2009年05月24日     このエントリーをはてなにブックマークこのエントリーを含むはてなブックマーク

『時間管理の基本とコツ』という本が出ました (学研から)


こんにちは。水口です。
今日は本の紹介です。


■ 学研から『時間管理の基本とコツ』という本が出ました

学研(学習研究社)というと、学生の頃にお世話になったという方も多いと
思います。

ちなみに私は、小学生の頃に「科学と学習」という、小学生向けの学習雑誌
を読んでいました。特に科学(○年の科学)のシリーズは、実験できる教材が
付いていたりして、理系科目に興味を持つきっかけをもらった気がします。

また、昔「ひみつシリーズ」という学習漫画がありました。「○○のひみつ」と
いうシリーズで、当時(30年以上前の話・・・)とても人気がありました (累計
二千万部以上売れたそうです!)。

私も「昆虫のひみつ」「植物のひみつ」「からだのひみつ」・・・等、10冊以上は
読みました(また、今も新しい「ひみつシリーズ」があるそうです)。

そんな、「学研育ち」の私ですが、今回その学研さんから本が出ました。


(↓こちらの本です)
―――――――――――――――――――――――――――――――
時間管理の基本とコツ (「ビジネスの基本とコツ」シリーズ)時間管理の基本とコツ (「ビジネスの基本とコツ」シリーズ)
著者:水口 和彦
販売元:学習研究社
発売日:2009-05
クチコミを見る


―――――――――――――――――――――――――――――――

「ビジネスの基本とコツ」というシリーズもので、ページ数は薄め(160ページ)、
税込1,155円とお手軽に、仕事の基本を学習できるものになっています。
(2色刷りで、学研らしく?なんとなく参考書っぽい感じの本です)

これはシリーズものの1つで、今までに出たのが「ロジカルシンキング」「話し方」
「整理術」「企画書」「リーダーシップ」「ビジネス敬語」「時間管理」となっています。
(まだ続くと思います)



さて、この本、時間管理の基本について書いています。これから時間管理を始
めようかという方に向いていると思います。そういう方が周りにいたら、読んで
もらってみるのもいいかもしれません。

※ 紹介している手法は私が推奨しているものですので、これまでに出た私の
   本と共通する部分もあります。

   かなり読みやすい感じに仕上がっていると思いますので「これから始める方」
   「復習する方」におすすめします。


全体の構成(章立て)は
――――――――――――――――――――――――――――――――
 □ 1章  時間管理はなぜ必要か
 □ 2章  時間管理のテクニック
 □ 3章  時間管理のツールを活用する
 □ 4章  仕事の計画を立てる
 □ 5章  1日の始め方・過ごし方
 □ 6章  長期的な計画を立てる
――――――――――――――――――――――――――――――――
となっています。各章20〜30ページです。



■ 「時間本」についての一般論

一般論として、「時間の使い方」的な本は、「考え方」だけを述べているもの、
自己啓発的な内容のものなども多く、具体的な計画の立て方(書き方)が
書かれていないものも、かなり多いです。

そういう本を読んで「やる気になる」のも良いことではありますが、具体的な
やり方が変わらなければ、それは結局、一時的な変化にしかならないことも
あります(最悪の場合、「しばらくすれば元通り・・・」です)。


そういう本を何冊か読んで、

  「時間管理なんて、結局あまり役に立たないよね・・・」

なんて思われてしまうと、私としては非常に心外です。そもそも「時間管理」に
ついて、まったく書かれていない「時間本」も多いですから。

※ そういう本がすべてダメなわけではなく「考え方」を知ることも有効です。
   しかし、「時間がない」「仕事に追われる」等の状況の、一番の打開策は
   具体的に仕事の計画(アポイントメントやタスク)を書くことです。
   それをやらずに「時間管理」が役に立つかどうか議論してもねえ・・・。



書店では、あいかわらず? 「時間」の本がいろいろ出ていますし、最近は、
質の低下も感じます(思いつきと勢いで書かれた自己啓発的な本も多い)。

私の本が「質が高い」かどうかは置いておいて、実用的な要素は類書と比較
して、かなり多い・・・ そこはこだわっているポイントです。

また、「他のやり方ではなかなか続かない・・・」という方からも好評を頂いて
います。私自身が、昔流行った時間管理手法が(面倒すぎて)続かなかった
経験があるので、「手間をかけずに継続しやすい」手法にはこだわっています。

今回の本もそういう方向ですので、周りの方にすすめてみたりするときなど、
使って頂けると、類書よりも良い結果が得られると思います。




今日の記事作成時間は44分でした。
では、また明日!


このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーをはてなにブックマーク
Posted by 水口和彦 at 23:55│Comments(0)TrackBack(0)

時間管理術研究所の無料メールマガジンで
モチベーションアップしてみませんか?
メールアドレスを入力すれば登録できます! → 
バックナンバーはこちら
Copyright (c) 2005-2014 BizARK Inc. All rights reserved.
この記事へのトラックバックURL
(参照リンクの無いトラックバックは受け付けておりません)
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/k_minakuchi/51943205
 

※ スパムコメントがあまりに多いため「http://」は使用不可の設定にしています。
  URLをご紹介頂く場合は「http://」を省くか全角文字を使用して頂けますと
  幸いです。