2009年03月21日     このエントリーをはてなにブックマークこのエントリーを含むはてなブックマーク

業界(や会社)によって、「時間の感性」は違う?


こんにちは。水口です。
今日は「第一印象を良くするには?」という話から・・・。


■ ビジネスシーンで第一印象を良くするために気をつける事ランキング

こんな記事(アンケート)がありました↓



「gooランキング」に「ビジネスシーンで第一印象を良くするために気をつける事」
というアンケートがありました。


正確に言うと、これは「自分自身が気をつけていること」のランキングなので、
「実際に人がどう見ているか」という話ではありません。

私が「人に感じる第一印象」という面では、「笑顔」や「声のトーン」を含めた
しゃべり方のウエイトが結構上がってくるような気がします。もちろん、身だし
なみ関連も印象を左右しますね。


「第一印象じゃなく、中身で勝負だ」と思う方もおられるかもしれませんが、
「中身で勝負」できるほど長くお付き合いできるかどうかは、第一印象の影響
も受けます。ですから、おろそかにすべきではないと思います。
(独立すると特に。私も私なりに気をつけています)



さて、なぜこの話題を取り上げたかというと、

  「時間を守る」

が2位に入っているからなんですが、確かにしょっぱなから「時間を守らない」
というのは印象が悪い・・・というか、「信用して大丈夫かな?」と思うところも
あると思います。

私も電車が遅れたりして、打ち合わせ等に遅れてしまったことがありますが、
やはり冷や汗ものです。できれば避けたいものです。


■ 組織や業界によって「時間の感性」は違う?

個人的な経験談としては・・・、どちらかというと、出版関係の方、特に雑誌
関係の方は、やや時間にルーズな傾向があるような気がします。時間通りに
来訪されないことも結構あります・・・。

割とよくあることなのでこちらもあまり気にしませんが (自分の仕事をしながら
待っているので、時間のムダにはなりませんし)、訪問相手によっては怒られたり
するのでは・・・? と変な心配をしてしまいます。

そんなふうに、業界によって時間に対する意識は違うように思います。


また、組織(会社)によっても時間の意識は違います。

会議などを見れば分かりますが、開始時刻や終了時刻を守るか(守ろうとする
か)という観点で、組織による違いがあります (同じ会社でも部署が違えば
違うこともありますね)。

これは習慣的なものなので、徐々に変わっていくこともあります。会議などが
いつも(時間的に)ルーズだった部署に、時間に厳しい管理職や役員が1人
来ただけでも、それをきっかけに変わっていくことがありました。


もちろん、管理職だけでなく、すべての人の一人ひとりが影響しているわけで、
誰かが言い出すこと、誰かが行動することが大事だと思います。

(こちらもご参考になれば↓:過去記事です)
あなたの職場では・・・ 会議の開始・終了時刻は守られていますか?



話がちょっとそれましたが、業界や組織で「時間意識」が違うということは、
自分の職場ではOKなことも、他の会社では「?」だったり「NG」だったり
することもあるわけで・・・、 これは考えてみれば怖い話です。

たとえば、「時間通りならOK」という見方もあれば、「5分前、10分前には
来るべきだ」と考えている方(会社)もあるかもしれないわけです。

そういう意味では、自分の「常識」で判断しない方がいいということです。
(相手に合わせるのが理想です)

※ 逆に、「時間より前に来ないでよ」という人も実際にいたりしますし、
   なかなか悩み深いものですありますが・・・。こちら↓もご参考に。
   「訪問時間」はどっちがいい? (アンケートです)



こうひとくくりにしてしまうと何ですが・・・ (すみません)、

どちらかというと、いわゆる「IT」系の会社の方は、時間にややルーズな印象が
あります。しかし、IT系の会社は、色々な業界とおつき合いがあるわけで・・・、
取引先と会う際には、意識的に時間にシビアになった方がいいのではないか
と思います。(人や会社によって違いますから、ひとくくりにはできませんが)


私自身気をつけたいと思うのは、訪問時間は、人によっては実用的な意味以上
のものがあるということです。(「時間に間に合えばOK」ではなく、早く着くことが
相手に対する敬意や誠意の表れとも見られる)。これは意識しておく必要がある
と思います。

場合によっては、仕事の連絡や相談の大半が電子メールで、実際に会う機会
が少ない相手もいるわけです。その少ない機会の印象は重要ですよね。

よく知っている人や会社は別として、新しく会う相手に対しては、
(あらためて)意識してみてはいかがでしょうか。

私も色々な業界や会社の方と会うことが増えてきましたので、
自戒の意味も込めて・・・そう思います。



今日の記事作成時間は43分でした。
では、また明日!


このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーをはてなにブックマーク
Posted by 水口和彦 at 23:55│Comments(0)TrackBack(0)

時間管理術研究所の無料メールマガジンで
モチベーションアップしてみませんか?
メールアドレスを入力すれば登録できます! → 
バックナンバーはこちら
Copyright (c) 2005-2014 BizARK Inc. All rights reserved.
この記事へのトラックバックURL
(参照リンクの無いトラックバックは受け付けておりません)
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/k_minakuchi/51892265
 

※ スパムコメントがあまりに多いため「http://」は使用不可の設定にしています。
  URLをご紹介頂く場合は「http://」を省くか全角文字を使用して頂けますと
  幸いです。