2006年09月15日     このエントリーをはてなにブックマークこのエントリーを含むはてなブックマーク

カレンダーにひと工夫(その7) これもつなげるメリット


こんにちは! 水口@時間管理術研究所です。

最近続いている、カレンダー関係の話題の中では、
「つなげる」 ことについて、ちょっとこだわっています。

今日はカレンダー話ではないのですが、「つなげる」話です。


つなげるのが連続カレンダーの主旨ですが、
私が、「つなげる」 ことについて、こだわっているものがもう1つあります。


「手帳」 なんです。

12日に紹介した超整理手帳は、つなげる手帳の代表です。
あのジャバラ型式は面白いのですが、どうしても縦長の版形にせざるを得ません。

私が推奨している、アポイントとタスク(時間指定タスクと時間流動的タスク)を、
同じ場所に書き込むやり方は・・・難しいですね。


それで、私が作っている(自分でも使っている)手帳、
(PROFETシリーズといいます。PROFETの意味はまた今度説明を。)
これには、ささやかながら? つながる工夫がしてあります。

どんな工夫かと言うと・・・

通常はこうだとすると・・・
PROFET201-通常ちなみに、これは

・見開き2週間タイプ
・20穴(ルーズリーフ規格)
 仕様のものですが、

・見開き1週間
・6穴(システム手帳規格)
 仕様も組み合せできます。


さて、この手帳、
開くとこうなります。

PROFET201-開

用紙を二つ折りにしているわけなのですが、
これによって、今週と翌週が、同時に見られるというわけです。


 なぜこうしたかと言うと・・・

 普通の手帳だと、「先週のページを見つつ、今週のページに書き込みたい」という
 状況では、「ページをめくっては、戻し」をくり返さないといけないわけです。

 よくよく考えると、なんて無駄なことをしてるんだろう・・・と思い、
 こういう型式を考えたのです。


 (見開き1週間タイプでは、同時に見られるのは月〜金曜です)
 1週間タイプは、↓このページに写真があります。
 http://www.bizark.co.jp/techo/index.html



この型式にはもう1つメリットがあります。

せっかく、バインダー式のシステム手帳を使っているのなら、
レフィル(用紙)を外せるメリットを活かさないと損だと思うんです。

バインダーから外した時に、開いて両面を見ることができるのも、
この手帳のメリットです。

開くと、ほぼA4サイズになります。


 例えば、長期スケジュールを考えるときに、週間スケジュールのレフィルを
 ずらっと並べて考えられたらいいな、と思います。

 裏表に印刷されている普通のレフィルでは、バインダーから外して並べても、
 両面が見えないので、そういう使い方が出来ないんですね・・・。



ちょっと面白い手帳だと思いませんか?


この二つ折り機構、専用の用紙を開発したりと、
こだわりの製品になっています。

この型式を応用した、使い方の裏技はたくさんあるので、
また今度紹介しようかと思います。


 すいません。今日は手前味噌っぽい記事になってしまいましたが、
 「ちょっと面白い手帳だねー」と思って頂いた方は・・・、

 ブログランキングへ一票入れて頂けるとうれしく思います。
 これを ↓ クリックです。
 人気ブログランキング(オレンジ)
 

さて、昨日のアンケートは集計継続中です。
(現在、35票入っています)

まだの方は、ぜひご協力を!
(昨日と同じアンケートです。)

年の始めなどに、1年、もしくはそれに近い長さでの目標を
立てていますか? というアンケートです。


Q. 1年(もしくはそれに近い長さの期間)の目標について

1.目標を立てている。今まで大体は達成してきた。

2.目標を立てている。達成できるかどうかは半々ぐらい。

3.目標は立てるが、途中で忘れてしまったり、達成できないことが多い。

4.特に目標は立てていない。

 ↑それぞれ、このブログ内のページにリンクしています。


このブログは、週明けのアクセスも多いので、
来週19日まで、集計をしようと思います。

その後、結果を発表しますので、投票をよろしくお願い致します。



今日の記事作成時間は・・・ 、
47分でした!





このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーをはてなにブックマーク
Posted by 水口和彦 at 07:13│Comments(0)TrackBack(0)

時間管理術研究所の無料メールマガジンで
モチベーションアップしてみませんか?
メールアドレスを入力すれば登録できます! → 
バックナンバーはこちら
Copyright (c) 2005-2014 BizARK Inc. All rights reserved.
この記事へのトラックバックURL
(参照リンクの無いトラックバックは受け付けておりません)
 

※ スパムコメントがあまりに多いため「http://」は使用不可の設定にしています。
  URLをご紹介頂く場合は「http://」を省くか全角文字を使用して頂けますと
  幸いです。