2009年03月25日     このエントリーをはてなにブックマークこのエントリーを含むはてなブックマーク

正しい「なぜなぜ分析」と、だましの「なぜなぜ」:(と「要因と原因」の違い)


こんにちは。水口です。
今日は「なぜなぜ」の話です。
(その関連で「要因と原因」の違いの話もあります)


■ 「なぜなぜ分析(なぜなぜ解析)」をご存じでしょうか?

『なぜなぜ分析』または『なぜなぜ解析』と呼ばれている、問題解決手法
(問題発見手法)があるのをご存じでしょうか?「なぜを5回くりかえす」と
言われる方法です。

※ 『なぜなぜ分析』という呼び方の方が、使われる頻度が高いようなので、
   以下、「なぜなぜ分析」で統一します。


私は前職の最後に「品質保証」という部門で仕事をしていたこともあって、
この「なぜなぜ」は実践してきました。実は、結構苦労したのですが・・・(涙)、
そのおかげで、「なぜなぜ」の「ツボ」は押さえているつもりです。

(一昨昨年にも、このブログで少し触れたことがあります↓)
「なぜなぜ分析」 の難しさ・・・について


■ 「なぜなぜ」は誤解されている?

この「なぜなぜ分析」または「なぜを5回くり返す」という言葉、最近耳にする
ことが少し増えてきたかな・・・という感じがあるのですが、どうも正しく紹介
されていない例が多くて、ちょっと気になっています。


ちょっと乱暴というか何というか・・・、 

  「なぜ○○になったか?」→(△△だから)→「なぜ△△になったか?」
  →(□□だから)→「なぜ□□になったか?」→ ・ ・ ・

と、とにかく「なぜ」をくり返せばいいという説明が目立ちます。
(「非技術系」コンサルタントの方が、よくこういう説明をしています)


取引先から、そして社内から、これ関連でバシバシと突っ込まれてきた経験
からすると、そんな安直な「なぜなぜ」は受け入れがたいものがありますし、
それでは決して真因(真の原因)にたどり着けないことは保証できます。

というように、「なぜなぜ」についての正しい知識が不足している・・・という
状況があり、あらためて危機感を感じています。結局、一時の流行り言葉
として流されてしまい、実際に活用されないのではもったいなさすぎます。
(実際はとても有効な手法なのに)


■ 「だましのなぜなぜ」の例

「なぜなぜ」の失敗例はいろいろあります。上記の(一昨昨年の)記事で例と
してあげた、「社長が悪い!なぜなぜ」もその1つです。

それ以外には、「一直線なぜなぜ」も要注意です。
(上記のとにかく「なぜ」をくり返すという説明もそれです)


「一直線なぜなぜ」というのは、私がつけた名前ですが、

  起こった現象
     ↓(なぜ?)
  その原因
     ↓(なぜ?)
  さらにその原因
     ↓(なぜ?)
  さらにさらにその原因
     ↓(なぜ?)
  さらにさらにさらにその原因
     ・
     ・

と、一直線に(枝分かれせずに)進んでいく「なぜなぜ分析」です。


実際には、1つの現象に対して考えられる要因は1つであることの方が
珍しいですから、それぞれ複数の要因に枝分かれしていくのが普通です。
(ですから、枝分かれの数は最終的にかなり多くなります)

実は、その「要因」を検証していって、真の「原因」を』見つけ出すという点が
「なぜなぜ」の重要なポイントの1つなんです 
(これはクリティカルシンキング能力が問われる、なかなか難しい部分です)


そんなふうに、実際には枝分かれなしで一直線に「なぜ」が進むようなことは
まずあり得ません。逆に言えば、「一直線なぜなぜ」は最初から結論ありきの
「決めつけ」にすぎませんし、本来の「なぜなぜ」の主旨とは正反対のものです。
(「なぜなぜ」を行う目的の一つは「思い込みを排する」ことだからです)

―――――――――――――――――――――――――――――――――
【2011/5/2 補足】
 「一直線のなぜなぜ」がすべて悪いというわけではなく、一段階ずつ、
 確実に証拠を見つけ、原因を突き止めた分析であれば問題ありません。
 (それが「なぜなぜ分析」の理想でもあります)

