2007年11月05日     このエントリーをはてなにブックマークこのエントリーを含むはてなブックマーク

転職を決断する前に・・・


こんにちは。水口です。
今日は転職の話です。


■ やりがいを求めて?

こんなニュースがありました。

転職理由のトップは"やりがいを求めて" - イーキャリア調査
| 経営 | マイコミジャーナル



転職サイト上で実施したアンケート結果の話です。

転職サイトを利用した25〜39歳の人に対して行ったアンケートだそうです。
『』内は引用です)

『 調査の結果、転職を検討する理由について
 「よりやりがいのある仕事に就きたかった」と回答したのは52.2%でトップ。
 次いで「自分の能力やスキルを磨きたかった」(48.8%)、
 「自分のキャリアを向上させたかった」(47.4%)、
 「よりストレスの少ない職場環境を求めていた」(34.4%)の順。  』


とのことです(上記サイトより引用。改行を追加しています)


ここにある4つの理由

 「よりやりがいのある仕事に就きたかった」
 「自分の能力やスキルを磨きたかった」
 「自分のキャリアを向上させたかった」
 「よりストレスの少ない職場環境を求めていた」


の中から選ぶとすると・・・、「能力やスキルを磨く」「キャリアの向上」が
上位に来そうな気がするのですが・・・1位は「やりがい」とのことでした。

  もしかしたら、「能力やスキルを磨く」と「キャリアの向上」は、
  少し似ているところがあるので、票が割れたのかも・・・?
  という気もします。


もちろん、「やりがい」はあった方がいいですし、
「やりがい」を求めるのは人として当然のことだと思います。

しかし、1位に来るのは、私はちょっと違和感がありました。

その理由は・・・、

「やりがい」というのは、ちょっと漠然とした感じがするからです。
ちょっとぼんやりした感じがありますよね。

悪くいえば・・・「ないものねだり」的な感じもします。


たとえば、「能力やスキルを磨く」とか、「キャリアの向上」というのは、
今の職場ではできないこと(自分にとって新しいこと)をやりたいと
いうことです。「やりがい」よりは、具体的です。

(少なくとも、新しい職場にチャンスがあるかどうか、判断しやすいですから)


それに対して「やりがい」は、はっきりしません。

なぜなら・・・本当にその仕事(転職先の仕事)のほうが「やりがい」が
大きいかどうかは、実際に入ってみないとわからないわけです。

今の仕事(転職前の仕事)だって、入社する前にはそれなりに
「やりがい」がある仕事だと思っていたはず・・・。

それと同じように転職先の仕事も、実際以上に良く見えている
ということもあるはずです。「隣の芝は青く見える」というやつです。


と、チャチャを入れてしまいましたが・・・、

「よりやりがいのある仕事に就きたい」 という思い「だけ」で
転職するのはやめたほうがいい、というのが私の意見です。

その前に今の仕事でもうちょっとやりがいを探してみようよ、
と言いたいです。


■ 「やりがい」はどこに転がっているかわからない

私はいわゆる「転職」の経験はありません。

合弁会社が設立されたことによって、違う会社の文化を経験する
機会はありましたが(これはこれでなかなか面白い経験でした)、

就職して十数年勤め→退職して独立という経歴です。
(独立も一種の転職ともいえるかな・・・?)


ですから、転職についてわかったようなことを
言いたくはありません。

ただ、「やりがい」は、当初自分が思っていた以上に
あちこちに転がっているものだということは経験してきました。


たとえば、いまでも憶えているのですが、入社して3年過ぎた頃に、
その仕事が「分かっちゃった」と思えたことがありました。

もう分かっちゃったから、ここから先はあまり面白くないかも? という
不安や、あきらめ・・・というか、「がっかり感」に近いものを感じました。

ところが、それから数年後になって、あの頃(入社3年過ぎの時期)は、
まだ分かってなかったことが一杯あったんだ・・・と気づきました。


仕事って、そういうところがあるように思います。

ですから、「分かっちゃった」「見えちゃった」つもりで、
ほいほい転職するのはもったいないようにも思うんです。

 (もちろん、転職したほうが良かったというケースも
  あるはずなので、一概にはいえないですけどね)


私の場合、その後、大きな開発を任せてもらったり、それがうまくいって
製品がたくさん売れたりといった経験もしましたし、今度はその製品を
作る方の部署に移って、新しいスキルを身につけたりもしました。

その会社での十数年の経験のうち、後半の方がより充実していました。

前半も面白かったのですが、どちらかというと「力を貯める時期」、
つまり、将来のためのスキルや知識を身につける時期という感じでした。


なにが言いたいかというと・・・、
「がんばってると、いいこともあるよ」ということなんですけどね(←単純(笑))


あまり目先の「イヤ」ばかりにとらわれて転職を希望するのなら、
それは考え直したほうがいいのでは・・・。 とは言いたいです。

「イヤ」を避けるために焦って決断すると、往々にして後悔を招くことが多い・・・
というのは、いろんな人の(私も含めた)経験則として正しいように思いますし。




まあ、転職は何が正解か分かりませんから、
最後は自分で決断するしかないんですけどね・・・
(↑と逃げておきましょう)


今日の記事作成時間は48分でした。
では、また明日!


このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーをはてなにブックマーク
Posted by 水口和彦 at 23:50│Comments(0)TrackBack(0)

時間管理術研究所の無料メールマガジンで
モチベーションアップしてみませんか?
メールアドレスを入力すれば登録できます! → 
バックナンバーはこちら
Copyright (c) 2005-2014 BizARK Inc. All rights reserved.
この記事へのトラックバックURL
(参照リンクの無いトラックバックは受け付けておりません)
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/k_minakuchi/51370361
 

※ スパムコメントがあまりに多いため「http://」は使用不可の設定にしています。
  URLをご紹介頂く場合は「http://」を省くか全角文字を使用して頂けますと
  幸いです。