2005年11月29日     このエントリーをはてなにブックマークこのエントリーを含むはてなブックマーク

KKJ−7 手帳の書き方公開!


KKJ(簡単で、効果的な時間管理術)の続きです。

前回までに「書くこと」の重要性について述べてきました。

「時間指定タスク」「時間流動的タスク」をどう書くのか?

そして、その両方の要素をあわせ持っている、
「期日指定タスク」「期間指定タスク」をどう書くのか?

について、今回は実例を示します。


通常、手帳をスケジュール帳として使う場合、
「時間指定タスク」しか書かないことが多いです。

しかし、そこに「時間流動的タスク」も含めた、すべての
「やること」を書くようにすると、どれだけの「やること」が
あるのかが一望できて、非常に効果的です。


このポイントを踏まえて、手帳を書いてみた例を示します。

このやり方では、書くことが多くなるので、
大きめの手帳を使うのがおすすめです。

ここでは例として、QUO VADIS社のTrinoteという手帳に記入しています。
(A5より大きく、B5より小さいサイズのものです。)

もちろん、この手帳でなくても構いませんが、一週間の予定が見渡せて、
書き込むスペースが充分にあるものをおすすめします。

手帳例1

「期間指定タスク」・・・数日間に渡って続く「やること」

「時間指定タスク」・・・時間が決まっている「やること」

「時間流動的タスク」・・だいたいこの日にやっておきたいこと

「期日指定タスク」・・・時間は自由だが、日付は決まっていること


この書き方を使うと、これらすべてを書き込むことができる、
というのが、分かっていただけるでしょうか。


実は上の写真は、私が現在制作協力している、
日立システムアンドサービス様ホームページコンテンツ用に
撮影した写真です(コメントは今回変えています)。

これは、市販の手帳を使った例として、書いてみたものです。


今回は、私が普段使っている手帳の写真も載せておきます。
(A5サイズのバインダーに入れて使っています。)

手帳例2

  実際に記入したものは、見苦しくて?お見せできないので、
  新しく印刷したものの写真を撮りました。

線が赤いのは、単に私の趣味なのですが、
同じ仕様を使っている友人にも、なかなか好評です。

手帳の枠は、黒よりも色のついたものの方が、自分が書き込んだ部分が
目立つのでいいみたいです。

  ※(追記 2006/7/22)
   この手帳レフィルは、もともと自分用だったのですが、
   同じタイプの手帳レフィルを作るサービスを開始しました。

   「自分仕様で作る手帳レフィル」という感じです。
   興味のある方は、 ↓ こちらを見てみてください。


   http://www.bizark.co.jp/techo/index.html

   (※↓下記の「色付け」はありませんが・・・)   
   (追記 終わり)


写真では、少し分かりにくいかもしれませんが、
基本的に仕事には使わない時間帯には、薄く色を付けてあります。

これには、仕事に使える時間が、あとどれだけ残っているか
つかみやすくなるという効果があります。


私の手帳を見て、どう感じたでしょうか?
意外と単純!と思った方もいるかもしれませんね。

しかし、これは単純ですが、効果の高いやり方なのです。

次回は、このやり方で手帳を書いていくことで、
どんなメリットが得られるか?について述べていきます。


その前に・・・この手帳を見て
「なんだか気になる!」と思っていただいた方は、

 ぜひ ↓ 1クリックをお願いします。
 人気ブログランキング(オレンジ)



KKJ−8 KKJのメリットは?KKJ(簡単で効果的な時間管理術) 目次資格・スキルアップランキング




このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーをはてなにブックマーク
Posted by 水口和彦 at 22:31│Comments(2)TrackBack(1)

時間管理術研究所の無料メールマガジンで
モチベーションアップしてみませんか?
メールアドレスを入力すれば登録できます! → 
バックナンバーはこちら
Copyright (c) 2005-2014 BizARK Inc. All rights reserved.
この記事へのトラックバックURL
(参照リンクの無いトラックバックは受け付けておりません)
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/k_minakuchi/50269406
この記事へのトラックバック
ライフハックなんていうのもおこがましいですが、お見せしましょう!
GTD(3)わたしのライフハック?【企画書は早朝書こう日記】at 2005年11月30日 16:01
この記事へのコメント
始めまして蟷螂(とうろう)と申します。

時間管理術研究所で紹介されている従来のタイムマネジメントに対する疑問の提示を見て、目からうろこが落ちました。

そして、KKJの手帳の書き方を自分の手帳に取り込んだところ、手帳のまどろっこしさが減り、より計画性を持って業務処理が出来ました。

すごい。


今後更新される記事が楽しみです。
Posted by 蟷螂 at 2005年12月10日 17:07
こんばんは。ミナクチです。
蟷螂さん、はじめまして。

自分で言うのもなんですが・・KKJは、他の手帳術に無いメリットがあるので、実践すれば、きっと良さが分かっていただけると思っていました。
しかし、見た目が地味なのが難点かな、と思っていまして・・・インパクトが無いというか(^_^;)
そんなKKJなので、実際にやってみた方から、コメントを頂けると、とてもうれしいです。ありがとうございます!
Posted by k_minakuchi at 2005年12月11日 00:13
 

※ スパムコメントがあまりに多いため「http://」は使用不可の設定にしています。
  URLをご紹介頂く場合は「http://」を省くか全角文字を使用して頂けますと
  幸いです。