2009年02月05日     このエントリーをはてなにブックマークこのエントリーを含むはてなブックマーク

会議にも役立つ?: 「電波時計」のススメ


こんにちは。水口です。
今日は時間に最も関係したアイテム? 「時計」の話です。


■ 電波時計、使ってますか?

こんな記事↓がありました。

電波時計贈り時間厳守促す=安保理議長国の日本
−国連(時事通信) - Yahoo!ニュース


『』内は引用です)
 
『日本の高須幸雄国連大使は3日、セイコー社の置き時計を安保理の理事各国
大使に贈った。安保理会合は遅れて始まるのが常であるため、輪番制に基づき
今月の議長国に就任した日本として、各国に時間厳守を促した。
 高須大使がプレゼントしたのは、誤差を自動調整する約1万円の電波時計。
渡す際に、セイコーには日本語で「成功」と「精巧」の音を当てはめることができる
と説明し、効率的な安保理運用を目指す姿勢を強調した。 』



安保理の会合が『遅れて始まるのが常』というのは困ったものですね。
(ちなみに15分遅れて始まるのが常だとか)


もちろん、電波時計を贈っても、時間に正確に行動してもらえるとは限りま
せん。ですから、「こんなの意味がない」 と言う人もいるかもしれません。

しかし、この話題がメディアに載ること自体(実態を知られること)が、ある
意味プレッシャーになりますし、会合の開始時間に影響するかもしれません。
(このニュース、海外でもちゃんと紹介されています)

ですから、決して無駄ではないと私は思います。

※ また・・・、私はつい「製品の宣伝か?」とも勘ぐってしまいましたが、
   高須大使ご本人はそれは強く否定されているそうです。




さて、「電波時計」ですが、この何年かのうちにかなり普及してきましたね。
特に家庭用の置き時計では、電波時計がかなり増えています。

私も使ったことがありますが、残念なのは置き場所によっては、うまく受信
してくれないことも結構あることです・・・。 そんなわけで、個人的には
電波「クロック」には、あまり興味がありません。

※ そもそも、わざわざ電波クロックを使わなくても、正確な「時計」は家
   の中にいくつか存在するという理由もあります。
   私が使っているものの1つはパソコンの時刻で、これは設定しておけば
   ネット経由で時刻を自動修正してくれます。もう1つはハードディスクレコ
   ーダーです。これは放送の電波を利用して自動で時刻合わせします。


私が興味があるのは、むしろ電波「ウォッチ」、腕時計の方です。


■ 電波(腕)時計はまだあまり普及していない?

腕時計は元々、趣味性やファッション性、ステータス性?のある商品です。
ですから、この数年話題になるのは、むしろ機械式の時計の方が多く、
電波時計はあまり話題になりません。また、腕時計しない人も増えましたし・・・。

私も機械式には興味があるものの(デザインを見てると楽しいですし)、
実用性を取り、現在は電波ソーラー時計を使用しています。

電波で時刻合わせを行う腕時計は、以前に比べるとだいぶ製品数が増えて
きました。当初はフルメタル(全体が金属製)のケースの製品が作りにくかった
ようですが、現在はそんなことはありません。



私が電波時計にした理由は・・・「数秒のずれも許せないから」ということでは
なく、せっかく技術が進んでいるのに、「時刻合わせ」するのが嫌だからです。
実際、電波時計にしてからは時計のずれを気にしなくなり、多少気が楽です。

そして、当初は、アナログタイプの電波時計を使用していましたが、現在は
デジタルを使用しています。


私が使っているものはすでに絶版になってしまっているのですが、
↓これと似たタイプ(同じケースの文字盤違い)です。
―――――――――――――――――――――――――――――――
CASIO (カシオ) 腕時計 i-RANGE アイレンジ <br>
タフソーラー 電波時計 IRW-100DJ-7AJFCASIO (カシオ) 腕時計 i-RANGE アイレンジ タフソーラー 電波時計 IRW-100DJ-7AJF
販売元:i-RANGE
おすすめ度:4.5
クチコミを見る



―――――――――――――――――――――――――――――――
私が使っているのは「IRW-101」という、もう少し文字が小さく、反転液晶の
文字盤が黒いタイプです。(ちょっと見づらいですが、ややお洒落?)


