2006年09月08日     このエントリーをはてなにブックマークこのエントリーを含むはてなブックマーク

ここが変だよ? カレンダーの話


こんにちは! 水口@時間管理術研究所です。

今日は、カレンダーの話です。

まずは質問です。

  あなたは、普段カレンダーを使う中で、使いにくさを
  感じることはないでしょうか。


カレンダーの使いにくさは、あまりにも当たり前すぎて、
それに慣れてしまっているかもしれませんが・・・。

私は特に「月ごと」の予定や計画を考えるときに、
不便さを感じます。


分かりやすい例として、来年(2007年)の8月と9月の
日付で見てみましょう。カレンダーはこんな感じです。

 8月-1 9月-1
 ※このカレンダーは月曜始まりです。
   また、祝日は省いてあります。


さて、それぞれの月の20日の時点を考えてみます。
月の中盤から終盤になろうかという日付です。

月末までに達成したい目標があるとして、
20日より後に、どれだけ日数があるでしょうか?

まず、20日までに使った日数は、↓ この緑色です。

 8月-2 9月-2



例えば、その目標というのが、月〜金曜日を稼働日として、
成し遂げないといけないものだとしたら、残りの稼働日は
この ↓ ピンクの部分です。

 8月-4 9月-4

8月は9日間あるのに、9月は6日間しかないですよね。
9日間と6日間では、1.5倍違いますし、3日も差があります。

月末の締めに向かっている中での、3日は大きいですよね。


つまり・・・

「今日は20日だから、月末が近くなってきたな」と思ったとしても、
実際の「近さ」(残り稼働日)は、月によって、大きく差があります。

「今日は20日」というイメージで考えると、錯覚してしまいます。


実際に、この月末までの日数の違いのせいで、
ヒヤッとしたことのある方は多いのではないでしょうか・・・?


 (※参考に・・・土日を稼動日とした場合はこうですね)
 8月-3 9月-3
  (2日と4日ですから、これも大きく違います)



さて、カレンダーに伴う、こういう 「ヒヤッと感」 を
避けようとするならば、

・カレンダーをマメに確認したり
・事前に日程計画を立てたり

するのがいいわけです。

仕事の中での大事な用件については、
そうしている方が多いと思います。

しかし、例えばプライベートの目標や計画などについて、
特にそれが複数ある場合、なかなか同じようには、出来ません。


というわけで・・・、

私は、目標や計画を立てるには、月ごとではなく、
週をベースに考えた方がいいと考えています。
その方が、かなりスッキリします。

仕事上の計画は、なかなかそうもいかないかもしれませんが、
特に、プライベートの目標や計画について、またそれが複数
ある場合については、週ベースで考えた方がいいと思います。


しかし、週ベースといっても、なかなかピンとこないかもしれません。

次回、そのために役に立つ方法を紹介しますね。



「カレンダー、確かに錯覚することあるよね!」と思う方は、
 ぜひ ↓ クリックをお願いします!
 人気ブログランキング(オレンジ)


今日の記事作成時間は・・・ ここまでで46分でした!
(図の作成は別カウントです)




このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーをはてなにブックマーク
Posted by 水口和彦 at 07:08│Comments(0)TrackBack(0)

時間管理術研究所の無料メールマガジンで
モチベーションアップしてみませんか?
メールアドレスを入力すれば登録できます! → 
バックナンバーはこちら
Copyright (c) 2005-2014 BizARK Inc. All rights reserved.
この記事へのトラックバックURL
(参照リンクの無いトラックバックは受け付けておりません)
 

※ スパムコメントがあまりに多いため「http://」は使用不可の設定にしています。
  URLをご紹介頂く場合は「http://」を省くか全角文字を使用して頂けますと
  幸いです。