2007年06月01日     このエントリーをはてなにブックマークこのエントリーを含むはてなブックマーク

「行動指針」と「ツール・テクニック」と「○○○」


こんにちは。水口です。

今日は、まっとうに(?)「時間管理」の話です。


■ 「行動指針」と「ツール・テクニック」と「○○○」

最近、時間管理系の本が相変わらず多いですね。
「時間の使い方」に対する関心が高まるのはいいことだと思います。

ただ、そういう本を見ていると、情報が二極化しているような
気がすることがあります。

二極化というのは、
「行動指針」と、「ツール・テクニックの紹介」です。


■ 時間管理の「行動指針」

「行動指針」というのは、時間管理に関する「考え方」の話です。
例えば、

 「緊急なものに追われるばかりでなく、重要なものに取り組みなさい」

とか、

 「時間が無い無いと言わず、すぐ行動に移せば時間は結構作れるもの」

とか言われるのは、一種の「行動指針」です。

こういう「行動指針」的なものは、これはこれで自分の考え方を
変えたりするために有効なものです。

時間の使い方は、それまでの習慣や先入観に影響されますから、
別の考え方を知ることで、自分の行動が変わる場合もあります。

ただ、「行動指針」だけでは、どうしても行き詰ります。
(昔の私がそうでした)

具体的な「時間管理のやり方」を変えないと、
壁は突破できないのです。


また、行動指針はその人の仕事(の中の立場)や、性格などの
主観が現れますから、正反対のものもあります。

例えば、

 「名刺の数が増えるだけで、結局役に立たない異業種交流会に
  行くのは時間のロス」

と言う人もいますし、

 「仕事は人とのつながりでやってくるものだから、他の仕事はカットしても、
  人と会う機会だけは絶対に削ってはいけない」

と言う人もいます。

これらは正反対のことを言っています。
どちらが正解というわけではありません。
どちらも正解に成り得ますし、不正解にも成り得ます。

昨日は前者の考え方、今日は後者の考え方、と人の意見に左右されていては、
結局同じところをグルグル回っているだけになってしまうかもしれません。


というわけで「行動指針」は、きっかけをつかむために有効なことも
多いのですが、これ「だけ」ではダメなのです。


■ ツールやテクニックの紹介

一方、「ツールやテクニックの紹介」も、今とても人気があります。
「ライフハック」系の記事は、色んなところで見かけます。

色んなツールを試してみたり、工夫してみたりすることは、
とてもいいことだと思います。私も結構好きです。

ただ、あれを使い、これを使いとツールを増やしても、
なかなかうまく継続できないことが多いものです。


特に時間管理は、できるだけシンプルに情報を集約させることが
とても重要です。

その理由を簡単に言いますと、

「○○をやろう」という、「計画」は、自分の財布からの出費予定です。
私たちの時間の財布はひとつ、使える時間は1日24時間です。

あちこちで、出費予定を管理していては、
結局予算が足りるのか、足りないのかというところが見えないのです。
(複数のツールの情報を頭の中でまとめるのは結構負荷の高い作業です)

  ※ それ以外にも理由はあるのですが、それはまた後日詳しく・・・


そういう意味で、単独のツールやテクニックだけではなく、
自分の時間管理(やタスク管理)のシステム全体で
考えることも必要です。


■ 「行動指針」と「ツール・テクニック」の間にあるもの

結局、「行動指針」のような抽象論だけでもダメだし、
個々の「ツール・テクニック」だけを見ていてもうまくいきません。

どうやって時間管理するか、トータルで考える必要があります。
自分の時間管理(やタスク管理)全体が、今どういう「仕組み」で
動いていて、「仕組み」をどう改善するか考えるべきなのです。

「行動指針」と「ツール・テクニック」の間にある
『仕組み』が重要ということです。


「仕組み」は基本的に

□ ツール (の組み合わせ)
□ 習慣  (どういう習慣を、どうやって定着させるか)
□ 環境  (仕事環境とツールの組み合わせ方、コミュニケーションなど)

の三要素からなると、私は考えています。

この要素を「抜けや漏れがない」「楽に実行できる」「定着しやすい」という観点で
見直し、改善していけば時間管理は思ったほど面倒なものではありません。


■ 行動指針と仕組みは分けて考える

というわけで、最近あまりしていなかった「仕組み」の話を
このブログでもまた少し紹介しようかと思っています。

特に、「行動指針」と、「仕組み(ツールも含む)」を、分けて解説した方が、
分かりやすいかと思いますので、そういうスタイルでいこうかと考えています。

仕組み全体の考え方は、あまり紹介されている例がないので、
皆さんの参考になると思います。

というわけで、明日から(←多分)始めます。




仕組みの話は、↓こちらもご参考に?
セミナー(6/9東京開催)です



  この話、ちょっと期待してしまった人は、
  ぜひこちらのクリックをお願いいたします
      ↓ 
  人気ブログランキング(オレンジ)
      ↑ 
   スキルアップ系ブログのランキングです
   いつものクリックありがとうございます!


今日の記事作成時間は46分でした。

では、また明日!


このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーをはてなにブックマーク
Posted by 水口和彦 at 23:57│Comments(0)TrackBack(0)

時間管理術研究所の無料メールマガジンで
モチベーションアップしてみませんか?
メールアドレスを入力すれば登録できます! → 
バックナンバーはこちら
Copyright (c) 2005-2014 BizARK Inc. All rights reserved.
この記事へのトラックバックURL
(参照リンクの無いトラックバックは受け付けておりません)
 

※ スパムコメントがあまりに多いため「http://」は使用不可の設定にしています。
  URLをご紹介頂く場合は「http://」を省くか全角文字を使用して頂けますと
  幸いです。