2009年05月08日     このエントリーをはてなにブックマークこのエントリーを含むはてなブックマーク

文具関係: A4方眼レポートパッドまとめ と コーネル大学式ノート


こんにちは。水口です。
今日は文房具系の話です。


■ A4方眼レポートパッド まとめ

最近、A4の方眼(5mm方眼)のレポートパッドをよく使用しています。


昔は同じく5mm方眼のA4リングノートを使用していたこともあります。
(コクヨの「ideamix」というシリーズです)

ですが、ノートに書いても、書いた後は結局切り離してしまうことが多いため
(ですから、片面にしか書かないことが多いです)、それならレポートパッドでも
使い勝手としては変わりません。それで、レポートパッドに切り替えたわけです。


先日、雑誌の取材を受けたときに、そのときに使っていたレポートパッドの品番
等をご質問頂きまして、ちょっと調べたので、その情報をこちらにも展開して
おきます。


たまたま、そのときに使用していたのはこちら↓です。
行きつけの文具売り場にあったので購入しました。
―――――――――――――――――――――――――――――――
etrangerdicostarica BASIS レポートパッドA4 RP-A4-01etrangerdicostarica BASIS レポートパッドA4 RP-A4-01
販売元:etrangerdicostarica
クチコミを見る


―――――――――――――――――――――――――――――――
商品のamazonのリンクになっていますが、こちらから購入すると配送料が
かかってしまうのでご注意を。

他にも、これらの製品があります。
―――――――――――――――――――――――――――――――
コクヨ セクションパッド [UNIFEEL] A4 5mm方眼通し罫 100枚 レ-525 5セットコクヨ セクションパッド [UNIFEEL] A4 5mm方眼通し罫 100枚 レ-525 5セット
販売元:コクヨ
クチコミを見る


―――――――――――――――――――――――――――――――

―――――――――――――――――――――――――――――――
オキナ プロジェクトペーパー A4 5mm方眼 PPA45Sオキナ プロジェクトペーパー A4 5mm方眼 PPA45S
販売元:オキナ
クチコミを見る


―――――――――――――――――――――――――――――――

私は「これ」と決めているわけではなく、このいずれかが店頭にあれば、購入して
いるという感じです。

価格を比較すると、最初に紹介した「etranger di costarica」が最安になります。
この商品は、台紙(下についている厚紙)がやや薄めで柔らかい感じです。この
へんでコストダウンしているのでしょうか?(定価420円:他の2つは525円)。


■ コーネル大学式ノート

文具関係の話題をもう1つ。

以前から少し話題になっている「コーネル大学式」のノートが製品化されていて、
私も試しに使っています。

(こちらのページ↓に商品説明、記入例が載っています)

Gakken Sta:Ful 商品情報 (「コーネルメソッドノート」のページです)


このノート、ノートとしては結構高いですが、普通にノートを取るよりも良いと感じ
ています。「この方法がベスト」とまでは言い切れませんが。


これは、ノートを3分割にして使うという方法です。
(こんな感じです↓:詳しくは上記サイトをご参照ください)

―――――――――――――――――――
        | 
   B    |       A
(キーワード) |     (ノート)
        | 
        | 
        | 
        | 
―――――――――――――――――――
      C (サマリー)
―――――――――――――――――――


個人的には、キーワードを書き出すエリア(Bエリア)は、もっと細くても、あるい
は無くても構わないかな?という気がしています。
(元々、キーワードはアンダーラインしたり、囲ったりすることが多いので)

下にあるサマリーエリアは有効だと思います。そのページに目一杯書き込んで
しまうのではなく、空白を開けておく。後で見直したときにそこに書き込んでいく
という使い方はとても有効だと思います。


・・・ということは、普通のノートを使うときも、下に5〜6行くらい空白を残して
おくといいのかもしれません。それなら、このノートではなく、普通のノートでも
いいということになるわけですが・・・。

(こんな感じ?↓)
―――――――――――――――――

           A
         (ノート)
       
       
       
       
―――――――――――――――――
        C (サマリー)
―――――――――――――――――


「仕事用」というよりも、「勉強用」のノートの取り方という感じですので、現在、
テーマを持って勉強されている方は、参考にしてみてはいかがでしょうか。

ちなみに、私は仕事用のメモは案件ごとに仕分けてしまうので、そういう用途
にはノートは使用していません。現在、1つ資格取得系の勉強をしているものが
あって、それ用に、このノートを使っています。



今日の記事作成時間は40分でした。
では、また明日!


このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーをはてなにブックマーク
Posted by 水口和彦 at 23:55│Comments(2)TrackBack(0)

時間管理術研究所の無料メールマガジンで
モチベーションアップしてみませんか?
メールアドレスを入力すれば登録できます! → 
バックナンバーはこちら
Copyright (c) 2005-2014 BizARK Inc. All rights reserved.
この記事へのトラックバックURL
(参照リンクの無いトラックバックは受け付けておりません)
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/k_minakuchi/51930716
この記事へのコメント
コーネル大学のブックストアには「コーネル式ノート」はありませんでした。存在さえも知ってる人がいませんでした。
Posted by ゆも at 2012年05月06日 02:54
水口です。
ゆもさん、コメントありがとうございます。

この方法はコーネル大学の教授が提唱したのが始まりということであって、
(提唱したのは同大学のWalter Pauk教授、時期は1950年代のようです)
コーネル大学の学生がみんなやってるというわけではないんですね。

情報ありがとうございます。

そういえば、少し前にトリンプが実行していると話題になっていた「がんばるタイム」と
いう制度は、ある会社が実行していた制度を真似たものですが、その(元祖の)会社では
今はその制度は実行していないそうです。
これと似てるような・・・?
Posted by 水口和彦 at 2012年05月20日 12:07
 

※ スパムコメントがあまりに多いため「http://」は使用不可の設定にしています。
  URLをご紹介頂く場合は「http://」を省くか全角文字を使用して頂けますと
  幸いです。