 ここで問題にしているのは机上の考えで要因を並べただけの分析です。
 「結論ありき」で分析された場合、このような「一直線なぜなぜ」が
 生まれる傾向がありますが、もちろんこれは本来の「なぜなぜ分析」
 の主旨とはまったく異なります。これが以下の「だましのなぜなぜ」
 です。

 以下の「一直線なぜなぜ」は「結論ありきのなぜなぜ」という意味
 だと考えて頂ければ幸いです。
 (初出時の原文は、記録を残す意味で改変せず残しておきます)
―――――――――――――――――――――――――――――――――

本当は「決めつけ」なのに、「分析」した風に装っているので余計たちが悪いと
いうか・・・、こういうなぜなぜは一種の「だまし」と言ってもいいと思います。
「一直線なぜなぜ」=「だましのなぜなぜ」と言っていいと思います。

こんな「だましのなぜなぜ」が横行するのは見てられないですから、ちゃんと
「なぜなぜ分析を仕事に活用する」ためのノウハウをまとめて公開したいと
いう気がする今日この頃なのですが・・・。
(今も少しまとめかけていますが、これは時間がかかりそうです)

それはそれとして(あまり期待しないでください・・・)、
「だましのなぜなぜ」には、だまされないように気をつけて下さい。


■ 「要因と原因の違い」

以下、上の「」のところについての解説です。


※ 因果関係として考えられるものが「要因」。その中で、因果関係が
   はっきり立証されたものが「原因」と考えてください。(さらに※)

※ 「原因」と「要因」の使い分けには諸説ありまして・・・、
   国語辞典に載っている「要因」と、技術屋の世界で使われる
   「要因」の意味は違うことがあります。

   要因=原因の主要なもの・・・と書いている辞書もあるようで、ネット
   で検索するとそういう答が目立つのですが、この解釈を技術屋、特に
   製造業のエンジニア相手に使うと、恥をかくのは必至です・・・。

   私がたたき込まれた「原因」はこれと同じです↓
    ―――――――――――――――――――――――――――――
    要因 (Factor) とは、特性に影響する(と思われる)管理事項をいう。
    原因(Cause)とは、トラブルなど特定の結果に関与した要因をいう。
    ―――――――――――――――――――――――――――――
   こちらの↑解説が技術屋の世界で使われている要因と原因の違いです。
   ちなみに、この文章はWikipediaの「特性要因図」の項にありました。
   やるな・・・Wikipedia。

   別の言い方をすると、
    ―――――――――――――――――――――――――――――
    「要因」=ある事象に影響する(ある事象を起こし得る)もの (=推定)
    「原因」=今回その事象を起こしたもの (=事実)
    ―――――――――――――――――――――――――――――
   となります(これは私が今書いたものです)。

   要因=factor、原因=Cause という言葉の訳ならば、こちらの解釈
   (Wikipedia&私の解釈)の方が正しいことになります。すると国語辞典に
   も載っている「要因=主要な原因」という解釈は間違いになります。

   意味が2つあるんだろうか・・・? 不思議な現象です。


先の「なぜなぜ」で言うと、枝分かれするのは「要因」が色々出てくるからです。
その中から、問題を起こした「原因」を見つけるステップが重要なんです。
(ですから、最初から「一直線=要因が一系列しかない」では話になりません)



今日の記事作成時間は65分でした。
さらっと書くつもりが、「要因と原因」で時間がかかりました・・・(汗)

では、また明日!


このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーをはてなにブックマーク
Posted by 水口和彦 at 23:55│Comments(19)TrackBack(0)

時間管理術研究所の無料メールマガジンで
モチベーションアップしてみませんか?
メールアドレスを入力すれば登録できます! → 
バックナンバーはこちら
Copyright (c) 2005-2014 BizARK Inc. All rights reserved.
この記事へのトラックバックURL
(参照リンクの無いトラックバックは受け付けておりません)
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/k_minakuchi/51894530
この記事へのコメント
私も水口さんの解釈(解説)と同意見です。
要因とは、引き金になったであろう(なったかもしれない)事柄。原因は確実な物ですよね。
「これは要因だっかかもしれないけど‥でも、原因はこれだよ」なんて使い方をしたりするのですが・・・間違っていますでしょうか(^^;?
Posted by 大熊ねこ at 2009年03月27日 01:01
水口です。
大熊ねこさん、ありがとうございます。

『「これは要因だっかかもしれないけど‥でも、原因はこれだよ」なんて使い方を
 したりするのですが・・・間違っていますでしょうか(^^;? 』

間違ってないですよね。

「正しい知識の普及のためにも」と思って、次の記事も書いてみました。

今後、このことを検索する方がおられた場合に、ヒットしてくれると良いのですが・・・
と思って、確認してみました。Googleで1ページ目には表示されているようなので、
なにがしかの役に立つことを期待します。

Posted by 水口和彦 at 2009年03月27日 18:14
文系なめんな
Posted by 鰻 at 2009年12月29日 10:19
水口です。
鰻さん、こんにちは。

別に文系をなめてるわけではありませんよ。
私自身「文系にはかなわない」と思っているところもありますし。

ただ、ごく一部に困った人がいるという話です。

たとえば「トヨタ生産方式」についても、実態を知らないのに
「なぜを5回くり返す」とかの言葉だけが一人歩きしている(させている?)
という状況はあると感じています。
Posted by 水口和彦 at 2009年12月30日 19:44
水口さんの仰る通り要因と原因の違いは同感ですが、トヨタの「一殺主義」は知らない様ですね。
私も要因は幾つも有り、見方に依っては原因が複数になる事は経験しています。
しかし、5ゲン主義で調べれば其の中から原因が見つかります。
言い換えれば、なぜ1の段階から要因は幾つも出て来ますが、その中から1つの原因を探す事が重要です。
此れをなぜ5迄追及する方法がトヨタ式です。
貴方の一直線は途中で曲がる事を言って居るのではないでしょうか?
最近は迷惑メールが多いのでアドレスは記載しない事をご容赦下さい。 
Posted by NAZEKA18 at 2010年12月15日 14:41
水口です。
NAZEKA18さん、コメントありがとうございます。
(アドレス記載は無くても構いません。お気になさらないでください)


『一殺主義』という言葉は初耳でした。ありがとうございます。
『真因は1つ』といった言い方と、ほぼ同じ意味ということでしょうか・・・?

それでしたら・・・

「要因」を洗い出す(枝が増える)
       ↓
その中にある「原因」を見つけ出す(枝を絞り込む)

という考え方は基本的に同じかと思います。


確かに、うまく一階層ごとに「複数の要因系→ 一つの原因系」と絞り込めれば理想ですが
(この場合、一本のラインで完成します)、

要因系をさかのぼり、メカニズムが明らかになって初めて「これは原因ではない」と
分かることもあるので、枝分かれした後に真因でないものが消えて、最終的に一本の
原因系が残る。私はそういう「なぜなぜ」を多く経験していて、本文もそういう
イメージで書いておりました・・・。


最終的に「原因」の枝が一本に絞り込まれるところは同じですし、「一直線」が悪いわけ
ではないのに、本文の表現は誤解を招きやすかったかもしれません。




本文で触れた『一直線なぜなぜ』は、そういうレベルとは違う、もっと低レベルな話でした。

各階層において「原因はこれ」と決め打ちするようなやり方。最初から結論ありきで、
形だけ「なぜなぜ」風にしたものをイメージして書いていたんです。

実際、ある経済評論家が、そういういいかげんなものを「なぜなぜ分析」と称して
あるメディアで紹介した事例がありまして、それに憤って・・・指摘したわけです。

本文は、ちょっと誤解を招きやすい表現かもしれませんね(・・・すみません)。
Posted by 水口和彦 at 2010年12月15日 17:50
早速の回答有難うございました。
回答の内容から『一直線なぜなぜ』について私の解釈は、先に原因を考えて其の原因に合う様に要因を繋げる方法でしたら、昔々に私も未熟な時にやった事が有ります。(よくやりました!!)