アナログ時計も好きなので悩むところですが、デジタルに変えたのは、タイマー
やストップウォッチが使いやすいからという、ごくごく実用的な理由からです。
(アナログの「クロノグラフ」よりもデジタルの方が見やすいと感じます)

これは、特に外でブログや原稿書きをするときに重宝しています。単品の
「タイマー」やパソコンのタイマー用ソフトウェアを使う方法もあるのですが・・・
腕時計の方が気軽でいいですね。


ところで・・・、

腕時計をしない(携帯を腕時計代わりにする)という選択肢もありますし、
最近そういう人が結構多いです。私がそれをやらない理由は・・・、
「腕時計の方が素早く確認できる」という理由が1つ。もう1つは携帯だと
「さりげなく見る」のが難しいからです。会議の時などは特にそうですね。

(その辺の話は、以前こちら↓にも書きました)
いまでも「腕時計が必要」だと思う理由:時間管理術研究所


■ 「電波+ソーラー+デジタル+ビジネスシーン向け」は絶滅の危機?

残念なのは、電波(+ソーラー)タイプの腕時計が増える中、デジタルの
製品があまりないことです。もう少し、ビジネスシーン向きの製品が増えて
くれるとうれしいのですが・・・。

  「あえてビジネスシーンにG-SHOCK」という選択肢も渋いと思いますが、
  個人的には(厚みがあるので)袖に引っかかる感じがして苦手です。


というわけで、ビジネスシーンでの「電波デジタル」愛用者が増えてほしい
と思う、今日この頃です。私は1年くらい使用してきて結構気に入っています。

 □ 時刻合わせの手間がいらない
 □ 「この時計、ちょっと進んでたっけ?」とか気にしなくていい

という電波時計のメリットは忙しい人にも向いていますし、ストップウォッチ
(カウントアップタイマーとして使用)があると便利ですよ。

・・・興味のある方はお試しを。



今日の記事作成時間は55分でした。

では、また明日!


このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーをはてなにブックマーク
Posted by 水口和彦 at 23:55│Comments(4)TrackBack(1)

時間管理術研究所の無料メールマガジンで
モチベーションアップしてみませんか?
メールアドレスを入力すれば登録できます! → 
バックナンバーはこちら
Copyright (c) 2005-2014 BizARK Inc. All rights reserved.
この記事へのトラックバックURL
(参照リンクの無いトラックバックは受け付けておりません)
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/k_minakuchi/51853982
この記事へのトラックバック
先日リンクを張らせていただいている≪時間管理術研究所≫の記事にコメントしているときに感じた疑問がありました。 私がコメントした記事??.
時計を5分先に進める理由【人生を変える「気づき」ノート】at 2009年02月10日 00:00
この記事へのコメント
こんにちは、Okamuraです。いつも楽しく拝見しています。

電波腕時計いいですね。私の時計は電池じゃないので、数日間付けていないとすぐに止まってしまいます。止まると日付から調整しなければならず面倒くさいので、なるべく付けるようにしています。

私は習慣的にいつも5分先の時刻に設定しているので、電波時計に「プラス5分先に進める」機能なんてのがあれば即買いなんですけども(笑)
さすがにそんな機能ありませんよね。
Posted by Okamura Shuichi at 2009年02月06日 08:00
初めまして。
水口さんの手帳術を今年から始めました。
とても好調です。

腕時計ですが同じくソーラー電波のデジタルを愛用しています。理由も同じで実用性が高いことです。

http://www.kk-ozaki.co.jp/cgi-bin/showDetail.cgi?standard=MHS1-302&section=qq&c=watch

Posted by paddyleaf at 2009年02月06日 22:38
はじめまして。数週間前ぐらいから拝見しています。

電波時計ですが... 【自動で時刻をあわせる】機能の故と言っては何ですが、ムーブメントの精度がむしろ悪くなってきているようですね。
たぶんそう感じている方も少なくないようで、いくつかのブログでそういった感想を見かけることがあります。機械としての時計としてはむしろ退行しているとも言える気がします。
Posted by 宏 at 2009年02月08日 02:35
水口です。
皆様コメントありがとうございます!

宏さんのコメントにある「ムーブメントの精度」についての話は、
私も少し耳にしたことがあります。

実用上は問題ないのでしょうが・・・、
アナログ時計は「機械」としての魅力というか、
趣味性というか、そういうものも大事な商品ですから、
さらに魅力のあるものを作ってほしいですね。

(私は実用性重視の選択をしていますが、元々「メカ好き」ですし、
 そういう趣味性を大事にする感覚はすごく分かります)
Posted by 水口和彦 at 2009年02月17日 17:15
 

※ スパムコメントがあまりに多いため「http://」は使用不可の設定にしています。
  URLをご紹介頂く場合は「http://」を省くか全角文字を使用して頂けますと
  幸いです。