2009年03月26日     このエントリーをはてなにブックマークこのエントリーを含むはてなブックマーク

「要因と原因の意味の違い」 「要因と原因の使い分け」について


こんにちは。水口です。

今日は昨日の記事で取り上げた「要因」と「原因」の違いについて、
しつこいですが(すみません・・・) もう少し書いておきます。


■ 「要因と原因の意味の違い」 「要因と原因の使い分け」

昨日の話の中で、「要因」と「原因」という言葉について、国語辞典に載っている
解釈が間違っている(としか思えない)という話をしました。これは結構珍しいこと
だと思います。


ちなみに、気づいたのはこういう経緯です。
――――――――――――――――――――――――――――――――
昨日の「なぜなぜ分析」の話を書く中で、

  まず、「要因」をすべて洗い出して、
  その中から真の「原因」を見つけ出すのが
  本当の「なぜなぜ分析」である

という話を書こうと思ったわけですが、そこでこの「要因と原因の使い分け」を
分かってもらえるかどうか疑問に思いました。(分かる人は分かるけど、知らない
人も多いかも? と思ったわけです)


気になって、ネットでちょっと調べてみました。

「要因 原因 違い」などの言葉が含まれているページを検索してみると、
「教えて!goo」や「Yahoo!知恵袋」などの質問サイトや、他には個人ブログ
などがヒットしました。
――――――――――――――――――――――――――――――――

「なるほど、この使い分けに悩む人も結構いるのか・・・」 と思ったのですが、
その回答の方も見てみると・・・目が点になってしまいました。


■ 「要因」と「原因」の正しい(一般的な)使い分け

ちなみに普通は、
 ――――――――――――――――――――――――――――――
 「要因」=ある事象に影響する(ある事象を起こし得る)もの (数が多い)
 「原因」=今回の事象を起こしたもの  (要因の中のある一系列に限定)
 ――――――――――――――――――――――――――――――

という解釈を用います。


  変な例えですが、こう言うと↓ 分かりやすいかもしれません。
 ――――――――――――――――――――――――――――――
   推理小説などの犯人捜しで言うと、

   「動機」を持っている容疑者はたくさん出てきます。
   「要因」もこれと同じように色々あります。

   しかし、実際に「犯行」を犯した人は1人(または1グループ)です。
   「原因」がこれに相当します。基本的に1つ(一系列)です。
 ――――――――――――――――――――――――――――――


私は仕事の中でもよく使っていましたし、社内だけでなく、複数の会社とそう
いう話をしてきました。この解釈が一般的だというのは間違いないと思います。

たとえば、特定の設備トラブルや不良品発生などの「なぜなぜ分析」を行うと、
要因はたくさん出てくるのが普通。しかし、「原因」は、必ず一つ(一系列)です。
(某「名探偵」が言う、「真実はいつも一つ」という台詞と同じです)


※ 一方、もっと集団的な現象、たとえば 「なぜ○○の売上が上がらない?」
   といった「なぜなぜ分析」を行う場合は、「1つの原因」には絞り込めません。
   (個々の「原因」は色々あり、その積み重ねが全体の結果を生むので)

   ですから、こういう場合は「原因」という言葉は用いずに、「要因」という言葉
   だけを用いるのが一般的です。


■ 「要因」と「原因」の間違った例

しかし・・・、先ほど述べたように、検索して見つけたページには、

  要因=主要な原因

そう書かれているページが、結構多いのです。
(確かに漢字で書くと、要因 = 主「要」な原「因」と読めますが・・・)


これは「原因」は色々あり、その中の絞り込んだものが「要因」だという説です。
つまり、正しい使い分けとは全く正反対です

※ 正しくは   要因 ⊃ 原因 なのに、
   この説では 要因 ⊂ 原因 と逆の意味になります


この間違いが国語辞典に載っているというのも驚きました・・・。

※ 国語辞典に載っている方が正しいんじゃないの? と思われる方も
   おられるかもしれませんが・・・ 品質管理関係の参考書等を見れば、
   「要因」と「原因」の正しい使い分けは分かります。この用語に関して
   は、そちらの方が国語辞典よりは信憑性は高いと判断すべきでしょう。

