2005年10月24日     このエントリーをはてなにブックマークこのエントリーを含むはてなブックマーク

時間管理術の7つの嘘 その7 : デキるビジネスマンは、時間管理がうまいのか?(6)


  「デキるビジネスマンは時間管理がうまい」とは限らない。


これは事実です。実際、私はそういう人と仕事をしたことがあります。


そういう人たちの仕事振りを見ると、

 「時間管理なんていらないんじゃないか?」

と思う人もいるかもしれないと思います。


特に、就職したり、転職したり、部署が変わったりしたときに、
こういう人に出会うと、大きなインパクトを受けますね。

そのインパクトの結果、「時間管理不要論者」になる人も
いるかもしれません。


しかし、私は自信を持って断言します。


  時間管理無しでは、いつか仕事に行き詰るときが来ます。



なぜ、私は自信を持って言えると思いますか?


それは、長い時間をかけて、

「時間管理無しに仕事がデキる人」

がその後、どうなっていくかを、観察してきたからです。


というのは、私は、仕事がデキる人の仕事振り、

つまり、「なぜ、この人は仕事ができるのか?」

ということを分析するのが好きだったんです。
その結果、時間管理との関係に気がついたわけです。


ここまでの記事で、「時間管理無しに仕事がデキる人」の例として
「切れ者」と「タイプA」の2つのタイプを紹介しました。

 「切れ者」は、仕事の見極めがいい。

 「タイプA」は、情熱と長時間労働で仕事をこなす。

そんな特徴があります。
そして、どちらも普通の人よりも仕事ができることが多いです。


しかし、そのどちらも時間管理無しでは、頭打ちになってくることを
これまでの記事で述べてきました。

そして、どちらも時間管理をうまく使うと、さらに仕事が加速するのです。



では、逆に「切れ者」、「タイプA」の
どちらでもない人はどうしたらいいのでしょうか?


もし、あなたがこのどちらでもなくて、

  社内の「切れ者」や「タイプA」に差をつけられたくない。
  仕事が「デキる人」になりたい。

と思うのなら、答えは一つです。


  今すぐ時間管理の技を磨き始めましょう。


私がこういうのには、3つの理由があります。


1つめの理由とは、

「切れ者」や「タイプA」は、時間管理の重要性に気づきにくいことです。

これらの人は、仕事ができてしまうために、時間管理の重要性には
なかなか気がつきません。

ですから、一足先に時間管理の能力を磨いておいて、差をつけてしまおう、
ということです。



それに関連した、2つめの理由とは、

人が時間管理能力を磨くのには、ある程度の時間がかかるということです。


「優先順位をつければ仕事がうまくいく!」というのが幻想だと
いうことは、以前の記事(7つの嘘 その1)で述べました。

実は、時間管理のツールは、「何を優先するか?」を判断するための
材料を見えやすくするためのものなのです。

そして、判断するのは、それを使う、その人自身です。


考えてみてください。

 どの仕事を優先すればいいのか?
 この仕事は人に任せるべきか?
 この仕事はやらなくてもいいのではないか?

こういう問題に答えを出すためには、その仕事のことを
よく分かっている必要があります。

また、何を優先すべきか、判断するための考え方を身に着けておく
必要があります。

それには、ある程度訓練が必要なのです。
「この手帳さえ使えばすべてOK!」と
いうものは存在しないのです。


確かに、時間管理を始めてすぐに、
生産性が高くなって驚く人は多いです。

しかし、それを完全に身に着けるには、
それなりに時間がかかるということです。
(そのための効果的なやり方はあると思いますが。)


と、いうことは・・・、

要するに、早く始めてしまった方が有利だということです。


そして、3つめの理由は、

仕事は数をこなすことで、質が上がっていく傾向があることです。

時間管理をすることで、前よりも少し多くの仕事がこなせるように
なります。その結果、仕事のやり方もうまくなってきます。
そして、さらに仕事ができるようになるわけです。

