2008年11月04日     このエントリーをはてなにブックマークこのエントリーを含むはてなブックマーク

年齢とともに時間の流れが速く感じるようになる理由は?


こんにちは。水口です。

今日は昨日の「タスクの所要時間(時間の読み)」にも、もしかしたら
関係あるかも? という話です。


■ 年齢とともに時間の流れが速く感じる理由

こんな記事がありました↓

[雑学] 年をとると時間の流れが速く感じるのはナゼ? | RxR | R25.jp

R25のサイトにある記事です。先週配布されていたR25にも同内容が
載っていました。



年齢を重ねるほど、1年が過ぎるのが速くなる・・・と感じたことがある
(日々感じている)人は少なくないと思います。

たとえば、

  「25歳を過ぎると、1年が過ぎるのがグッと速くなる」
  「30代は、転がるように過ぎていく・・・」

というのは、私の実感だったりします・・・(汗)

ちなみに、40代は・・・私はまだあまり経っていないので分かりませんが、
どうなんでしょうか?


■ なぜ時間の流れが速くなるのか−1: ジャネーの法則

「年齢を重ねるほど、1年が過ぎる速さが増す」と感じる原因を説明する
ための考え方に、「ジャネーの法則」と呼ばれるものがあります。

昔テレビで紹介されたことがあるらしく(←私は見てないのですが)、
ご存じの方も多いかもしれません。

このジャネーの法則は、

  「時間の心理的長さは年齢に反比例する」

という説です。

10歳の1年に比べて、30歳の1年は3分の1に感じる(3倍速く感じる)と
いうものです。3倍は大げさかなと思いつつも・・・納得できる部分もあります。

ただし、この「ジャネーの法則」は19世紀の哲学者ポール・ジャネ氏によって
発案されたもので、科学的な裏付けは特にありません。

※ 甥のピエール・ジャネ氏(心理学者)と混同されることもあるようですが、
   ポール・ジャネ氏は哲学者です。


■ なぜ時間の流れが速くなるのか−2: ジャネーの法則応用編

科学的な裏付け、というわけではないのですが、どこかで読んだ話では、
(出典は忘れました・・・すみません)


  「新鮮な経験」が多いほど、時間の経過は長く感じる


  (例) 子供の頃は、見るもの聞くもの未経験のことが多く、その分
      たくさんの出来事があった(=時間が長い)と感じる。

      大人になると、「経験」によって処理できることが多くなり、
      その分、新鮮さや強い印象が薄くなる。
      だから、出来事の数が少ない(=時間が短い)と感じる。

という説明を聞いたことがあります。

ジャネーの法則は単純な年数の問題ではなく、「経験の積み重ね」が増えた
ことと、「経験をベースに行動する」ことが増えた(新しいな経験が少ない)こと
が関係しているというわけです。私はこの説、信憑性があるように思います。


■ ジャネーの法則の反対意見

ちなみに、上記の記事では、専門家の意見として、
『』内は引用です)
 
『「年齢を分母にする考え方は“ジャネーの法則”と呼ばれるものです。ただ、
同じ30歳でも、人によって時間の感じ方は違います。科学的研究では重要
視されない説ですね」』



さらに・・・、
 
『「実は、年をとると時間の流れを速く感じることを示す実験結果があるんです。
1分経ったら合図をする条件で統計を取ると、年齢が上の人ほど遅く合図する
傾向があります。現実の時間より心的時間(実際の時計とは異なる精神的な
時間)の方がゆっくりと流れるようになるんですね」』

 
『「いくつかの要因がありますが、その中の一つとして加齢にともなう(身体的な)
代謝の低下が考えられます。代謝が落ちると、心的時間もゆっくりと流れるよう
になります。逆に代謝が活発だと、心的時間は早く流れる。代謝は心的な時計
の動力源の一つと考えれば分かりやすいかもしれません」』


とあります。

■ 「ジャネーの法則の反対意見」の反対意見

上の引用に関して、『同じ30歳でも、人によって時間の感じ方は違います』と
いうのは、確かにその通りだと思います。同じ自分でも、その年(の出来事)に
よって1年の長さは違うと感じますから、単純に年数に反比例するというわけ
ではありません。

・・・だからといって、、短時間(分単位)の「心的時間」の実験結果を、年単位
の話に拡大解釈するのも、ちょっと無理があるようにも思えますが・・・。

※ 人は毎日の生活の中で「1日」という単位で物理的な時間を認識して
   います。また、生物の中に「1日」のリズムは「体内時計」として組み込ま
   れていることは、科学的にも分かっています。
   (サーカディアンリズム、または概日リズムと呼ばれます)