   (また、昨日書いた、要因=factor、原因=Causeという訳から判断
    しても同じ結論になります)


 (※ 2012/08/31追記)

  国語辞典が「間違っている」と断定するよりは、
  「複数の解釈がある」と考えるべきかもしれません。
  言葉の意味は使われているうちに変わることもあり、
  正しい・間違いと言い切るのは難しいことですので。
  本文は変更していませんが、そうご理解頂けると
  幸いです。

 (※ 追記部終わり)


■ あらためて「ネットでの調べ物」の怖さを感じる

たとえば、

  「要因と原因という用語をどう使い分けたらいいのか?」

という疑問を持った人がネットを検索し、最初に見た2つ3つのページに、
たまたまこの解釈が載っていたら、それを信じるのではないでしょうか。


これって、結構怖いことだと思います。「ネット上の情報は玉石混淆」だという
ことを分かっている人でも、つい引っかかってしまうかもしれません。

※ 国語辞典でさえ間違っているわけですから、ネット上にそう書いた個人を
   責めるべきではないと思います。そういう主旨ではありません。

   ただ、ネット上では書いている人の「自信のほど」が見えないことも多く、
   誤解が誤解を生むこともあるのが怖いと思うわけです。


もちろん、ネット上の「集合知」には良い面もあり、誤解された情報が数多く
流れているようなら、それを見かねた人が発言し始め、結果的に正しい方向に
情報が収斂していくこともあります。 (ですから、ネット全体に対して悲観的に
見るつもりはありません)

しかし、それは数多くの人が見ていたり、ある程度話題になっていることが前提
であり、あまり見られていないページやマイナーなトピックでは、誤解を生む表記
が放置されていることも考えられます。気をつけないといけないですね・・・。



  また、ネット上でたまにあるのが、複数のページに同じ内容が書かれていて、
  「それなりに信憑性あるのかな?」と思ったら、それらのソース(元ネタ)は
  全部同じ、たった1つのページだったというパターンです。
  (あまり一般的でない事柄を調べていると、たまにあります)

  変な話、根拠の無い噂や誹謗中傷が、こういうパターンで信憑性を帯びて
  くるケースもあるんじゃないでしょうか。


こういう状況を見て、「ネットは信用できない」と決めつけるのも
馬鹿げてますが、安易に信用するのもまずいわけです。

自分なりの選択眼、判断基準を高めることも大事ですね。
あらためて、そう思った一件でした。


 (※ 2012/08/31追記2)

  この記事にはいろいろコメントを頂いておりまして、
  そのやり取りのなかでの記述の方が「要因・原因」の
  違いが分かりやすいとのご意見も頂いております。
  コメント欄もご覧になってみてください。

 (※ 追記部終わり)



今日の記事作成時間は85分でした。

では、また明日!


このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーをはてなにブックマーク
Posted by 水口和彦 at 23:55│Comments(27)TrackBack(0)

時間管理術研究所の無料メールマガジンで
モチベーションアップしてみませんか?
メールアドレスを入力すれば登録できます! → 
バックナンバーはこちら
Copyright (c) 2005-2014 BizARK Inc. All rights reserved.
この記事へのトラックバックURL
(参照リンクの無いトラックバックは受け付けておりません)
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/k_minakuchi/51895680
この記事へのコメント
初めまして。
ずーと愛読させていただいてますが、初めてコメントします。
私も品質管理の端くれをやってまして、ついついコメントしたくなりました。
私もかなりお客様に怒られながらなぜなぜをやりましたので内容に非常に共感を覚えます^^
私も要因と原因については同意見です。(要因=主要因ではないという所)
さらに下記サイトにはかなり詳しく書いてあり、きっと水口様も納得される部分があると思います。
http://www.geocities.jp/takaro_u/
よかったら見てみてください。

それから時間管理の話とても参考にさせていただいてます。
これまからも頑張ってください。
Posted by 無名 at 2009年03月27日 14:08
水口です。
コメントありがとうございます。

