2006年02月02日     このエントリーをはてなにブックマークこのエントリーを含むはてなブックマーク

書評の書き方?


こんばんは。ミナクチです。

今回は、「私の失敗談」記事を書くつもりだったのですが、
その前にちょっと違う話をさせてください。
(「失敗談」はもう少し蒸しておきます・・・。)



最近、このサイトを紹介していただいた時に、
書評記事をほめていただくことがありました。


実は私、もともとは文章を書くのは、
得意な方ではありませんでした。

  物理は得意だけど、国語は全然・・
  という理系タイプだったんです。

昔の私が、今の私を見たとしたら、
きっと「信じられない!」って言うと思います。



そんな私も、こうやって文章を書くようになったり、
時々ほめていただいたりするようになりました。

来月末には、本も出版されることになりました。


その感謝の意味も込めて、今日は私が書評を書くときに
考えているポイントについて話してみたいと思います。


 もともと文章書くのが得意な方には、あまり参考にならないかも
 しれませんが、私と同じような方の参考になればと思って書きます。


ブログで書評を書いている方はたくさん見かけるのですが、
書評って、意外と難しいんですよね。

単に内容をそのまま紹介しているだけだったら、
引用ではなく、転載になってしまい、著作権上問題です。

本の内容そのままは書けないわけです。


そして、普通の書評(雑誌などに載っている書評)を見ると、

 ・なぜその本が今、価値があるのか
 ・その本のいいところがどこにあるのか

といったことが書かれていることが多いです。


ところが、私はこういうスタンスでは書けなかったんです。
それで、どうしたかというと・・・こんな感じです。


 ・その本の中で、「これは!」と思うポイントを見つける。

 ・そういうポイントについて、ちょっと手を止めて考えてみる。

 ・考えてみて、こんなこと(↓)を思いついたら、メモします。

   ○ 本に直接書かれていないけど、著者はこういうことが
     言いたかったんじゃないだろうか?

   ○ この部分は、こういう例え話をすると分かりやすいかも。

   ○ この部分は「なるほど」と思うけど、自分の考えとは
     少しだけちがうかなあ。

   ○ この部分をさらに発展させると面白そう。

 ・そして、それを発展させていきます。


そうすると、

   著者が言ってることの紹介
        ↓
   それについての自分の考え

という流れで書評が書けたんです。


 ※ 注意点を1つあげておきます。

  「これは!」というポイントが無い本はどうするか?
           ↓
   私の場合、そういう本については無理して書きません。
   というか、書けませんでした・・・。



いろいろ試行錯誤して、この方法なら
私でも書評が書けることが分かりました。

それで、このブログを続けてきたわけです。


もちろん、この書き方では、雑誌の書評欄に書くことはできません。

書評のように見えても、実は本の評価よりも、
自分の考えの部分が多かったりすることもありますから、
純粋に本の評価を求める場所では書けませんよね。

でも、本の紹介を通じてその人の考え方が分かる、という感じは、
ブログという媒体には向いているような気がしています。


このサイトでは、今は自分の考えを書くほうが多くなってきていますが、
本を紹介せずにブログを書いていても、続かなかったんじゃないかな、
と思います。

というわけで、自分の思いをブログなどで情報発信したい、
という方は参考にしていただけると、うれしいです。


「参考になったよ。」という方は、
ぜひ ↓ 1クリックお願いします。人気ブログランキング(オレンジ)



そうそう、告知するのを忘れていましたが、
タイムマネジメント参考リンクのページ、更新しました。




このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーをはてなにブックマーク
Posted by 水口和彦 at 23:58│Comments(3)TrackBack(0)

時間管理術研究所の無料メールマガジンで
モチベーションアップしてみませんか?
メールアドレスを入力すれば登録できます! → 
バックナンバーはこちら
Copyright (c) 2005-2014 BizARK Inc. All rights reserved.
この記事へのトラックバックURL
(参照リンクの無いトラックバックは受け付けておりません)
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/k_minakuchi/50433614
この記事へのコメント
ミナクチさん、ご無沙汰しております。

本のご出版おめでとうございます。
ほんと、知っている方が本を出される事は、すごくうれしいです。出たらすぐ買います。

書評に関して、おっしゃるとおりですね。
いままで、引用だか、転載だかごちゃごちゃで書いてました。すごく参考になりました。

ありがとうございました。
Posted by ten at 2006年02月03日 03:04
ミナクチです。
tenさん、こんばんは。お久しぶりです。

私は、最近ちょっと出不精で、あんまり人の話を聞きにいけないのが寂しいです。
(早く原稿書かなきゃ、という状況もありますが・・・。)

本は3月末頃に発売予定で進んでいます。
結構タイトです・・が、がんばって書きます。

本が出て落ち着いたら、またどこかでご一緒しましょう!
Posted by k_minakuchi at 2006年02月03日 23:01
リンクありがとうございます♪


メルマガまで覗いていただき、感激です。


俺も今後、人に内容を話すつもりで、
本を読みこもうと決意しました。


書評+俺の捉え方、みたいな感じで。


メリットだけを書くと、
なんだか胡散臭いですものね。


とてもためになりました。


出版ですか!?
おおお、おめでとうございますー。


俺も出たら音速で買いますヨ(笑)
Posted by ときまく at 2006年02月04日 12:04
 

※ スパムコメントがあまりに多いため「http://」は使用不可の設定にしています。
  URLをご紹介頂く場合は「http://」を省くか全角文字を使用して頂けますと
  幸いです。