2008年09月25日     このエントリーをはてなにブックマークこのエントリーを含むはてなブックマーク

子供も大人も「計画を立ててみる」経験が重要な理由


こんにちは。水口です。
今日はある媒体に掲載頂いた話です。


■ 見本誌を頂いた話

この仕事をしていると、雑誌や新聞、その他独自発行の媒体などから、
取材を受けることがあります。たいていの場合、取材を受けてから、記事が
発行されるまでの間に1〜2ヶ月ほどのタイムラグがあります。

それで・・・、掲載されたお知らせをアップするのを、忘れてしまうことが
あります。たとえば、先月(21日)、日経産業新聞さんに掲載されたの
ですが、このブログで告知するのを忘れておりました・・・。

というのは、単なる言い訳です・・・(汗)  すみません。



さて、前にも少し紹介しましたが、こういう媒体↓に掲載されました。
見本誌を頂きましたので(ありがとうございます!)、紹介します。

親ゼミ表紙.jpg

「見たことない・・・」という方も多いと思いますが、それもそのはず、
「進研ゼミ」を受講されているお子様の保護者の方向け媒体です。
(中一版の10月号です)


「親ゼミ」にはサイトもあるので、リンクを貼っておきます↓
保護者コーナー(親ゼミ.Net)|進研ゼミ中学講座会員サイト

このサイトは、基本的に「進研ゼミ」会員の保護者向けサイトなのですが、
誰でも見られる部分もあります。「子どもデータ検索」「要注目の教育動向」
など、ついつい見入ってしまうコンテンツもありました。


■ 「時間管理」や「長期計画」は、最初は上手くできなくて当たり前

さて、掲載されたのはこちらです↓

新しい学びのかたち

「新しい学びのかたち」というページです。

「時間管理」について、そのメリットや、お子さんが実践される場合に
保護者が心がけるべきことなど、私が話したことをまとめて頂いてます。


ちなみに、「保護者が心がけること」としては、

  『最初は、上手にできなくて当たり前』

と述べています。

そもそも、大人だってなかなか思うようにいかないこともある時間管理を、
子供に完璧にやれというのは、無茶な話です。

「上手くできないなら、やらなきゃいいじゃないか」という意見もあるかと
思いますが、私は、「子供だから計画を立てたり、時間管理しなくていい」
とは思いません。本人がやってみようと思ったきっかけがあれば、ぜひ
挑戦してみてほしいと考えています。


最初はまず、うまくいかないと思います。しかし・・・、

「計画を立てて、少しずつ物事を進めていく」ということが、思ったようには
いかないものだと実感できるだけでも大きな違いです。

そもそも、人間は長期的にやっていきたいことよりも、短期的なこと
(目の前のこと)に気を取られてしまう性質があります。長期的な計画は、
日々より強く意識するようにしないと、なかなか実行できないものです。

まず、そのことに気づくことが大事なんです。ですから、失敗や挫折を
してもいいので、計画を立てる経験はあった方がいいと思います。

一番怖いのは、「いざとなったら、やれる」と思い続けながら、一度も
まともに挑戦したことのない大人になることではないでしょうか・・・。

※ もちろん、大人になってから始めても、遅すぎることはありません!


■ 長期的な計画をやり遂げるために

ちなみに、

  人間は長期的にやっていきたいことよりも、短期的なこと
  (目の前のこと)に気を取られてしまう性質があります。

と言いましたが、なぜこういう性質があるのかは、正直なところ、よく
分りません。脳科学などを持ち出したそれらしい説明はいくつか聞いた
ことはありますが、納得のいく科学的な説明にはまだ出会っていません。
おそらく、まだ完全には解明されていないのではないでしょうか。

とはいえ、これは経験論的には、間違いない話だと思います。

過去に失敗をしたとか、厳しくしつけられたとか、そういう背景無しに、
長期的な物事を優先して進めていける人はいないと感じます。

ですから、長期的な計画を達成したいのであれば、そもそも
「人間はそういうものなんだ」という前提から始めるべきであり、
そういう性質を補う工夫をすることが必要ではないでしょうか。



では、「そういう性質を補う工夫」とは何かというと・・・
私は「見る」ことが一番重要だと感じています。

長期スケジュールを作り、見ること。それに勝る工夫はないと思います。

そして、それを定着させるためには、長期スケジュールは
「簡単に書けて」「見て分りやすい」ものであることが第一です。

いくら詳細なガントチャートがあっても、それが引き出しやパソコンに
しまい込まれているようでは、あまり意味はありません。
(実体験を元に、本当にそう感じます)

「書くこと」「見ること」を実践すること。それに勝るものはありません。
まずはやってみてはいかがでしょうか。





という思い、背景は↓この本に反映されています。
(この本で紹介した長期スケジュールの話は、それを前提にしています)

人によってはあきれるほど(?)簡単なやり方かもしれませんが、私は色々
やってみて、今のところ、このやり方がベストだと感じています。

amazon


今日の記事作成時間は56分でした。
では、また明日!


このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーをはてなにブックマーク
Posted by 水口和彦 at 21:30│Comments(0)TrackBack(0)

時間管理術研究所の無料メールマガジンで
モチベーションアップしてみませんか?
メールアドレスを入力すれば登録できます! → 
バックナンバーはこちら
Copyright (c) 2005-2014 BizARK Inc. All rights reserved.
この記事へのトラックバックURL
(参照リンクの無いトラックバックは受け付けておりません)
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/k_minakuchi/51743948
 

※ スパムコメントがあまりに多いため「http://」は使用不可の設定にしています。
  URLをご紹介頂く場合は「http://」を省くか全角文字を使用して頂けますと
  幸いです。