おお、品質管理の仕事をされている方がおられましたか、うれしいです。

ご紹介頂いたサイトを拝読してみました。しっかり書かれていますね↓

『要因のうち、影響力が強いため管理しなければならないものを主要因という。
 原因とは、主要因のうち管理されていないためにトラブルを引き起こしたものをいう
 (主要因でも、適正に管理されていれば原因にはならない)』
 (http://www.geocities.jp/takaro_u/std6_select6.html より引用)

まさに、「我が意を得たり」という感じです。
ありがとうございます!
Posted by 水口和彦 at 2009年03月27日 18:20
いや要因の「要」の意味・・・。

Posted by s at 2010年09月07日 07:37
水口です。
sさん、おっしゃりたいことは分かります。

要=「かなめ」という言葉には
「物事の最も大切な部分(明鏡国語辞典)」
という意味があります。
その意味だとすれば、「要=1つのもの」と取れます。
(「要因」の国語辞典にある解釈も、これを元にしたものだと思います)

ただ、「要」の字には、
要素(element)や要点(point,essential)のように、
主要な(だけど1つとは限らない)ものを指す意味もあります。
(これらは英語の訳語として作られた言葉ですかね?)

要因(factor)も後者の意味ではないかというのが、本文の主旨です。
実際に、そういう意味で使われていますし、英訳(要因=factor、原因=Cause)の
意味からもそういう解釈になりますので。
Posted by 水口和彦 at 2010年09月07日 21:48
水口さん。

あなたの主張=国語辞典にかかれている「要因」の定義が間違っている。

主張の根拠1:私がそういう意味で使うから。
主張の根拠2:社内でも複数の会社でもそう意味で使うから。
主張の根拠3:品質管理関係の本で書かれている要因という言葉の意味を、私がそう解釈したから。
主張の根拠4:要因はfactorであるから。

この根拠に妥当性があり、「私が正しく、国語学者が誤っているのだ」と判断されるのであれば、仕方ありません。

「複数の要因」や「一因」という言葉についても考えてみてください。

エラートラップのきかないような人は危険です。誤りは訂正され、フィードバックされることで品質は向上するのです。
Posted by s at 2010年09月10日 07:14
水口です。
sさん、コメントありがとうございます。

頂いた根拠1〜4で「国語学者が間違っている」と断ずるとしたら、
何だか危なっかしい(手前勝手な)人みたいに思えますね。
私の文章がそう思えたなら申し訳ございません。

1〜4の理由で(つまり、主に自分の経験を元にして)
「私が正しく、国語学者が誤っているのだ」と言う度胸なんて私にはありません。

私の判断の(最も大きな)根拠は「factor」と「cause」という言葉の関係です。
この場合、英和辞典で調べても意味がないので、
(それぞれ「要因」と「原因」という言葉になるだけなので)
英英辞典で調べてみると・・・上記の国語辞典の表現とは矛盾することに
お気づきになると思います。

つまり、
国語辞典の編纂者が間違っているのか、
和英辞典の編纂者が間違っているのか、
あるいは英英辞典の編纂者が間違っているか、
そのいずれかであろう。ということになります。

もちろん、国語辞典が正しく、和英辞典や英英辞典が間違っている可能性もゼロとは
いえませんが、私が知っている範囲では、英語の意味に即した使い方をしている
例がほとんどです(国語辞典を根拠に論じている人以外は)。

ですから、英語の意味の方が正しいと見るべきではないですかね。

「国語学者」「国語辞典」は確かに日本語においての権威ですが、
権威が常に正しい、すべてにおいて間違いがない・・・と考えるのも、
それはそれで危険なことだと思います。
Posted by 水口和彦 at 2010年09月10日 11:29
はじめまして!

最近、トレードをしていて、負けが続いてるので
この要因、原因はなんなのか?
改善するためにはどうしたらいいのか?

