2008年01月12日     このエントリーをはてなにブックマークこのエントリーを含むはてなブックマーク

「知識」よりも「実践」、「反省」よりも「やり方を変える」


こんにちは。水口です。

昨日の「2008年こそ、時間管理を身につける!」について、
ちょっと補足を。


■ 「気づき」よりも大事なもの

「時間の使い方」に関する本は、いろいろあります。
私も書いています。
(3冊目が3月初めにでます。よろしくお願いします・・・と宣伝(笑) )


そういう本には、

 「こうしたら、ムダが省ける」
 「こうしたら、もっと効率よくできる」

というコツや考え方が書かれています。

そういったノウハウは、その著者が仕事や生活の中で、
得たものだったりします。

そんなノウハウを読むと、「そういうやり方があったのか!」的な
いわゆる「気づき」が得られることがあります。

そういう「気づき」は、一種の「発想の転換」のようなものです。

いい「気づき」であれば、その後の人生のなかで、何度も
役に立つ機会があるでしょうし、「気づき」だけで、実践では
あまり役に立たないこともあるかもしれません。

そういう意味では、100パーセント役に立つとは限らないけれど、
学ぶことはとても大事なことです。


しかし、もっと大事なことがあるとすれば・・・
それは、何だと思いますか?



それは、自分で「気づき」を生み出す力です。

「時間の使い方」に関して言えば、

人のやり方を聞いて「なるほど」と思うことも1つの学びですが・・・、
本当は、自分の行動の中からも、いろいろなノウハウを得られるんです。

言い換えれば、

「こうすれば時間をうまく使える」というノウハウを頭に詰め込むよりも、
「計画を立て、それを実行する」というプロセスを、継続して実行すること。
長い目で見れば、これに勝る時間活用の方法はありません。

一言でいうと、

ノウハウを「知る」ことよりも、「継続して実行する」ほうが
何倍も役に立つということです。



そんなの、当たり前ですかね・・・
ところが、時間管理においては、そうでもないんです。


たとえば、割とよくあるパターンとしては・・・

「GTD」という手法はすごい!」 とか、
「○○さんの時間術」はどう、「□□さんの時間術」はこう・・・とか、
いろいろ言っている人が、結局自分の時間管理を続けることが
できていない・・・。

という例は、よくある話です。

  多い事例は、GTDの場合は「週次レビュー」が続かない。
  手帳ベースのプランナー類の場合は「毎朝計画を立てる」が
  続かない。というケースです。



こういうのは、もったいないですね。

と言いながら、私も昔はそういうジレンマに陥っていたことが
ありますから、偉そうには言えませんが・・・。



本当に、時間管理は継続するべきですし、
継続が難しいようなら、やり方を見直してみるべきです。

私は数々の失敗をしてきた結果、本当にそう思います。



もう1つ、あまり生真面目に考えすぎないのもポイントかもしれません。

時間管理やタスク管理を始めたのに、継続できない・・・という場合、
反省して「次からはちゃんとやろう!」 と思う人も多いでしょうが、
そう考えたときは、必ずうまくいきませんでした(私の場合)。
長ければ、2、3ヶ月は持続しますが、結局挫折するんです。


「時間管理を始められない・・・」
「やってみたけど、継続できない・・・」

という人は、思い切ってシンプルなやり方を使ってみてください。

生真面目に反省するよりも、「もっと簡単にやる方法はないか?」と
考えるくらいのほうが、うまくいきます。



とにかく・・・、
本気で自分を変える気があるのであれば、「知識」よりも「実践」です。
ということを言っておきたくて、今日、この補足の記事を書きました。



短期間でその方法を身につけたい!という方は、
こちら↓もご参照ください。
時間管理基礎講座のご案内


今日の記事作成時間は45分でした。

では、また明日!


このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーをはてなにブックマーク
Posted by 水口和彦 at 23:48│Comments(0)TrackBack(0)

時間管理術研究所の無料メールマガジンで
モチベーションアップしてみませんか?
メールアドレスを入力すれば登録できます! → 
バックナンバーはこちら
Copyright (c) 2005-2014 BizARK Inc. All rights reserved.
この記事へのトラックバックURL
(参照リンクの無いトラックバックは受け付けておりません)
 

※ スパムコメントがあまりに多いため「http://」は使用不可の設定にしています。
  URLをご紹介頂く場合は「http://」を省くか全角文字を使用して頂けますと
  幸いです。