2008年10月19日     このエントリーをはてなにブックマークこのエントリーを含むはてなブックマーク

3つの「ムダ残」を無くそう! : はじめに


こんにちは。水口です。

今週は、「残業」について考えてみたいと思います。
特に、「無駄な残業」についてです(その理由は後で説明します)。


■ 「サービス残業」は会社のためならず

メルマガ(の最後の方)でも少し書きましたが、先週、ある企業の人事部
の方々と打ち合わせをしている中で、「残業が長い」人の話が出ました。
(特定の部署、特定の人の残業が長いという話です)

私も昔は、「部署内きっての残業派」だったことがありますから、そういう
人達の気持ちはわかるところもあります。


私が昔、サービス残業を沢山していた頃は、

  「サービス残業は、会社のためにやってるんだ」

と思っていたのですが、ある時期から旗色が悪くなってきました。というのは、
会社側が「サービス残業はしてくれるな」という動きを始めてきたのです。
(私がいた会社は、そういう動きが比較的に早い方でした)


  私がいた会社に限らず、昔はサービス残業を容認する会社が多かったの
  ですが、現在は、そうもいかなくなっています。

  いくら本人が納得していても、「サービス残業」=「残業手当の未払い」で
  あることには変わりありませんし・・・ 残業手当を支払えばいいのか、と
  いうと、そういうわけでもありません。労働基準法にも引っかかります。
  (メンタルヘルスにもかかわりますし、最悪の場合は過労死にも・・・)

  実際、前者の方(残業手当の未払い)で、労働基準監督署から是正指導
  を受ける企業数は年々増加しています。
  (H18年度で1,679社。もちろん、これは氷山の一角だと思われます)



となると、私もちょっと困るわけで・・・「会社のためにやってるんだ」と、
言えなくなってしまいます。

  「サービス残業は、会社のためならず」

という状況になってしまったわけです。

当時の私としては・・・、自分のやり方、考え方をいきなり否定されたように
感じましたから、正直あまりいい気はしません。しかし、考えてみれば、残業
を減らすことは自分にもメリットがあります。

結局、いい機会なので、考え方を切り替えて、「どこまで残業削減できるか」
という視点で試してみました(ちょうど、時間管理について試行錯誤していた
時期と重なっていたことも、そう思えるきっかけになりました)。


で、実際にやってみると・・・ 残業は減るものです。

決して、それ以前もダラダラ残業しているつもりはなかったのですが、
まだまだ減らせる余地はあったんです。

結局、「サービス残業」はゼロにまで持っていくことができました。
労働時間でいうと約30%カット、業務効率でいえば約40%アップ
です。この結果は、自分自身驚きました。

そして、残業を減らすと、いろいろいいこともあります。

仕事に対する集中力も上がりますし、プライベートの時間も増えます。
勉強や新しいことにチャレンジする時間も作れるようになります。

結局いいことずくめなので、「もっと早く気づけば良かった・・・」と
思いました。


■ 残業は減らせる!

「サービス残業」については、「別に会社のためじゃない。お客さんや
同僚に迷惑をかけたくないからやってるだけだ」という人も多いと
思います。そういう状況があるのもわかります。

ただ、状況はどうあれ、「残業は減らせる」ということについては、
共通しているはずです。


私の場合、「仕事の効率」は決して悪くない方だと思っていましたが、
それでも時間管理によって、残業を大幅に減らせました。同じように
残業を減らせる方は多いと思います。

実際、時間管理や手帳を使って頂いた方から、「残業が無くなった」と
いう、うれしいご報告を頂くことも多いです。


■ まずは「ムダ残業」を減らそう

では、残業を減らすためには、具体的にどうすればいいか? 

ということになりますが、最も効果的なのは・・・、

  時間管理を行うこと

であるのは間違いありません。重度の「長時間残業」の場合は、
これを強くおすすめします。


しかし、それだけではなく、

  職場の雰囲気や仕事のやり方
  ちょっとした習慣やクセ

によって、残業が長くなってしまっている場合もあります。こういうのは、
できれば職場全体で考えたり、改善したりしていきたいものです。


そのためには、「まず、無駄な残業を減らす」という観点で取り組むと
行動に移しやすいと思います。この方がわかりやすいですし。


というわけで、このブログをお読みの方に加えて、その職場の方にも
多少のお役に立てれば・・・ と思いまして、

  「ムダ残(無駄な残業)」を減らそう」

と題して、今週考えていきたいと思います。




今日の記事作成時間は43分でした。
では、また明日!


このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーをはてなにブックマーク
Posted by 水口和彦 at 23:55│Comments(0)TrackBack(0)

時間管理術研究所の無料メールマガジンで
モチベーションアップしてみませんか?
メールアドレスを入力すれば登録できます! → 
バックナンバーはこちら
Copyright (c) 2005-2014 BizARK Inc. All rights reserved.
この記事へのトラックバックURL
(参照リンクの無いトラックバックは受け付けておりません)
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/k_minakuchi/51763690
 

※ スパムコメントがあまりに多いため「http://」は使用不可の設定にしています。
  URLをご紹介頂く場合は「http://」を省くか全角文字を使用して頂けますと
  幸いです。