2008年11月27日     このエントリーをはてなにブックマークこのエントリーを含むはてなブックマーク

意外にはまる? 「消せるボールペン」


こんにちは。水口です。

今日は、ペンの話です。


■ これ、実はとてもいいかも・・・?

先日、ペンの話を書いた中で、このペン↓をちょっと紹介しました。

パイロット フリクションボールビズ 0.5mm 黒インク【カッパーボディ】 LFB-150EF-CO
パイロット フリクションボールビズ 0.5mm 黒インク【カッパーボディ】 LFB-150EF-CO


「フリクションボール」というシリーズのボールペンです。

「消せるボールペン」として、少し話題になったので、ご存じの方も多いかも
しれません。これは、その「ビジネス版」的なメタルボディのものです。


先日の記事では、このペン、0.5mmで太いとか、インクの色が薄いとか、
いろいろ文句を言ってしまいましたが・・・ 


■ 「消せるボールペン」のメリット

実は今日、ちょっと急ぎの朱入れ(原稿を赤ペンで直すこと)がありまして、
このフリクションボール(赤色)を使ってみました。

※ ちなみに、上の「フリクションボールビズ」は、通常のフリクションボール
   (0.5mm)の替え芯が使えますので、インクの色を変えられます。


これが、非常に使い勝手が良かったんです。

私の場合、朱入れで迷ったときは、(後で消せるように)いったんシャープペン
で書いてから、後で赤で書き直すことがあるのですが、そういう手間が不要に
なるのは、とても助かります。


また、朱入れ以外に、打ち合わせ中のメモにも使ってみているのですが、こちら
もいい感じです(これには青インクを使っています)。

どちらも、手帳に書くときほど細かい字は書きませんし、とにかく「消せる」こと
のメリットは大きいと感じます。


■ 消しカスが出ない快感・・・?

「消せるのがいいなら、シャープペンを使えばいいじゃないか」という話もある
のですが・・・、私はあまり好きでなくて、持ち歩いてはいるものの、使うことは
あまりありません。

※ シャープペンが苦手なのは、こういう理由↓からです
   (2番目が、以外に結構重要なことのような気がします)

   □ ボールペンよりも線が薄めになってしまう
     (方眼のメモ用紙などで、いまひとつ目立たない・・・)
   □ プリントアウト上に書き込んだとき、自分の文字が目立たない
     (青い文字の方が目立ちます)
   □ ゲルインクボールペンよりは、筆圧が高めになりがち
     (メモを多く書くこともあるので、楽な方がいいです・・・)



また、フリクションボールをある程度使ってみて感じたのは、

  「消しカスが出ない」

ことのメリットが思ったよりも大きいことです。

というか、今までシャープペンの文字を消しゴムで消しているときには、
(普段あまり意識していないけど)消しカスに気をつかっていたんだと
いうことを、あらためて自覚しました。

消しカスが基本的に出ないので(わずかに出ることはありますが)、
気をつかわず消せる感じで、大げさに言えば「消すのが快感」という
感じです。



私は手帳には使わない(使いづらい)ので、手帳に使うペンは今まで
通りでいきますが、それ以外のメモ類ではフリクションボールの出番が
かなり多くなるかもしれません。

そんな感じで気に入ってしまったので、軸をもう1本入手しました。
軸は5色(標準では全部黒インク)あります。

パイロット フリクションボールビズ 0.5mm 黒インク【ブラックボディ】 LFB-150EF-Bパイロット フリクションボールビズ 0.5mm 黒インク【カッパーボディ】 LFB-150EF-COパイロット フリクションボールビズ 0.5mm 黒インク【シルバーボディ】 LFB-150EF-Sパイロット フリクションボールビズ 0.5mm 黒インク【ゴールドボディ】 LFB-150EF-GDパイロット フリクションボールビズ 0.5mm 黒インク【ホワイトボディ】 LFB-150EF-W
私は左の2本を使っています(インクは青と赤で使用)。


くり返しになりますが・・・、5mm罫以下くらいの細かい文字を書くには
向いていませんが、それ以外の用途にはいいと思います。
(色が薄めのところは、好みが分かれるかもしれません)

上記の「フリクションボールビズ」は、1本1500円ほどしますが、書き味は
通常のフリクションボールと同じです。まずはそちらで試してみるのがいい
と思います。(こちらは200円ちょっと。入手もしやすいですし)。

※ このペン、一つだけ解せないのが・・・
   「消しゴム」部分が、ペンのお尻についていることです。
   キャップの先につけてくれていた方が、実際の使い勝手はいいと
   思うんですけどね(デザイン的にどうかは置いておいて)。
   これはノーマルのフリクションボールにも言えることですが。


文具好き、ペン好きの方は特に、一度お試しを。



今日の記事作成時間は40分でした。

では、また明日!


このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーをはてなにブックマーク
Posted by 水口和彦 at 23:55│Comments(1)

時間管理術研究所の無料メールマガジンで
モチベーションアップしてみませんか?
メールアドレスを入力すれば登録できます! → 
バックナンバーはこちら
Copyright (c) 2005-2014 BizARK Inc. All rights reserved.
この記事へのコメント
Investindo em produ艫o de conte�do de qualidade.
Posted by otimizacao de sites at 2018年03月20日 21:20
 

※ スパムコメントがあまりに多いため「http://」は使用不可の設定にしています。
  URLをご紹介頂く場合は「http://」を省くか全角文字を使用して頂けますと
  幸いです。