市販されている書籍の中に次の様な分析が有ります。
現象:うねった道を走ると自動車の後ろで「コツコツ」「カタカタ」音がする
なぜ 檻閏崙發諒が当たって音がする
なぜ 檻下岾阿諒が当たって音がする
なぜ◆ΑΑΑΔ搬海ものです。
車内のものは結果的に問題無しと成っていました。しかし、なぜ,納崙發諒が当たって音がしたなら、必ず其の音源が有る筈ですが問題無いのは何故でしょうか?
(車内では音がしないと考えます⇒,房莨紊欧討魯瀬瓩任后
私には理解出来ませんが、水口さんの考えは如何でしょうか?
この書籍の内容は机上の空論的なものと思います。
此れが「なぜなぜ分析」と考えている方が居ると思うと本当に残念です。
Posted by NAZEKA18 at 2010年12月17日 19:14
水口です。
NAZEKA18さん、ありがとうございます。
その書籍の件、初耳でした。

「車内の物が当たって音がする」のが「問題無し」となる判断は、私も理解できません・・・

車内に音源になっているものがあるなら、それがさらに大きなトラブルにつながる可能性
もありますし、「何か異音がする」ことそのものが、自動車の品質上のクレームになる
ことだってありますし・・・

百歩ゆずって考えて・・・
何か車内に積んだ荷物が音を立てていたことが分かり、結果として「問題無し」となる
ケースも考えられますが、それならそれで、「荷物を降ろせば異音がしない」という
検証が必要になりますよね。

ですから、私もこの例は「机上の空論」だと思います。
何だか「とりあえず適当に例を作ってみた」という雰囲気ですね。

「なぜなぜ分析」は、実際にやってる人は多いはずなのですが、本当に参考になる情報は
(ネットも含め)なかなか表に出てきてないという印象がありますね。
別に「門外不出」というわけでもないと思うのですが・・・
Posted by 水口 和彦 at 2010年12月18日 01:11
昨日、書き忘れました。
「うねった道を走ると自動車の・・・」この事例にはダメ出しの内容が幾つも有ります。
1つ目は現象(事象)が2つ有る事です。
2つ目は、なぜ,傍載された内容は状況説明です。(音がすると言いながら判定OKになる筈は無い)
3つ目は原因と結果の因果関係が分らない。
油が劣化するとOリングが劣化すると記載されているが、Oリングの劣化は油の影響とは限らないと思うが・・・
4つ目は・・・(未だ有る)

ダメな「なぜなぜ分析」の代表です。
Posted by NAZEKA18 at 2010年12月18日 08:41
NAZEKA18です。
私が取上げた書籍は「・・・徹底活用術」です。
110頁に記載されています。
なぜなぜ分析では最も著名でダメなものです。

何度も言いますが、分岐が多いのは調べ方や検証が不足しています。
私は社内講義では「踊る大捜査線に学べ」と言っています。 現場を確認しないで原因が判る訳が無い! 事件の近くに居たと言っても全て犯人では無いのです。 そんな事をするから冤罪事件が多くなるのです。
問題を冤罪の積み重ねで進めるのは無駄な労力を使うだけです。
多くの要因の中から1つの原因を見つける事が最も効率的に解決を導きます。
時間も金も有る人は分岐を沢山作って下さい。

乾いた雑巾を絞るトヨタでは通用しない方法です。
「なぜを5回繰返す」と言う考え方の根底には問題の種(1つ)が有るから問題が育つので種さえ無ければ環境が良くても問題は発生しないのです。
私の考えに異見が有れば教えて下さい。
(私は知恵袋でもnazeda110で回答していました)
Posted by NAZEKA18 at 2010年12月23日 08:41
NAZEKA18(なぜか一か八か)です。
申し訳有りません。
同じコメントを送ってしまいました。
お手数ですが後のものを削除して下さい。
Posted by NAZEKA18 at 2010年12月24日 14:06
水口です。
NAZEKA18さん、コメントありがとうございます。
(二重になった件は、削除しておきましたので大丈夫です)

そもそも・・・「なぜなぜ分析」に関する書籍って、かなり少ないですよね。
私も以前探したのですが(書籍名に「なぜなぜ」が含まれているものを検索しました)、
すべてにおいて「しっくりくる」書籍は無かったと記憶しています。
(いい書籍があったら、ぜひ教えてください!)

