2009年06月26日     このエントリーをはてなにブックマークこのエントリーを含むはてなブックマーク

「残業できない」という制約を、変化のきっかけに


こんにちは。水口です。

こんな記事がありました↓
BizPlus: 人事:上場企業のワークシェア、導入5%止まり 民間調べ

 (『』内は引用です)
 
『 新日本監査法人と国際会計事務所のアーンスト・アンド・ヤングがまとめた
上場企業の労働時間についての調査によると、1人当たりの労働時間を短縮
して仕事を分かち合うワークシェアリングを「導入済み」(2009年4月時点)と
答えた上場企業は全体の5%にとどまった。』



ワークシェアリングを導入済み企業が5%・・・というのは、かなり少ないイメージ
です。残業カットの話はよく聞くのに・・・ と思ったら、

 
『時間外勤務の抑制に対しては 68%が行うと回答した。』


ということでした。なるほど、単純な残業カットは、ここでいうワークシェアリング
にカウントされていないわけですね。

まあ・・・残業カットを通り越して労働時間を削減するのは難しい、と判断する
企業は多いでしょう(そこまで追い込まれてはいないなら・・・)。

そして、
 
『ワークシェアを導入しないと答えた企業に、今後導入する予定があるかどうか
を聞いたところ92%が今後も「導入しない」と答えた。ワークシェアの問題点を
たずねると「業務分担や引き継ぎが難しい」「生産性が低下する」などの回答が
上位を占めた。』


とあります。

結局、「ワークシェアリング」は人件費削減としか見られていないということが
分かったという感じでしょうか。「働き方の多様性」「雇用の創出」という観点で
見ているなら、ワークシェアリングに前向きな回答がもう少し多いはずです。

個人的には、社員が「短時間勤務も選べる」という形でのワークシェアリングは
広まってもいいと思うのですが・・・。日本のワークシェアリング議論は、このまま
尻すぼみになっていきそうな気がします。


■ 残業カットは一種のチャンス?

とはいえ、現在の状況は悪いことばかりではない・・・そう信じたいところです。

というのは、たとえ「残業カット」という形であれ、実行されることでいろいろな
影響は出てくるはずだからです。

残業当たり前、あるいはサービス残業まで当たり前、という環境で働いている
人が残業カット(またはゼロ)の状況を経験すると、残業無しのメリットを改めて
感じたり、中には「残業ゼロでも結構やれるね」と気づく人もいるはず・・・。

そうすると、今後景気が回復しても「残業ゼロ」派の人が一定数出てくることに
なるのでは?という気もしています。


■ 制約が「効率良い働き方」を生む・・・面もある

「短時間で効率良く働く」というのは、口で言うのは簡単ですが、実際のところ、
「残業できない」という状況に追い込まれないと、考え方が変わらない人も多い
と思います。

「残業カット」の話は、大きな企業でも比較的よく聞くので、相当な人数の方が
現在取り組んでいるはず・・・。それが働き方を見直すきっかけになるなら、
今後のワークシェアリングやワーク・ライフ・バランスの普及に影響を与えること
になるかもしれません。(「長い目で見れば」という話です)


私の場合も、「サービス残業を無くす」という制約を自分に課してから時間管理
や仕事の効率アップにより弾みがついたところがあります。

「制約」があるからこそ、現状を変えようと考える。
そういう意味では、制約は悪いことばかりでも無いんですよね。

現在、「残業カット」しないといけない会社の方は、ここで「サービス残業」に
逃げずに、この状況に正面から向かってみてはいかがでしょうか。




今日の記事作成時間は36分でした。
では、また明日!


このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーをはてなにブックマーク
Posted by 水口和彦 at 23:55│Comments(0)TrackBack(0)

時間管理術研究所の無料メールマガジンで
モチベーションアップしてみませんか?
メールアドレスを入力すれば登録できます! → 
バックナンバーはこちら
Copyright (c) 2005-2014 BizARK Inc. All rights reserved.
この記事へのトラックバックURL
(参照リンクの無いトラックバックは受け付けておりません)
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/k_minakuchi/51969693
 

※ スパムコメントがあまりに多いため「http://」は使用不可の設定にしています。
  URLをご紹介頂く場合は「http://」を省くか全角文字を使用して頂けますと
  幸いです。