2006年04月26日     このエントリーをはてなにブックマークこのエントリーを含むはてなブックマーク

【KKJ 2.0 】 スケジュールの管理には釘を使う!


こんばんは。水口です。

「 KKJ 2.0 」 (カンタン!効果的な!時間管理術 実践編)

第5回をいきたいと思います。


まず、ちょっと復習です。

KKJメソッドでは、いろいろなタスク(やること)を、パズルを解くように整理していきます。


 使える時間のワク「やること」を埋めていく
 (ワクを超えて、「やること」を詰めることはできない:24時間ルール)

 「やること」のピースには2種類ある
 (時間指定タスクと、時間流動的タスク)

 計画を立てるというよりも、情報を整理していくと考える
 (そして、2種類のピースは整理の仕方が違う)


ここまでは、前回までにお話した部分です。

今回は、2種類のピースのうち、「時間指定タスク」について
お話します。


時間指定タスク1
時間指定タスクとは・・・、

「いつやるか?」が決まっているものです。

  人と会う約束、会議の予定など、あらかじめ時間が
  決まっていて、動かせないものです。


もう一方の「時間流動的タスク」は、ワクの中の配置が自由ですが、
「時間指定タスク」は、勝手に時間を変えるわけにはいきません。

それを意識するために、「時間指定タスク」のことを、
別名、「釘打ちタスク」と呼ぶことにします。


例えば、1週間の中に、これを並べた状態をイメージすると、
このようになります。

釘打ちタスクを貼り付けたところ
(釘の絵を入れてみました・・・)


この、「時間指定タスク(釘打ちタスク)」は、
多くのビジネスパーソンが予定に書いていることです。
(いわゆる「アポイント」の予定ですね。)

ですから、珍しいものではありません。

ですが、後から出てくる、もう1つのタスクとの区別を明確にするために、
この釘打ちのイメージを使うことにしました。


さて、この釘打ちタスクを計画するときに、
一番大事なことって、何でしょうか?

ほとんどの人は、

「ダブルブッキングを起こさないこと」

と答えると思います。


ダブルブッキングは、同じ時間に、別の約束を入れてしまうから
起こるわけです。

これを起こさないようにするのは、比較的簡単です。

2つのルールを守ればいいわけです。


・予定を決めるときは、必ず手帳を見る

・予定が入ったものは、必ず手帳に書く


ということです。

特に、2番目のルールは大事ですよね。

忘れないようにメモっておいたはずなのに・・・
そのメモ紙がどこかへ行ってしまったら、意味無いですよね。

  過去の私の例では・・・、

  打ち合わせ時に使った書類に、ついつい次回の予定を
  書いてしまうことがありました。

  そうすると、「何かこの辺に予定があったな・・・」という
  あいまいな記憶以外、頭の中には残らなくなってしまいます。

  運良くその書類を確認したときはいいものの、実は、いつ
  ダブルブッキングが発生してもおかしくない状況なんですよね。


私がいろいろな人を観察したり、話を聞いたりしてきた結果では、
この2つのルールを徹底して守れている人は、意外と少ないことが
分かっています。

これを徹底するだけでも、気分的にスッキリしてきますので、
おすすめですよ。


今回の話は・・・

 「時間指定タスク」は、時間が固定された、
 「釘打ちタスク」のイメージで考える

 時間指定タスクの管理は、次の2つのルールを徹底する

 ・予定を決めるときは、必ず手帳を見る
 ・予定が入ったものは、必ず手帳に書く


という話でした。

「あんまりやれていないなあ・・・」という方は、
一度試してみてください。

やっているのと、やっていないのでは、安心感がずいぶん
違うことが分かっていただけると思います。



さて・・・今回は、割と当たりの話でしたね。
では、次回予告?です。


 「時間指定タスク」は、ダブルブッキングを起こさないようにする
 というのは、当たり前のことですが・・・

 一方で、ダブルブッキングと同じことが起こっていても、
 それに気づかない状態というものもあります。

 私は、「見えないダブルブッキング」と呼んでいるのですが、
 それは、どういうものなのでしょうか?

 次回紹介してみたいと思います。


次回が気になる!と思っていただいた方は、

 ぜひ ↓ 1クリックお願いします!
 人気ブログランキング(ブルー)

いつも応援ありがとうございます!





このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーをはてなにブックマーク
Posted by 水口和彦 at 21:32│Comments(4)TrackBack(0)

時間管理術研究所の無料メールマガジンで
モチベーションアップしてみませんか?
メールアドレスを入力すれば登録できます! → 
バックナンバーはこちら
Copyright (c) 2005-2014 BizARK Inc. All rights reserved.
この記事へのトラックバックURL
(参照リンクの無いトラックバックは受け付けておりません)
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/k_minakuchi/50610913
この記事へのコメント
こんにちわ!すみません。ブログの記事を少し使わせてもらいました。もし、気に触るようでしたら、すぐに消しますので、言ってください。かって引用してしまいすみませんでした。

でも、たくさんの人に良い情報をあたえようと思ったもので
Posted by 重労働者がインターネットで金持ちになる道 at 2006年04月27日 14:18
水口さん、こんにちは。

昨日はお疲れ様でした。

結局tenさんにご紹介いただいたのに、
飲み会でもあまりお話できなくてちょっと残念。

また機会がありましたら。
Posted by smooth@マインドマップでビジネス書評 at 2006年04月29日 17:48
こんばんは。水口です。

サトルさん

引用元を明記してもらった上で、紹介して頂いているので、問題無いですよ。

できれば、原文を変えずに抜き出した文章と(長すぎるのはダメですが・・)、
それに対する自分の意見の部分が区別できるようになっていると、
もっといいと思います。
(これ、実は私が本の引用をする時に、気を付けているポイントです。)


smoothさん

昨日はおつかれさまでした。
また、いろいろお話聞かせてくださいね。

ありがとうございました!
Posted by 水口@時間管理術研究所 at 2006年04月29日 23:25

こういうの、自己レスというのでしょうか・・・?

本文中に書けなかったので・・・

実は、この記事がこのブログの、
ちょうど 200回めの記事でした!

200記事っていうのは、ブログとしては
それほど多くないと思いますが・・・

けっこう気合を入れて書いた記事が多いので、
私としては、ちょっとうれしかったりします(^_^;)

Posted by 水口@時間管理術研究所 at 2006年04月29日 23:32
 

※ スパムコメントがあまりに多いため「http://」は使用不可の設定にしています。
  URLをご紹介頂く場合は「http://」を省くか全角文字を使用して頂けますと
  幸いです。