「現場を見なきゃダメ」という基本は、私もまったく同意見です。

私の場合、現場の責任者の分析をチェックしたり、一緒に考えたりすることが
多かったのですが、実際に現場に行ってじっくり見てみると・・・
最初にあげられた要因(←思い込みっぽい要因)以外にも、新たに要因が
見つかることも多々ありました・・・。

思い込みは怖いですから、第三者の視点も入れた方がいいですし、もちろん何より
現場を徹底して見ることが重要ですね。


そうやって
・要因系を洗い出し(その結果、枝が増える)
・事実に基づいて検証する(その結果、枝が減る)
・最終的に一つの真因が残る(→ 対策へ)

というのが、なぜなぜ分析を進めていく、私のイメージです。
基本的にNAZEKA18さんと同じだと思うのですが、どうでしょうか?
Posted by 水口和彦 at 2010年12月24日 18:22
基本的には同じだと思います。
私が大野耐一のトヨタ生産方式から出した答えは、なぜ1から要因を幾つも出して最終的に「この要因は問題が無かった」とする場合と、なぜ1から徹底的な調査と検証で原因を掴む事と、どちらが労力が少ないかと言えば、最初から原因を掴む方が良いのではないでしょうか?
トヨタの教えは細かな説明は無いので自分で考えるしか有りませんが、問題事象→なぜ1の原因→なぜ2の原因と言う様に原因を追究する事と理解しています。(要因を追及する事ではない)
それから第三者の視点を入れる場合は肩書き等で本筋を乱さない人を選ばなければ失敗します。
Posted by NAZEKA18 at 2010年12月25日 21:04
先日のコメントは水口さんの問いに答えをして有りませんでした。ゴメンナサイ!
なぜなぜ分析の書籍を探しました。
「なぜなぜ分析徹底活用術」小倉仁志著は会社がTPMの指導で押付けられ(?)購入した物が有りましたので先日のコメントでダメ出しをしました。 その他には本屋で中身を見たものだけを言いますと『よくわかる「5なぜ」の本』(石川君雄著)は
トヨタ出身の方の様ですが、事例が実例では無いと思われるので内容が分かりません。
又、インターネットHPでは客観説TQM研究所(代表:鵜沼崇郎)の説明は、原因をもの(物)からシステムに遡って追及しています。 これを否定する積もりは有りませんが、もの離れせず真の原因を掴む事が大野耐一さんの考え方だと思います。
ウィキペディアの内容も要因から要因への追及をする方式が記載されていますのでダメです。

水口さんと私の考え方は少し違いが有る様ですが、他の方に比べれば水口さんのが進んで居ます。
今日は12月31日です。良いお年を!〜
Posted by NAZEKA18 at 2010年12月31日 11:43
水口です。
NAZEKA18さん、情報ありがとうございます。

なるほど。なかなか良い情報がないんですね。
・・・というか、なぜなぜを正しく解説するって、かなり難しいように思えますね。

私が本文で書いた例は、「事実に基づかず要因を列挙する」ことを表すつもりは
なかったのですが、(あくまで事実の調査が重要ですから)読みようによっては
そう読めますね。(「客観説TQM研究所」でもそう指摘されていますね)


私が要因を洗い出すことにこだわるのは、私が経験した事例の多くが、問題
(不良品)の発生率が、かなり低かったことと関係してるかもしれません。
(100万回に1回以下しか発生しない問題を多く扱いました)

これまでに数多くの対策が施されている工程をすり抜けて発生する問題は、
思いもよらぬことが原因になっている場合もあり、原因の特定が困難で頭を
抱えることもありました。
そういう問題において、原因を特定するには、現地・現物の調査だけでなく、
(机上検討も含めて)要因を洗い出すことも有効だと感じています。

