2007年04月01日     このエントリーをはてなにブックマークこのエントリーを含むはてなブックマーク

コミットしたこと・してないことの違いって ?


こんにちは。水口です。

今日は「エイプリルフール」の日なのですが、
それとは全然関係ない話題です・・・。

一昨日の記事の記事で「コミット」について少し触れたのですが、
この「コミット」は時間管理の中で、割と重要な概念です。

「コミットしているタスク」、「コミットしていないタスク」 という切り分けで
考えると、タスクがうまく整理できる場合があるのです。

というわけで、今日はその話です。


■ 「コミット」 とは? (再掲)

再び「コミット」について説明します。
  
 「コミット(commit)」の意味は、例えば・・・・

   〔特定の目的・責務を〕引き受ける; 〔…を〕約束する
   〈…すると〉約束する
   〔…に〕専心する,傾倒する
   (新英和中辞典 第6版〔研究社〕より一部を引用)

   (1)かかわる  (2)確約する
   (国立国語研究所 「外来語」言い換え提案 より引用)

 と言われています。

 (C・ゴーン氏によってメジャーになった 『コミットメント(commitment)』
  は、コミット(commit)の名詞形です )

 ここで言う「コミットする」とは、あることを、ある期限までに
 「必ずやる」という約束をすることです。
 (説明おわり)


■ コミットしている「やること」と、していない「やること」の違い

私たちの仕事や生活の中にある「やること」の中には、
「コミット」しているものと、していないものがあります。

その観点で、「やること」は次の二種類に
切り分けることができます。

 □ これは絶対やらなければいけないこと
   やらないとヤバいこと、約束した(してしまった)こと

 □ できればやっておきたいこと
   時間があればやりたいこと、いつかやりたいこと


前者(絶対やらなければ)は、コミットしたタスク(committed task)
後者(できればやりたい)は、コミットしていないタスク(uncommitted task)
と言うことができます。


「コミット」を意識しているかどうかにかかわらず、これらに対する
私たちの感じ方は違います。

例えば、これらが達成できなかった場合を考えてみます。

もし、コミットしたことが達成できなかった場合、誰でも責任を感じます。
また、達成できないという事態になる以前に、「達成しなければいけない」
というプレッシャーを激しく感じます。

「コミットしていないけど、やりたいこと」が達成できなかった場合、
責任というより、できなかったという「がっかり感」を感じることが
多いと思います。


コミットしていることと、していないことでは、私たちの感じ方も違います。
また、時間管理術の中でも、この2つには違いがあります。


■ 「コミット」 と 「時間管理術」

仕事をしている中で感じるストレスには色々なものがありますが、
「コミットしたタスクに追われるプレッシャー」は、かなり高い位置を
占めると思います。

 ※ 仕事ストレスの筆頭は、「人間関係」だと思いますが、
    これは環境や本人の感じ方による差が大きいと思います。
    「人間関係」を除けば、この「タスクに追われるプレッシャー」
    が最も高いのかもしれません。


仕事に追われてバタバタ・・・というのは、誰でも感じたことが
あると思います。

こうならないためには、どうすればいいのか?
一般的にはこう言われています。

・ やれる以上の仕事は引き受けない
  (人に振ったり、できないことは断ったり)

・ 仕事に優先順位をつける
  (優先順位の高いものから実行する)


前者の「やれる以上の仕事は引き受けない」というのは、
言い換えれば「コミットするタスクをよく選ぶこと」、つまり、
「できない約束はするな」 ということです。

後者の「仕事に優先順位をつける」というのは、
本来はこうあるべきです。

――――――――――――――――――――――――――――
まず、
・コミットしたタスク
                     を切り分ける
・コミットしていないタスク

       ↓
次に
・コミットしたタスク → すべてやり切る (ための方法を考える)

・コミットしていないタスク → すべてをやれるわけではない
 (だからどれをやるのか考える必要がある)
――――――――――――――――――――――――――――

コミットしたタスク、つまり約束したり、引き受けたりしたことは、
それが重要であろうとなかろうと、やり切るのが基本です。

 ※ もし、できない場合は交渉することも必要です。ただし、
   そういう交渉はできるだけ引き受ける前にすべきことです。


必ずやらなければいけない「コミットしたタスク」に、優先順位という
考えを入れ込むと、逆にストレスの原因になってしまうのです。

「優先順位」 と聞くと、その「仕事のアウトプット」の重要性を
考えてしまいがちですから、余計にそうなります。


ちなみに、私が「超カンタン!時間管理術」 で書いた時間管理手法は、
「コミットしたタスク」を中心に管理するための方法です。

その点がはっきりしているので、他の時間管理手法では
ピンとこなかった方から絶賛して頂いたりしたのだと思います。


というように、「コミットしたタスク」 と「コミットしていないタスク」 を
切り分けることは、時間管理の中で重要なことです。

ただ、私自身もそうなのですが、時間管理の著者たちは、
この点について説明不足だったような気がしています・・・最近。



また、「コミットした・していない」 が
微妙なこともあるかもしれません・・・。

例えば、私の「このブログを書くこと」 という「やること」は、
「コミットした」ことでしょうか?そうでないことでしょうか?

これはどちらにも成り得るものなんです。


これをどう切り替えるか、というのは、物事を継続するときに
意外にポイントになると思います。

という話は、また明日か明後日に・・・



コミットの話、ちょっと長くなってしまいました。

  もちろん、1日1回のクリックは「コミット」ですよね?  (ウソです・・・)
        ↓
  人気ブログランキング(オレンジ)
  スキルアップ系ブログのランキングです: クリックで順位が上がるはず?


今日の記事作成時間は50分でした。
では、また明日。



このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーをはてなにブックマーク
Posted by 水口和彦 at 23:52│Comments(0)TrackBack(0)

時間管理術研究所の無料メールマガジンで
モチベーションアップしてみませんか?
メールアドレスを入力すれば登録できます! → 
バックナンバーはこちら
Copyright (c) 2005-2014 BizARK Inc. All rights reserved.
この記事へのトラックバックURL
(参照リンクの無いトラックバックは受け付けておりません)
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/k_minakuchi/51127794
 

※ スパムコメントがあまりに多いため「http://」は使用不可の設定にしています。
  URLをご紹介頂く場合は「http://」を省くか全角文字を使用して頂けますと
  幸いです。