といろいろと考えてて、ふと使っているけど
意味が今まで曖昧でした^^;

こちらのブログのおかげで、要因と原因の違いが
ハッキリしたのですごく良かったです。

ありがとうございました!お礼まで!
Posted by yann at 2011年01月29日 14:19
はじめまして!
要因と原因の使い分けを調べているうちにこのページにたどり着きました。
水口さんの説では、要因 ⊃ 原因と解釈されていますが、私はやはり要因 ⊂ 原因ではないかなと思っています。
というのも、原因が複数ある場合はどう解釈するんでしょう。
その原因の1つ1つを要因とは言いませんか?
つまり、要因は原因(Cause)のfactorだと言うことです。
例えで、「動機」を持っている容疑者を「要因」と捉え、実際に「犯行」を犯した人1人を「原因」とおっしゃっていますが、この場合の「要因」はあくまで「推定要因」であって、「原因」の「要因」(factor)かどうかはわからない状況だと思うのです。
もし私の解釈が間違っているのであれば、ご指摘いただくと幸いです。
Posted by あずま at 2011年05月19日 12:00
水口です。
あずまさん、コメントありがとうございます。

私が述べている解釈は、

要因 → その事象(問題)を起こし得るもののすべて
原因 → 今回、その事象(問題)を起こしたもの

という感じです。

つまり、原因は(事実として)今回のその事象を起こしたものを指し、
要因は(推定含め)その事象を起こし得るものすべてを指すわけです。

「要因」はたくさんあるかもしれないけど、
「原因」は一つ(あるいは一つの組み合わせ)しかありません。

「要因」は過去にも、あるいは未来にも起こり得るものであるのに対し、
「原因」は過去形として起こった特定の事象に対してしか使わない。
という使い分けと言ってもいいと思います。


「原因」のなかにも、それに至った理由としての「要因」を探すことも
できるかもしれませんが(「犯行」に対する「動機」のようなものとして)、
それはもう一段深い階層の話であり、上記の「要因」と「原因」の使い分け
とは別だという解釈です。

これで、うまく伝わりますでしょうか?
Posted by 水口 和彦 at 2011年05月19日 16:44
初めまして。
「原因」と「要因」の違いを知りたく、ここにたどり着きました。
結果として自分はまだ違いについて納得できておりません。

水口さんの記事と何人かの方のコメントを読んだ感想として、いずれも「解釈」でありどちらが正しいとも言い切れないと感じます。
水口さんがここで書かれたい内容が「一般的にはこう使われている」「言葉の本来の意味はこうである」どちらなのかなと思っています。

前者であれば辞典の記載が間違いとは言えず、かつ一般論としての情報の掲載という意味で有用だと考えます。
但し私が欲しい情報とは異なります。
また記事の冒頭に「〜と思える」と書かれていますが後半に「この間違いが国語辞典に載っている」と断定されていますので、この書き方ですと後者とも受け取れます。
是非、言葉の由来についても教えていただけると、私自身が知りたかった情報なのでとても有難いです。
Posted by がう at 2011年07月08日 11:46
原因と要因で検索していて、たまたまたどり着きました。
google検索では、1番最初に出てくるようですね。

下記のURLでは、
原因(cause)は、結果に対して責任を持つもの
要因(factor)は、手順や過程に対して影響を与えるもの
と書かれていますね。
また、要因(factor)は異なる分野において、それぞれに異なる意味を持つ多義語であるとも書かれています。

ただ私には、一般論というよりは専門分野や、本来の意味といった主張に見えました。
英語圏の人も混同しているのでしょうか。

ご参考まで。
http://www.differencebetween.com/difference-between-cause-and-vs-factor/
Posted by 羽 at 2011年07月20日 01:00
手元の3辞典では以下のように説明されています。広辞苑と明鏡国語辞典は「要因=主要な原因」と言ってます。
新明解国語辞典は「要因=原因となる要素」なので、逆の関係です。水口さんはこちらの解釈ですね。

どちらの解釈もあり得ると考えた方がよさそうです。

# 新明解国語辞典という、ちょっと個性の強い辞典だけが違う解釈というのも気になりますけど。


広辞苑
・物事の成立に必要な因子・原因。主要な原因

明鏡国語辞典
1) ある物事を生じさせた主な原因。「事故の─を探る」
2) ある物事を成立させる主な要素。条件。「安全、利便の二つの─がそろう」

新明解国語辞典
〔「要」も「因」も同義〕因子。

→ちなみに「因子」は以下のように説明されています。

1 ある結果を成り立たせる元になる要素。原因となる要素。ファクター。
2 〔数学で〕 「因数」の改まった言い方。
Posted by CZ3M at 2011年08月30日 12:45
水口です。
CZ3Mさん、コメントありがとうございます。