もちろん、現物と現地の調査が優先するのは言うまでもない話で、現物や
現地を穴が空くほど(笑)、見るのが先ですが。
私はそれを前提として(省略して)、本文を書いてしまったのですが、
そこは良くなかったですねえ・・・。反省点です。


『原因をもの(物)からシステムに遡って追及』することについては、私も
「もの」がまず基本だと思います。
(今回の)問題の原因に対策し→類似工程に横展開し、
その上でシステムにさかのぼるわけですよね。

蛇足ですが、参照先の例はシステムとしての対策に「教育」とありますが、
私はこれはNGだと思います。システムにさかのぼって対策するためには、
「教育」のようなあいまいな対策ではなく、「工程設計時のチェックリストに
盛り込む」ような対策が必要ですよね。
Posted by 水口和彦 at 2010年12月31日 13:33
このページを読んで居る方にもう一度「なぜなぜ分析」の基本に遡って考えて欲しいと思います。
水口さんが仰る通り、対策としての「(作業者)教育」は品質管理において対策が出来ていないと言っているのと同じです。
なぜ1〜5では何を取上げるかと言えば、その原因が発生したら必ず、前の事象が発生するものでなければダメです。
例えば、何か仮定条件が有れば事象が発生すると言う様な要因ではダメです。 原因を特定するには根拠、証拠が必要です。
この事がトヨタ生産方式で大野さんが言っている問題の原因(要因では無い)の原因と「なぜを繰返す」方法が「なぜ」の基本と考えられるからです。
(以前、コメントした内容に間違いがありました「乾いたタオルを絞るトヨタでは・・」とすべき所です)
コメントを見ている方やトヨタさんにお詫びします
Posted by NAZEKA18 at 2011年01月10日 16:07
私がコメントを書き込んで以降の追加は無い様ですが、このページの題目(だましの「なぜなぜ」には納得していません。
一般的に「なぜなぜ分析」と言っているものは多くの要因を挙げていますが、此れが問題(間違い)です。
私が実際に問題の原因を追究した経験から言えば、は問題に対する真の原因は1つの場合が殆どだと言う事です。
(要因が沢山有り問題も有る事は知っています)
一般的な考えが間違っていると言う事を皆さんに知って頂く為にHPを立ち上げたので、詳しくはHPを見て下さい。
Posted by NAZEKA18 at 2011年05月01日 15:24
水口です。
NAZEKA18さん、コメントありがとうございます。
HPの開設、素晴らしいと思います。

この本文の表現に誤解を招きやすい部分があることは、前にコメントした通りですが、
本文の内容には反映させていませんでしたので、本文中にも追記しておきました。
(記録を残す意味合いもありますので、本文自体は改変せずに残しておきます)


私は、なぜなぜの枝分かれと収束は「仮説と検証」の過程だと考えています。
なかなか原因がつかめない場合には、複数の仮説を立ててから、もう一度現地現物を見てみる。
そうやって、原因系を見つけられるケースもありました。
ですから、必ずしも「要因が枝分かれしてはいけない」とは考えていません。

人間である以上、現地現物を見て原因を探すときに先入観をまったく無くすことは不可能です。
ですから、「仮説」としての要因を洗い出した上で、再度、現地現物を見るという
アプローチも有効だと感じています。
(そのおかげで原因が見つかったこともあります)

もちろん、要因出しにばっかり精を出して、現地現物を見るのがおろそかになってしまう
ようではダメですよね。そこは私も同じように考えています。
Posted by 水口 和彦 at 2011年05月02日 01:11
なぜなぜは、病院厨房でも適格な指導方法ですか?
ちょっと、病んできてます
Posted by ちぃ at 2015年07月12日 22:08
 

※ スパムコメントがあまりに多いため「http://」は使用不可の設定にしています。
  URLをご紹介頂く場合は「http://」を省くか全角文字を使用して頂けますと
  幸いです。