   仮に加齢によって「1分」が短くなるのが正しいとしても、「1日」という
   見方では、年を重ねても1日は1日です。意識の上でも、生理現象の
   上でも、2日が1日になることはありません。ですから、「1分が短くなる」
   のと同じ理由で「1年が短くなる」と言うのは無理があると思いますが・・。


ちなみに、先の引用にあった、『科学的研究では重要視されない説』という
言葉は、ちょっとクセモノです。

『重要視されない』というのは、それが「無い」のではなく、「実験できないので
研究対象にならない(だから重要視されない)」という場合もあるからです。
(心理学や行動科学にはこういう「切り捨て」が割と多い印象があります・・・)


というわけで、私はジャネーの法則(応用編の方)を支持したいと思うわけです。


■ 心的時間の経過に影響を与える要因

「ジャネーの法則」はこれくらいとして・・・、上記の記事には、(心的な)時間の
経過に影響を与える要因の例があげられています。

いずれも↓「時間が長く感じる」例です。 (『』内は引用です)
 
『・ 時間の経過を気にする
 ・ 脈絡やまとまりのなさ
 ・ 課題の難易度(が低い)
 ・ 広い空間
 ・ 恐怖を感じる        』

                  (上記サイトより引用。括弧部は追記しました)

全般に経験上納得できますが、「広い空間」というのは意識したことが
ありませんでした。面白いですね。

これ以外にも、心的な時間は色々な影響を受けます。「楽しい」「楽しくない」の
違いで時間の経過が大きく違うということは・・・言うまでもありませんよね。


■ 「時間が長く感じる」方が得なのか?

時間管理の観点では、こうした時間の感覚のズレ(自分の意識のクセ?)を
意識することは、時間の読みの精度を上げるのにある程度役立ちます。


それはそれとして、「時間が長く感じる」方が得なのか、損なのかは、なんとも
言い難いものです。

たとえば、同じ「時間が短く感じる」でも、2パターンあります。

□ 時間が短く感じる例

  パターンA: 集中して(仕事がはかどって)時間が短く感じる
  パターンB: ダラダラしていたら、何もしないうちに時間が過ぎた

どちらも、「えっ! もう○時!」 と、時間が過ぎたことに驚きますが、
その中身は全然違うわけです。


同じく「時間が長く感じる」方も、

□ 時間が長く感じる例

  パターンA: 仕事がテキパキと進み、思った以上に多くのことができる
  パターンB: 「やることないし、早く時間が過ぎないかな・・・」と思う

どちらも、「えっ、まだ○時!」 となるわけですが、やはり中身は違います。



結局、

  「長く感じる」か「短く感じる」かよりも、中身を充実させることが大事

というのが結論かもしれません。

「1年が速く過ぎる」のもこれと同じで、速いかどうかを気にするよりも、
中身を充実させることが大事と考えた方がいいのかもしれませんね。



今日の記事作成時間は102分でした。
(今日は一部書き直したので、いつもより長めです)

では、また明日!


このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーをはてなにブックマーク
Posted by 水口和彦 at 23:55│Comments(20)TrackBack(0)

時間管理術研究所の無料メールマガジンで
モチベーションアップしてみませんか?
メールアドレスを入力すれば登録できます! → 
バックナンバーはこちら
Copyright (c) 2005-2014 BizARK Inc. All rights reserved.
この記事へのトラックバックURL
(参照リンクの無いトラックバックは受け付けておりません)
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/k_minakuchi/51776103
この記事へのコメント
確かに時の流れは年々早くなっていくように感じます。

いままで色々な説をかじってきましたが、私が一番しっくりときた説明は、「役割が増えるから」でした。

家族、友達、知り合いが増えると、役割や付き合いもそれだけ増えます。クラブや習い事、社会に出て働きだせば仕事上の関係も増えるでしょう。家庭ではご近所付き合いや子供の関係も。。。

でも、1年は365日と決まっています。そのなかでどの役割にどれだけの時間を割くべきか。

仕事ばかりしてるとプライベートが疎かになってしまったり。

やっぱり時間管理は大事だな、と思う次第であります。
Posted by 昼下がり at 2008年11月05日 12:32
水口です。
昼下がりさん、ありがとうございます。

「役割が増えるから」というのも、実感として分かる気がしますね。

私は「主体的に行動しているか」というのもありそうな気がしていました。
「言われたことをやる」時間は長いけれど、「自分で考えて行動する」時間は短い、ということです。