新明解国語辞典は見ていませんでした。国語辞典の中でも解釈が分かれるというのは
面白い現象ですね。

言葉の意味、解釈は必ずしも絶対的なものとは限らない(世の中での使われ方によって
変わることもある)。そう考えると、白黒つけられないのかもしれませんね。
「どちらの解釈もあり得る」と頭に入れておいた方がよさそうですね。

情報ありがとうございます!
Posted by 水口和彦 at 2011年08月30日 16:50
いざ書きだした「要因と原因」。
あれ?っと思い検索してたどり着きました。

何となく意味は分かって使ってたのですが、
本当に、それでいいのか迷ったんです。

推理小説の例でもありましたが、
本当に、分かりやすい方法で教えて頂きました。

感謝です。

ありがとうございました。

Posted by ホーリー☆ at 2011年09月30日 08:14
非常に参考になりました。
仕事に生かしたいと思います。
有り難うございました。
Posted by 比嘉 at 2012年03月03日 11:58
ここのコメ欄の方が解りやすかったw
水口さん自体頭がいい方なんでしょうけどさ、もう少し解りやすく解説してもらえたら嬉しいよね
Posted by 匿名 at 2012年08月19日 04:00
同じくコメ欄のほうが解り易かった。
しかし自分の経験がどうだか知らんが国語辞典が間違ってるというのはいささか乱暴でないかな。
文脈からは国語辞典の間違いを指摘した上で次の展開に持ち込んでるようにしか見えないけど
Posted by 匿名 at 2012年08月28日 15:25
水口です。
匿名さん、お二人ともありがとうございます。

確かに、自分で見直してみても、コメント欄の方が分かりやすいように思います。
皆さんのおかげですね。本文を書く際には、ここまでは考えがおよびませんでした。
(そこはご容赦ください)

国語辞典に関しては「誤り」と断定するよりは「複数の解釈がある」としておいた方が
良かったかなという気がしています。
(CZ3Mさんのコメントも参考になりました)
本文に注釈を追加しておきます。
Posted by 水口和彦 at 2012年08月31日 18:08
国語辞典は
誰が書いたかで
意味が異なる。

編集・編纂者を晒すべき
Posted by 匿名 at 2013年05月28日 02:24
検索で、トップに出てきました。
参考になりました。
国語辞典に誤り…は、やはり乱暴…自身にかなり自信があるんだなと感じました。
貴様が乱暴な言葉に、適当がいい加減な意味に、日常の会話などで変わっていったように、言葉の意味が変わっていくと言葉おじさんが言っていたのを記憶しているので、よく使われる、浸透している意味が正しくなっていくのではないでしょうか…
ただ、こちらは専門職内での会話や文章のような気がしましたが…
Posted by 匿名 at 2013年06月06日 12:16
水口様始めまして。
意味ブロというブログの管理人です。

辞書にあった「主要な原因」という意味のみ解説し、それが正しいとネット上で解説していました。
大変申し訳ございません。

本日に偶然水口様のこの記事を見まして、
「原因を作り出す要素」という意味も正しいと思い、自分の記事を訂正いたしました。

http://whatimi.blog135.fc2.com/blog-entry-205.html

「主要な原因」も正しいと解説しています。
使われ方が2通りあるためです。

「要因を洗い出す。」
「成功の要因を言う。」

それぞれ要因の意味が違ってきます。

自分なりに調べて自信を持って書いていますが、
100%正解か?と言われると、そこまで自信はないため反応が恐いところでもあります。
ならネット上で掲載するなと言われるのが筋ですが、趣味(自己満足)なので掲載させてください。