その繰り返しは、年月とともに大きな差となって帰ってきます。
複利の効果ですね。


という3つの理由から、仕事で悩む人には、時間管理をおすすめします。

もちろん、挫折しないやり方で、という条件がつきますが・・・。




今回は、読んでいただいている方を、少しあおるような記事を
書いてしまいました。

でも、「仕事をうまくこなすこと」っていうのは、切実な問題ですし、
悩んでいる人が多いのではないかと思うのです。

そして、時間管理を敬遠している人にも、一歩を踏み出してみてほしい、
と思うのです。

  もちろん、完全な「時間管理嫌い」の人が、このブログを
  読んでいるとは思いませんが・・・。

  でも、なかなか始められないという人は、結構多いのでは
  ないかと思っています。




今回で、7つめの嘘は終わりです。

ということで、
今後、追記したりすることはあるかもしれませんが、
一応今回で、「時間管理術の七つの嘘」シリーズは終了です。

私が当初考えていたよりも、長い記事になりました。
これを書きながら、改めていろいろ考えることも多く、
私もとても勉強になりました。


    私のつたない文章を、読んで頂いた方、
    本当に、本当にありがとうございます。

    感想などいただけるとうれしいです。
   (メールアドレスは↓の@を半角にしたものです。)
    aqua@bizark.co.jp


 また、「参考になったよ!」と思っていただける方は、
    クリックしていただけるとうれしいです。
            ↓

    blogRankingボタン



    【時間管理術の7つの嘘 目次へ戻る】






といっても、このブログが終わるわけではありません。
また別のシリーズ記事を企画しています。

案はいくつかあるのですが、

・もっと分かりやすいもの
・もっと突っ込んだもの

どちらにしようか悩んでいます・・・。

ご希望のある方は、上のメールアドレスに頂けるとうれしいです。


このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーをはてなにブックマーク
Posted by 水口和彦 at 23:15│Comments(4)TrackBack(0)

時間管理術研究所の無料メールマガジンで
モチベーションアップしてみませんか?
メールアドレスを入力すれば登録できます! → 
バックナンバーはこちら
Copyright (c) 2005-2014 BizARK Inc. All rights reserved.
この記事へのトラックバックURL
(参照リンクの無いトラックバックは受け付けておりません)
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/k_minakuchi/50168241
この記事へのコメント
お疲れ様です!
最後まですごくためになる記事でした!!
また、時間管理に迷ったときに何度か読み直してみたいと思います!
どうもありがとうございました(^^

次のシリーズも楽しみにしています!
Posted by ダイスケ at 2005年10月29日 23:20
ありがとうございます。
思ったより長くかかってしまいました。その分、私が考えていたことを色々書くことができたかな、と思います。
まだまだ時間管理にこだわっていきますので、これからも、よろしくおねがいしますね。
Posted by k_minakuchi at 2005年10月30日 22:05
一見の観閲者です。
ここまで7つの嘘を読んで、結局タイトルは誇張で、非論理的且つ反応的、ご都合主義的なよくある批判であると思いました。
自分は割と要領いい方らしく仕事もチャチャっとで、気がつけばそこらの紙に書き記してたものがGTDやFP的なものでした。

「結局全ては参考」には同意ですが、それは単に全ては固有のケースであり微調整が必要だというだけです。
それよりも普遍的な部分を貫いているからこそ名著なのでは?と感じました。目に余ったので失礼を承知で書き捨てます。
方法は乗り物なので、ドライビングテクニックも上達できるのが一番ですよね。では。
Posted by 一見さん at 2012年05月16日 19:35
水口です。
一見さん、ご意見ありがとうございます。

この記事は私がアマチュアの時代(著述を仕事にする以前)に書いたもので、
いま見ると、論理の運びが粗いなあ・・・と自分でも思います。
(その時代含めての記録の意味もあるので、記事は消さないことにしています)

ただ、時間管理というと、抽象的で具体性にかける話が多かった・・・というのが
当時の状況で、そういう状況に満足できず、一石を投じたい思いがあったのです。

普遍的な考え方には、もちろん正しいものが多いですが、それだけでは具体的な改善
が進まない・・・という状況は私だけでなく、多くの人が経験していることです。
これは、時間管理を仕事にするようになってから、さらに痛感しました。

決して、一時の思いつきによる批判ではないことをご理解頂けるとうれしいです。
名著を全否定したいというわけではなく、「一般に言われていることだけでは足りない
ものがあるよ」という、一ユーザーとしての
実感を訴えたかったという感じです。
Posted by 水口和彦 at 2012年05月20日 11:53
 

※ スパムコメントがあまりに多いため「http://」は使用不可の設定にしています。
  URLをご紹介頂く場合は「http://」を省くか全角文字を使用して頂けますと
  幸いです。