小学生から社会人までの変化は、主体的に行動できる余地(と能力)が増えることと
対応しているという見方もできるわけですが、それと「1年の速さ」には関係が
ありそうな気がします。

これは「役割が変わる」ということですから、「役割が増える」と似ていますね。


むむ・・・独立してから速くなった気がするのも、同じ理由なのかも・・・(笑)
いずれの変化も、良い意味での変化でありたいと思います。
Posted by 水口和彦 at 2008年11月07日 18:53
そんな長い説明は要りません。
ジャネの法則…「経験の違い」だけです。
Posted by パスカル at 2013年11月27日 17:44
いやいや
後出しじゃんけんの結論だけではわかりません。

詳しい説明ありがとうございます。

私も役割の違い、能動的行動ができるからだと思う半面、
ある程度年齢の過ぎた方であっても行動に制限がある場合、
同様に短く感じるのでしょうか。
Posted by アローン at 2015年02月01日 09:40
若いので月日の経つのが遅い。
まだ2003年だと思っていますよね。
Posted by 平山直行さん at 2015年03月15日 12:52
若い頃は、見るもの聞くもの未経験のことが多く、その分たくさんの出来事があった(=時間が長い)と感じる。


Posted by 平山直行 at 2015年08月15日 08:16
若いころに比べると、55歳を過ぎると、1年が過ぎるのがグッと速くなる
Posted by 平山直行 at 2015年08月15日 08:20
若者は月日の過ぎるのが遅かったけど、老齢になると月日の過ぎるのが早くなります。
Posted by 平山直行 at 2015年08月15日 08:47
例えば55才過ぎると1ヶ月が過ぎるのがぐっと早くなる。65才になると、転がるように過ぎていく。 

Posted by 平山直行 at 2015年09月23日 16:43
若いころは1ヶ月が過ぎるのがかなり遅かった。老齢になると1ヶ月が過ぎるのが相当速くなります。
Posted by 平山直行 at 2015年11月08日 16:00
例えば50代過ぎると1ヶ月が過ぎるのがぐっと早くなる。65才以上になると、転がるように過ぎていく。 
Posted by 平山直行 at 2015年11月11日 19:22
若齢は一ヶ月が過ぎるのがものすごく遅く、老齢になると一ヶ月が過ぎるのがものすごく速くなります。
Posted by 平山直行 at 2015年11月11日 19:28
若齢は一ヶ月が過ぎるのがものすごく長く、老齢になると一ヶ月が過ぎるのがものすごく短くなります。
Posted by 平山直行 at 2015年11月22日 11:00
若齢は一年が過ぎるのがものすごく遅く、老齢になると一年が過ぎるのがものすごく早くなります。
Posted by 平山直行 at 2015年11月22日 11:03
つまり経験の多さ=時間の速さってことね
同じ30歳でも経験が多い30歳は時間の流れが
速く感じるけど経験が浅い30歳は時間の流れが遅く感じるわけ。
Posted by N at 2016年10月23日 01:16
たとえば、

40歳過ぎると、1年が過ぎるのがグッと速くなる。

50代は、転がるように過ぎていく・・・。
Posted by 平山直行 at 2017年01月21日 19:18
やること無いときの方が時間が長く感じる
Posted by おーぷん2ちゃんねるまとめ(コメント) at 2017年03月07日 23:50
深いこと言います、ご理解難しいと思いますが私の意見。寿命が迫っているお年寄りは70まて生きるとして69歳なら1日が人生の1年分の1日。35歳なら人生の35年分の1日。69歳の方のほうが1日1日が長いのではと考えます。少なくとも1日1日を大切にしていると思います。
Posted by 哲学お at 2017年03月22日 11:03
流し読みしかしていないので関係ない意見でしたら申し訳ないです。
Posted by 哲学お at 2017年03月22日 11:10
18に補足
先日95歳でおばあさんがなくなりました。元気だった頃会うたびに「凄い久しぶりだね」みたいに言ってもらっていました。私はたった半年ぶりだよ?と思ったのですが…
(30代、男性、小学生のときいじめられ引き籠り→何とか奮起し学生卒業→社会人になってもいじめられ3年我慢して退社→現在引き籠り)
Posted by 哲学お at 2017年03月22日 13:39
 

※ スパムコメントがあまりに多いため「http://」は使用不可の設定にしています。
  URLをご紹介頂く場合は「http://」を省くか全角文字を使用して頂けますと
  幸いです。