使われ方的には間違っていないと思いますので、
参考にしていただければ幸いです。

今後は間違ったことを解説しないよう、留意いたします。
また、深くこのことに気付かせてくれた水口様に感謝いたします。
ありがとうございます。


Posted by 意味ブロ管理人 at 2013年09月07日 18:24
要因、という言葉を唯々諾々と数年前から誰もが使い始めたことに不信感と不愉快さを感じていたので、ここで私が思っていることと全く同じことが語られていることに大いに賛同、いや感動さえ覚えました。
要因=factor、原因=Causeということを統計用語からしても思っていたので、怪しい日本語と思った私として、なんだか安心しました。
言葉のリード役であるべきNHKのアナウンサーでも喋っていたのが余計に癪に障っていた昨今でした。
Posted by moriokas at 2013年09月23日 08:43
「原因」を使う場合は問題事象発生の要素が1つしかない場合。原因が幾つもが合わさってその問題や不具合事象を生じさせている場合には、構成する個々の原因を要因と言い換えて居る。と思います。品質管理上では原因をこの様に同じモノとして扱うと仕事上ハッキリ特定しませんので、「原因」と呼ぶ場合は1つに固定する。「要因」とは要素Factorと決めて、「原因」を重複して使わない住み分けをしているのでしょう。
Posted by togasi.naoki at 2014年07月24日 00:47
要因が原因に含まれると言う発想が間違っている。原因が幾つも存在しその中で主要な原因「要因」となる原因も多数存在するのであり、1つに固定出来るとは限らない!・故に、要因 ⊃ 原因を正しいと言う発想が固定概念が強過ぎるのである。原因を1つに固定しようとする発想が間違っている。仕事上は混同を避ける為に1つに限定する必要性から便宜的に「原因」と呼ぶ場合は主原因を1つに限定し、その他の原因を要因と呼ぶ事にしていると思われる。
Posted by togasi.naoki at 2014年07月29日 14:37
原因と要因の違いを検索してたどりつきました。
なかなか難しいですね。

皆さんの回答を見て思ったのですが、
私は言葉の定義というのは基本的に後付けだと思うので、「原因」と「要因」の辞書上の(誰かが決めた)定義を見るよりは、実際の使われ方の違いを比較する方が正解に近づくと思います。

一例として、「○○の一要因」という言い方はするが「○○の一原因」という言い方はあまりしない(?)とか。
そこに違いがあるのは確かなのでそこを詰めていけば、違いが分かってくるのでは、と思います。

また、用語として使用される場合、言葉の意味が日常会話と少し異なった意味で定義されている場合が多いので、用語と日常会話で使用される場合とは一旦分けて考えた方が良いかと思います。

※日常会話での私の感覚は 要因 ⊃ 原因 です。
Posted by さぶりーな at 2014年09月03日 10:03
「原因」は、原と因が近い意味であり結びつきが強い。(「原」≒「因」、「原因」≒「因」)
一方、「要因」は、漢字自体の意味としては、「要」≠「因」であるし、要が因を修飾しており、因のうちの要のもの、と読むのが自然なように思われる。(本文・コメント既出の国語辞典の解釈が正しいとすればおそらくこれが原意)。
「因のうちの要のもの」が原意であると仮定して、そこから、因子(因を構成する小単位)そのものを意味するようになり、ひいては、因子の候補となるべきもの(未だ因子には至っていないが可能性のあるもの)までをも含むように使われ出したという想像は飛躍しすぎだろうか。
(「要素」という言葉(英語では同じくfactorだろうが)も同様に思われ。「要」という強い修飾があるにもかかわらず、「要素」における「要」のインパクトはいまや小さい)
なお、「原因」が”1つ”とされるのも理解しやすいように思われれる。ある事象の原因は(因子の組み合わせとしては)常に1つだから。(多世界解釈しない限り)
Posted by 1031 at 2015年09月24日 22:07
どちらも完全に1つを指せる言葉ではないんじゃないのかな。

物事は重要と重要ではない部分(最低限必要なものではないという意味)で構成されていて、どちらの言葉もその重要である部分を指すけれど、それ以上は個人の感覚と表現によると

ちなみに事象の原因は常に1つではない。主な原因とそうではないものもある
Posted by 砂部 at 2015年12月16日 05:22
 

※ スパムコメントがあまりに多いため「http://」は使用不可の設定にしています。
  URLをご紹介頂く場合は「http://」を省くか全角文字を使用して頂けますと
  幸いです。