2007年01月05日     このエントリーをはてなにブックマークこのエントリーを含むはてなブックマーク

三日坊主にならない方法 (その2)


こんにちは。水口です。

昨日は、「三日坊主にならない方法」 と題して、
チェックシートの有効性についての話をしました。

今日は、別の観点から、三日坊主対策について考えてみましょう。


■ 三日坊主対策 その2  引っ込みがつかないようにする

三日坊主対策は、「自分を乗せていく」、「引っ込みがつかないようにする」
という方向からも考えることができます。

例えば、こんな話をときどき聞きます。

 ジョギングを日課にしようと思ったので、高価なジョギングシューズを買って、
 気分を盛り上げつつ、引っ込みがつかないようにする。

「高いお金を出して買ったんだから、やらなくっちゃ」 と、
ある意味自分を追い込むわけです。


これも効果があると思います。シューズという「モノ」を見るたびに、
「やろう」 と決めた自分の意志を想起する効果があるはずです。

ただし、買ったこと自体に満足してしまって、その後続かなければ、
ダメですが・・・(汗)

(健康食品とか健康器具なんかで、こういう話をよく聞くような・・・)


■ 三日坊主対策 その3  あえて期間限定にする

三日坊主の原因は、昨日の話のように忘れてしまうことや、
やる意図が弱くなることにあります。

そして、それ以外の原因として、「やらなきゃいけない」という
プレッシャーから開放されたいという思いもあります。


特に、新しい日課を始める場合には、「これからずっとやるのかー・・・」
というプレッシャーは大きいものです。

「未来永劫、続けなければいけない」 というプレッシャーが重いほど、
そこから開放されたいという無意識の思いは強くなるわけです。


このプレッシャーから開放されるためには、始めようとすること(日課など)を、
あえて期間限定とすることが有効です。


例えば、「これから3ヶ月」 などの単位で、「毎日○○をする」 という
目標を設定して、そこまでやり切ることを目標にするのです。

「○月末まではがんばろう」 と考えていると、なんとかそこまでは
やり切ろうという気になるものです。

期間を設定しないで、単に「毎日○○する」 と目標を立てるよりも、
確実に継続しやすくなります(実際に試してみると分かると思います)。

期間をクリアしたら、ちょっとした達成感も得られますし。


この方法で大事なことは、期間をクリアした後のことは、
事前に考えておかないことです。

期間をクリアしても継続すると最初から決まっているのであれば、
「未来永劫プレッシャー」 を感じてしまうので、効果半減です。


そして、期間をクリアしたら・・・、

しれーっと、「さあ、また3ヶ月がんばろうか」 と決めるも良し、
本当にやめて別のことを始めるも良し、です。

まあ、3ヶ月続いたら、次の3ヶ月に突入するのは、
あまり重荷に感じなくなります。あまりご心配なく・・・。



実はこのテクニック、私も使用していますので、
効果は保証付き? です。

その日課とは・・・、実はこのブログです。

このブログは、「毎日更新は必要ない」 という思いもあり、
「毎日更新を続けてみたい」 という思いもありで、迷いがありました。

ですが、昨年の9月からの3ヶ月は、期間限定で
毎日更新してみよう、と決めてみたんです。

確かに毎日更新することはできました。
で、次の3ヶ月も続けようかと考えています。

その後は・・・、もちろん未定です (笑)
(未定にするのが、ポイントですよ。)


この「期間限定作戦」 は、本当に効果がありますので、
日課的な目標や、勉強系の目標を設定している方は、
ぜひお試しください。


むむ・・・、これも期間限定? でしょうか (笑
        ↓
   人気ブログランキング(オレンジ)

今日の記事作成時間は、31分でした。

では、また明日!



このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーをはてなにブックマーク
Posted by 水口和彦 at 23:54│Comments(0)TrackBack(0)

時間管理術研究所の無料メールマガジンで
モチベーションアップしてみませんか?
メールアドレスを入力すれば登録できます! → 
バックナンバーはこちら
Copyright (c) 2005-2014 BizARK Inc. All rights reserved.
この記事へのトラックバックURL
(参照リンクの無いトラックバックは受け付けておりません)
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/k_minakuchi/51013993
 

※ スパムコメントがあまりに多いため「http://」は使用不可の設定にしています。
  URLをご紹介頂く場合は「http://」を省くか全角文字を使用して頂けますと
  幸いです。