2006年04月29日     このエントリーをはてなにブックマークこのエントリーを含むはてなブックマーク

【KKJ 2.0 】 「見えないダブルブッキング!」


こんばんは。水口です。

ちょっと中断してしまいましたが、

「 KKJ 2.0 」 (カンタン!効果的な!時間管理術 実践編)
の続きをいきます!(第6回です)

前回は、

 「やること」のピースには2種類ある
 (時間指定タスクと、時間流動的タスク)

という話の中の、「時間指定タスク」について、お話しました。


今回は、もう1つのピース、「時間流動的タスク」についてお話します。

このピースの取り扱い方が、KKJの特徴的な部分です。


時間流動的タスクとは・・・、時間流動的タスク1

「いつやるか?」は決まっていない「やること」です。

例えば、何かの資料や報告書を作る、
という仕事などがこれです。

  いつまでに終わらせないといけない、という期限はあっても、
  期限内なら、いつやってもいいという仕事ですね。

  仕事以外では・・・

  例えば、「誰かの誕生日プレゼントを、その日までに用意する」
  なんてのも、時間流動的タスクの1つですね。



さて、前回の「時間指定タスク(釘打ちタスク)」の話で、
ダブルブッキングの話が出ました。

ダブルブッキングはダメ、というのは、
誰でも気をつけていることだと思います。

しかし、時間流動的タスクでは、ダブルブッキングに
気がついていない人が多いのです



私はこれを、「見えないダブルブッキング」と呼んでいます。


ちょっと説明しますね。

前回の図をもう一度出します。
これは、時間指定タスク(釘打ちタスク)を貼り付けたところです。

釘打ちタスクを貼り付けたところ


さて、この時間のワクの中で、私たちは「時間流動的タスク」も
やらないといけないわけです。


例えば・・・期限水曜日タスク1

水曜日に終わればいい
タスクがあったとします。

これは大体、3時間くらいかかりそうな仕事です。



期限が水曜日ですから、
この水色の部分のどこかを使ってやればいいわけです。
期限は水曜日の図

この中で「時間流動的タスク」というピースを
自由にスライドさせてもいいわけです。
(3時間あるので、実際には分割して並べます)


自由にスライドできるという意味で、
別名「スライドタスク」と呼ぶことにします。


さて、この1つめの時間流動的タスク(スライドタスク)と、
時間ワクの中を見ると・・・、

このタスクは月曜日〜水曜日の間であれば、
何曜日にやっても問題なさそうです。

今が月曜日だとしたら、余裕ですよね。


ところが・・・期限水曜日タスク2
他にもタスクがありました。

これが2つめのタスクです。


そして、もう1つ・・・期限水曜日タスク3

3つめのタスクがあったとします。


これらが全部、「水曜日まで」というタスクだった場合、
どうなるでしょうか・・・?

なんか、ヤバそうですよね。


もし、これら3つのタスクのすべてを、期限である水曜日にやろうと
しても・・・

水曜日に全部やろうとするとの図

水曜日の空き時間では、足りなさそうですよね。

こういう簡単なことも、書き出さずに頭の中だけで
考えていると、失敗しやすいのです。


  例えば、こんな感じです・・・。


  1つめの「●●報告書作成」のタスクを思い出す。

          ↓
  期限は水曜日なので、「余裕」だと思う。

          ↓
  「水曜日にやればいい」と自分にインプットする。



          ↓
  そして、2つめのタスクを思い出す。

  その時に、最初のタスクのことを忘れていたら・・・

          ↓
  「水曜日にやればいい」となってしまう。


  その結果、全部を水曜日にやろうとして、
  時間が足りなくなってしまうわけです。


こういう状態が「見えないダブルブッキング」です。


  時間指定タスク(釘打ちタスク)では、気をつけていたはずの
  ダブルブッキングと同じことを・・・、

  時間流動的タスク(スライドタスク)では、
  気づかずにやってしまうのです。


  その結果、その日に仕事が集中してしまい、
  「残業してなんとか間に合った・・・」となるのです。


さて、こうならないためにはどうすればいいのでしょうか?





答えは、めちゃ簡単ですよね。

全部を水曜日にやらずに、一部分は前の日にやればよかったのです。


とても簡単なことなのですが・・・

実は、多くの時間管理法では、これがとてもやりにくいのです。

(・・・私が昔、時間管理に挫折した時の原因の1つがこれなんです。)



では、どうするのか?

という答えがKKJメソッドなんです


その辺の詳しいところは、次回紹介します!



「見えないダブルブッキング・・・あるかも。」と思っていただいた方は、

 ぜひ ↓ 1クリックお願いします!
 人気ブログランキング(ブルー)

いつも応援ありがとうございます!




今回の記事は図がいっぱいでした。

画像を軽くするようには、気を使ってみたのですが・・、

たくさんスクロールしないといけないので、
読みにくかった、という方、ごめんなさいです。

これに懲りずに、KKJの続きを、見てくださいね(^_^)



※(5/8 追記)

 この記事の11行目で、「時間流動的タスク」とするべきところを、
 「時間指定タスク」としてしまう間違いがありましたので、
 本日、訂正致しました。

 「ここ、おかしくない?」と思った方もおられると思います。
 申し訳ありませんでした。




このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーをはてなにブックマーク
Posted by 水口和彦 at 22:16│Comments(2)TrackBack(0)

時間管理術研究所の無料メールマガジンで
モチベーションアップしてみませんか?
メールアドレスを入力すれば登録できます! → 
バックナンバーはこちら
Copyright (c) 2005-2014 BizARK Inc. All rights reserved.
この記事へのトラックバックURL
(参照リンクの無いトラックバックは受け付けておりません)
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/k_minakuchi/50616564
この記事へのコメント
初めまして。
いつも楽しく拝読し、勉強させて頂いております。
今回気になった事があり、コメントさせて頂きます。

この記事の11行目からの文章に
「時間指定タスクとは・・・、「いつやるか?」は決まっていない「やること」です。」
とありますが、これは「時間流動的タスク」の間違いではないでしょうか?
内容が内容だけに、指摘させて頂きました。
確認をお願いします。
Posted by リッツ at 2006年05月07日 23:59
リッツさん、はじめまして。水口です。

確認しました・・・
11行目、おっしゃる通りです。間違えていました。
申し訳ありません。訂正しておきます。

ご指摘して頂いて助かりました。
ありがとうございます!
Posted by 水口@時間管理術研究所 at 2006年05月08日 01:35
 

※ スパムコメントがあまりに多いため「http://」は使用不可の設定にしています。
  URLをご紹介頂く場合は「http://」を省くか全角文字を使用して頂けますと
  幸いです。