2008年08月14日     このエントリーをはてなにブックマークこのエントリーを含むはてなブックマーク

「残業ゼロ」の人生力: タイトルにこだわらず、ぜひ一読を!


こんにちは。水口です。
今日は本の話です。


■ 「残業ゼロ」の人生力

今月出た本です。↓

amazon
「残業ゼロ」の人生力

トリンプの前社長であり、『デッドライン仕事術』 『残業ゼロ」の仕事力』
等々の著者でもある吉越浩一郎さんの新刊です。

同じ「残業ゼロ」でも、今度は「人生」についての話、
「ワーク・ライフ・バランス」で言う「ライフ」の部分の話です。


初めに言っておきますと・・・
この本はすべてのビジネスパーソンにとって「必読」と言っても
いいかもしれません。考えさせられることが多いですよ。

・・・というのが、私の率直な感想です。

でも、ちょっと抵抗がある人もいると思います。特にタイトルに
ある「残業ゼロ」という言葉に抵抗を感じる人は結構多いのでは
ないでしょうか。


「残業ゼロ」を推奨する人には共通するロジックがあります。

・ 残業をなくして、その分、仕事への集中力を上げよう

・ 逆にいえば、残業しているようでは、仕事の時間に
  100パーセントの集中をすることはできない

・ 「残業しない」ことと「仕事に集中する」ことの両方に
  取り組めば、仕事のアウトプットは決して減らないし、
  人生も充実する

と、こんな感じです。

私も基本的にこのロジックには賛成です。

※ ただし、そういった「集中して仕事をする」「生産性の高い仕事をする」
   という意味での「いい見本」になる人が企業の中に不足している
   問題があり、これは結構深刻なことだと考えています。

しかし、「がんばって仕事をしているけれど、残業がゼロにはならない」と
いう人もいるでしょうし、「ゼロ」にすることにばかりこだわるのは何か違う
と感じる人もいると思います。この気持ちは私もよくわかります。


しかし、そういう人も、「仕事だけで人生終わっていいのか?」 という
疑問がどこかにあるのではないでしょうか。

この本(「残業ゼロ」の人生力)を読むことによって、それを少し考えて
みるきっかけにしてみてはいかがでしょうか。


■ 人生の価値は「本生期」にある?

著者の主張は、基本的にシンプルです。

・ 人の一生は「学生期」「仕事期」「本生期」の3つに分けられる。

・ いくら仕事で成功しても、定年後の本生期が充実しなければ
  成功した人生とはいえない
  (実際、仕事で成功しても定年後に寂しい人生を送る人もいる)

・ 定年後から何かを始めようと思っても遅い(夫婦の関係も含めて)
  だから「仕事期」にも「本生期」の準備に使う時間が必要だ

というものです。

※ 定年後を「本生(ほんなま)期」と呼ぶのは、
   「本当の人生、本番の人生、本来歩むべき人生」と
   いう思いを込めたネーミングだそうです。


こうまとめてしまうと、「当たり前だ」と思われるかもしれませんが、
実際自分自身が「本生」のために何をしているか(できているか)、
この本を読むと考えさせられることが多いですよ。


「定年」とは、ある意味恐ろしいものです。私自身は「定年」のない仕事に
変わるという戦略を取りましたから、今はちょっと違うのですが・・・、
サラリーマンを続けていたとしたら、定年後に充実した人生を送るべく、
「仕事期」に何ができただろうか? と思うことはあります。

『』内は引用です)
 
『 これまでは、マスコミが積極的にアナウンスしてこなかったこともあって、
そうも日本のサラリーマンは、定年後に控えている現実を正しく理解して
いないような気がします。定年後の生活を甘く考えすぎているといっても
いいかもしれません。
 どんなに仕事が好きで、愛社精神にあふれている人でも、定年は来ます。
仕事が生きがいという人も、そこでその生きがいは終わりなのです。』

                               (62ページより引用)

こう聞くと、ちょっとドキッとしませんか?

「定年後はなんとかなるだろう」と甘く見ていたり、
「今はそんな余裕ない」と考えることを拒否している
自分がいるのではないでしょうか?

実は、私も(定年がないとはいえ)考えさせられるところがありました。


■ 「リタイア後の人生」についてのとらえ方

また、本書は、日本と海外(特に欧州)のリタイア後の人生に
ついての考え方の違いにも触れられています。


これ↓は私の体験談ですが・・・

昔、アメリカでショッピングモール内をお土産探しを兼ねて、
1人でうろうろしていたときの話です。

その中に「グリーティングカード専門店」みたいなお店がありました。
たくさんのカード(誕生祝い等々)があるので面白がって見ていたら、
かなりな数の「Happy Retirement !」カードがあることに気づきました。

見てみると、結構ほのぼの、のほほんとした絵柄のカードが多いです。
「これって・・・日本の定年退職のイメージとは合わないなあ・・・」 と
思ったのを覚えています(それくらい印象的でした)。

日本で「定年」というと、どうしても少し寂しいイメージがつきまといます。
「お疲れ様でした」という言葉はあったとしても、「うらやましいですね」と
いう言葉はあまりないような・・・。


本書は、そういう日本の「定年」のイメージに異論を唱えています。
あまり私が言うよりも・・・ぜひご一読ください。




ちなみに私は、「リタイア」した後にもできる趣味として、
スクーバダイビングがあるのですが、他にもやりたいことが
あるのじゃないの?(やってみたら?) という気がしてきました。


私にとってスクーバは一時は「本業」にしようかと思ったことも
あるくらいハマったものです(だからインストラクターにもなりました)

今は本業にするつもりはないのですが、趣味としても、年齢に
あまり関係なくできる、いい趣味だと思いますよ。


今日の記事作成時間は51でした。
では、また明日!


このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーをはてなにブックマーク
Posted by 水口和彦 at 21:03│Comments(2)TrackBack(0)

時間管理術研究所の無料メールマガジンで
モチベーションアップしてみませんか?
メールアドレスを入力すれば登録できます! → 
バックナンバーはこちら
Copyright (c) 2005-2014 BizARK Inc. All rights reserved.
この記事へのトラックバックURL
(参照リンクの無いトラックバックは受け付けておりません)
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/k_minakuchi/51707609
この記事へのコメント
「ほんなま」って。。ほんせい?

Posted by jk at 2008年08月16日 06:18
水口です。
jkさん、ありがとうございます。

「ほんなまって・・・」って、確かに思いますよね(私も思いました)。
ただ、著者はこう呼んでいるんです(ふりがな付きで書いてあります)。

「ほんせい」だと耳で聞いたときにイメージしにくいから
かもしれませんね。
Posted by 水口和彦 at 2008年08月16日 16:17
 

※ スパムコメントがあまりに多いため「http://」は使用不可の設定にしています。
  URLをご紹介頂く場合は「http://」を省くか全角文字を使用して頂けますと
  幸いです。