづいて行動すればうまくいくのか? (4)

今回は、価値観や目標を持つことで失敗しないためのポイント、
その3つめについて、考えてみたいと思います。

前回述べたことは、特に価値観に関連するものでした。
今回は目標に関連するものです。

3つめのポイントは、一言で言うと、

  目標を立てるときは、構えないこと。

というものです。


これは、実感したことのある人も多いと思います。
例えば、夏休みの時間割です。


子供の頃、夏休みの時間割を立てたことのある人はいませんか?

何時に起きて、ラジオ体操に行って、朝食の後は何時までは勉強して、
午後は何時からは遊んで、夜はまた勉強して・・・という感じです。

私も、子供の時に立てたことがあります。
そして、その通りになったことは一度もありませんでした。


なぜ、その通りにならなかったのか? と今思い返してみると、


   時間管理ができていなかったから ?

   計画性がなかったから ?


どれも違う気がします。本当の理由は、


   そもそも、そんなに勉強する気がなかった。

   でも、張り切ってしまい、本当はやりたくもない
   時間割を立ててしまった。


というものだったと思います。
これでは、達成できないのは当たり前です。


これは、子供の時の話ですから、笑い話で済みますが、
大人になってからも、同じような失敗をしてしまいがちなのです。

あらたまって目標を立てようとして、失敗をするパターンには、
私は、2つのパターンがあると思います。

それぞれの問題点と解決方法について、私はこう考えます。


1−やる気が出過ぎているときに目標を立ててしまう。

 例としては、
 自己啓発書などを読んだ直後に、目標を立てるとこうなりがちです。
 ポジティブ思考に走ったときに立てた目標は、「あれもこれも」
 状態になってしまうことが多いでしょう。

 その結果、結局どれも達成できない、となってしまうことが
 起こってしまうわけです。


  Mモード、Dモードという考え方があります。
  (以前に別のブログでも書きましたが・・)

  これは、医学博士である大野裕氏の「MモードとDモードの法則」
  という本に出てきます。

  人の心は「そう(Mania) 」的な状態と「うつ(Depression ) 」的
  状態の間で常にゆれている、という考え方です。

  私の解釈で言うと、

   Mモード ⇒ ハイになる。調子に乗る。楽観的。自信がある。
           バリバリ仕事する。やる気がある。

   Dモード ⇒ ブルーになる。慎重になる。悲観的。自信を失う。
           淡々と仕事をする。腰が重い。

  という感じです。


 問題は、Mモードの自分が立てた目標は、突っ走り過ぎていて、
 Dモードの自分には、他人事のように感じられてしまう、という
 ところにもあります。

 多くの自己啓発書は、Mモードになっている人には効果的なのです。
 しかし、Dモードのときには、敬遠されがちの内容になっています。

 ですから、本を読んでやる気が出たときに、立てた目標は要注意
 なのです。持続できなくても当たり前だと思います。


     では、どうすればいいのか?


 MモードとDモードの両方に効果的な目標設定のやり方は、
 私も現時点では明確な答えを持っていません。まだ研究中です。

 現時点で言えるのは、

   Mモードで突っ走って、目標設定するのも構わないです。

   しかし、その目標はDモードの時を含めて、何度も見直すこと。
   そして、しっくりくるまでに、何度も書き換えること。

 ということです。

 どのモードの自分も納得するような目標でなければ、継続的に
 実践していくことはできないと思います。



2−「よそいき」の目標を立ててしまう。

 もう一つのうまくいかない例として、これがあります。

 例えば、

 「仕事のストレスを少なくしたい」と思って、時間管理を始めた
 はずなのに、気がつくと、「今よりも立派な人になる」的な目標を
 立ててしまっている・・・。

 ストレス解消のつもりが、自分にプレッシャーをかけることになる、
 セキ男のパターンです。


  
 「何かを始めたい」ときの、本当の動機は、本人も自覚していない
 ことがよくあります。

 自分の足元にある動機を見つめないで、目標を書こうとすると、
 人の目を意識した、「よそいき」の目標になってしまいます。

 そういう目標は、そもそも本来の自分の動機とは違います。
 ですから、達成できないのも当たり前です。


   マズローの「欲求階層説」という考え方をご存知でしょうか。
   人の欲求には5つの階層がある、と提唱したものです。
   (ピラミッド型の図で説明されることが多いです。)
  
   その中で、第1層から第4層までは欠乏欲求と名付けられており、

   生理的なもの(生存すること)→ 安全を確保すること →
   愛情や社会的な関係性、地位 といったものが含まれています。


   第5層が自己実現欲求と呼ばれており、自分が成長することや
   創造すること、人に何かを与えること、といったものが入ります。


 私たちが、何かを始めようとするときの動機に、欠乏欲求(第1〜4層)
 が含まれていないことは、ほとんど無いといっていいでしょう。

 「ストレスを減らしたい」「もっと稼げるようになりたい」
 「もっと大きな人物になりたい」「社会的に認められたい」・・・

 これらはすべて、欠乏欲求なのです。


 しかし、そういう動機からくる目標を、人に言うのは、
 ちょっと恥ずかしいものです。

 そして、人の目を気にしてしまった結果、
 「社会に貢献したい」「人を助けたい」などの、
 第5層中心の、「よそいき」の目標を設定してしまうのです。

 そうすると、本当に実現したいと思っていたはずの、自分の本来の
 目標とかけ離れていくわけです。

 動機と目標がずれるほど、達成することは難しくなります。


    では、どうすればいいのでしょうか?


