2007年06月15日     このエントリーをはてなにブックマークこのエントリーを含むはてなブックマーク

I-ACT(9) 縦横2つの視点


こんにちは。水口です。
「i−ACT」シリーズは、まとめモードに入っております。


■ 4つの要素を1つにまとめた例 「FITT」

このシリーズでは、「時間管理に必要な4要素」について解説しています。

 この↓4つです。

  i  : Information (情報)
  A : Activity (アクティビティ)
  C : Cue    (キュー)
  T : Time Resource (タイムリソース・時間リソース)


これらの要素をできるだけ1つにまとめ、
直感的に把握できるようにするのがおすすめです。

その主旨は、自分の「仕事の流れ」と、「時間リソースの状況」を
素早く把握したいというところにあるわけですが・・・

あまり難しいことを考えずに、とにかくこの要素を1つに
まとめておくと、直感的に判断しやすくなるのです。

こんな感じです→
自分のスケジュール関連情報を
1つにまとめて、縦横2方向から
見ることになります

 「流れ」要素   【横方向】
  ・アクティビティ
  ・情報
  ・キュー(タスク)

 「リソース」要素 【縦方向】
  ・キュー(タスク)
  ・時間リソース

ここでは、キュー(タスク)は、横にも見るし、縦にも見る、というのが、
重要なポイントです。


ちなみに、このフォーム→
は、「i−ACT」の4要素を

 □ アクティビティと情報
   → 上段
 □ キュー(タスク)
   → 中段
 □ 時間リソース
   → 下段

に配置したフォームです。
FITT(またはFTT)と呼んでいるシートです。


このシートを持って、「とにかくいつでも見る」、「決めたことはその場で書く」を
徹底すれば・・・、難しいことを考えなくても、時間管理上手になってしまう
というスグレモノです(3週間試せば分かります)。

やる気のある方は・・・弊社ホームページ上のどこかでダウンロードできますので、
探してみてください。
(ブログとは別にホームページもあるんです。ブログほど更新していませんが・・・)


■ 紙とPC・・・どっちを使う?

現在は、紙(手帳など)よりも、PC上でのタスク管理の方に目がいきがちですが、
紙の方が確実にメリットがあります。

今回はあまりくどくど説明したくはないので・・・、

 1 : i−ACT要素をそろえることが重要
              ↓
 2 : それを紙の上で管理する方が、実践しやすく、メリットも多い

ということだけは言っておきます。




自分のスケジュールをどう管理するか? という話は、
今回の「i−ACT」要素以外に、「保留するもの」や、「長期スケジュール」を
どう扱うかという話もあります。

それも重要ですので、お話させて頂く機会を持ったりしています。
ただ、コアになる部分は「i−ACT」要素です。

これをやるだけで、もう全然違います。 
・・・ということで今回詳しめに解説してみました。

大事なことは、実践しないであれこれ考えるよりも、
まずは実践することなんです。


  
  「やってみよう」と思った方、「もうやってるよ」と思った方は、
  ぜひこいつをクリックしてください!
      ↓ 
  人気ブログランキング(オレンジ)
      ↑ 
   資格・スキルアップ系ブログのランキングです。



今日の記事作成時間は35分でした。
では、また明日。


もっと突っ込んだ話が必要な方は、
こんなのもあります。

6/20セミナーページはこちら

↑「時間管理」×「無記名投票」セミナーです。



このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーをはてなにブックマーク
Posted by 水口和彦 at 23:55│Comments(0)TrackBack(0)

時間管理術研究所の無料メールマガジンで
モチベーションアップしてみませんか?
メールアドレスを入力すれば登録できます! → 
バックナンバーはこちら
Copyright (c) 2005-2014 BizARK Inc. All rights reserved.
この記事へのトラックバックURL
(参照リンクの無いトラックバックは受け付けておりません)
 

※ スパムコメントがあまりに多いため「http://」は使用不可の設定にしています。
  URLをご紹介頂く場合は「http://」を省くか全角文字を使用して頂けますと
  幸いです。