 今、述べたメカニズムを考えると、自分の目標のすべては、決して
 オープンにしてはいけません。オープンにしようと考えた瞬間に
 「よそいき」の目標を書き始めてしまうからです。


 しかし、目標を公言することで、達成するパワーが得られる、
 ということを言う人もいます。

 これはこれで正しいです。例えば、

   「私は将来こうなる」「こういう会社を造りたい」という、
   将来のビジョンは人に説明できた方がいいでしょう。

   また、短期的な目標の中には、公言した方がいいものもあると
   思います。
   (私の場合、このブログを書くことも、その一つです。)


 しかし、こういう目標は、自分の真の目標の中から出てきたもの
 でなくては、達成は難しい、と私は考えます。


 まず、やるべきことは、

   人には絶対見せない!という前提で、
   自分の目標を整理すること、

 これなのです。


 その中から、公言するべき目標が見えてくる、というのが
 うまくいく目標の立て方だと思います。

 自分の目標を立てている人、これから立てる人は、
 このことを意識してみてください。


 副次的な効果として、アタマもすっきりしますし、
 目標達成へのモチベーションも高くなりますよ。



6つめの嘘はこれで終わりです。
読んでいただき、ありがとうございました。

7つめの嘘に行く前に、

  参考になった!という方は、

  blogRankingボタン
  クリック矢印

  ぜひクリックをおねがいします



参考文献
大野裕
MモードとDモードの法則:やるき力と無気力を操る心理テクニック.
法研,2002
MモードとDモードの法則MモードとDモードの法則
―やるき力と無気力を操る心理テクニック


A・H・マズロー(小口忠彦訳)
人間性の心理学:モチベーションとパーソナリティ.
産業能率大学出版部,1987
人間性の心理学人間性の心理学
―モチベーションとパーソナリティ




      【 7つめの嘘へ 】  
      【時間管理術の7つの嘘 目次へ戻る】



このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーをはてなにブックマーク
Posted by 水口和彦 at 19:25│Comments(3)TrackBack(1)

時間管理術研究所の無料メールマガジンで
モチベーションアップしてみませんか?
メールアドレスを入力すれば登録できます! → 
バックナンバーはこちら
Copyright (c) 2005-2014 BizARK Inc. All rights reserved.
この記事へのトラックバックURL
(参照リンクの無いトラックバックは受け付けておりません)
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/k_minakuchi/50118365
この記事へのトラックバック
人気Blogランキング現在37位です。いつもワンクリックありがとうございます(^^ おはようございます、ダイスケです。 今回はモチベーションについての記事です(^^ 私が以前何度か紹介した、「時間管理術研究所」Blogに、このような記事がありました。 人間に....
【モチベーション】【インターネット時代の新・勉強法!】at 2005年11月15日 09:02
この記事へのコメント
よそいきの目標・・・。これまさに私も覚えがあります(^^;
そして、MモードとDモードにも覚えがあります。というかつい最近も感じてしまいました。

結局、最終的には「無理をしすぎない」ということにいきついてしまうのかもしれませんね。
Posted by ダイスケ at 2005年10月08日 21:42
Mモードの自分、Dモードの自分、その2人が両方とも納得できるように、うまく目標を設定すれば、達成することが簡単になるんじゃないか・・・というのが、最近の私の考え方ですね。
自分をいかにしてMモードにするか、という考え方の方が、主流ですし、人気もあるように思いますが、挫折してしまっては元も子もないですからね。
数々の挫折を経験した後、こんな風に考えるようになりました・・。でも、これが一番うまくいっています。
Posted by k_minakuchi at 2005年10月10日 23:55
Mモードの時に目標を立てがちというの、すごくよく分かります。Dモードの時には目標とかないですもん。

目標を公言するとよそ行きになる、というのもありますね。
いろんな人の目標を聞くのが仕事なので、よく直面します。

Mモードの時の目標は地に足がついてない感じがあります。
「こうだったらいいのにな」話でじゃあ何をやる?という段になると全然何にも浮かばない。
そういうのはかなり「あやしい目標」ですね。

いいんだけど、害もある。

「今日できることって何?」とかいう質問でもって、目標を小さく、現実的なものにさせていくようにしないといけませんね
Posted by PAO at 2007年03月09日 21:06
 

※ スパムコメントがあまりに多いため「http://」は使用不可の設定にしています。
  URLをご紹介頂く場合は「http://」を省くか全角文字を使用して頂けますと
  幸いです。