2009年06月30日     このエントリーをはてなにブックマークこのエントリーを含むはてなブックマーク

あえて「ひとり時間」を作る!


こんにちは。水口です。
今日は雑誌掲載と「ひとり時間」の話です。


■ 日経WOMANから時間管理術ムックが出ました

日経WOMANさんから、こういうムック本↓が出ています。
ちょうど発売になったばかりです。

―――――――――――――――――――――――――――――――
人生を変える☆時間管理術 (日経ホームマガジン 日経WOMAN別冊)人生を変える☆時間管理術 (日経ホームマガジン 日経WOMAN別冊)
著者:日経WOMAN
販売元:日経BP社
発売日:2009-06-29
クチコミを見る


―――――――――――――――――――――――――――――――


このムックには色々な方のインタビューや記事が掲載されていて、
私も少し載っております。

私は↓このページ(24〜25ページ)でインタビューを受けていまして、
10〜11ページのアンケートの解説でコメントを寄せております。

日経WOMANムック

インタビュー記事に掲載されているのは、私の本などをお読み頂いている
方にはおなじみの「スケジュール(アポイントメント)+実行日別タスクリスト」
の手帳の話です。


また、私の手帳も小さく写真で掲載されていますが、これは現在試用中の
バイブルサイズ版です。

※ 私は手帳は「A5」サイズがいいと思っているのですが、バイブルサイズ
   の使い勝手もテストしてみようと思い、この数ヶ月試用しています。
   字を小さく書かなければいけないところがちょっと大変ですが、実用に
   なりそうなので、正式ラインナップに加えようと思います。


さて、このムックの話に戻りまして・・・

この本は私以外にも、色々な方のやり方が掲載されています。ですから、この
すべてを取り入れて・・・というわけにはいかないと思います。

※ 「すべてのやり方のいいとこ取りをすれば、究極の時間術ができる」という
   わけではないんです(←これは身をもって試したことです)。

それはそれとして、時間「管理」に限らず、オフタイムの過ごし方や、朝の習慣
等々、特に女性は面白く読める記事が多いと思います。

価格(743円+税)以上の読みごたえがありますので、おすすめします。


■ 「ひとり時間」を過ごすこと

このムックの中盤に多めにページを使って紹介されているのが、いわゆる
「ひとり時間」の使い方の特集、『「ひとり時間」をもっと楽しく!』です。

時間の使い方の話、特に女性向けの話にこの「ひとり時間」の話はときどき
出てきます。自分のやりたいことを実現させていくためには、「ひとり」でいる
時間を作ることも必要。そう考える人が増えてきているんでしょうね。


どちらかというと、男性の方が「ひとり」になる時間が多い傾向がありますが、
私はその中でも「ひとり」の時間を重視していると思います。

なぜそうしているか? というと、やはり、「やりたいこと」をやるためには、
「ひとり」でいることを恐れない。そんな覚悟(というと大げさ?)が必要だと
思うんです。


例をあげると、昼食時にあえて一人になり勉強をするというのも「ひとり時間」
の一つです。大勢で行動すると、どうしても時間を取りがちなので、あえて一人
で行動して時間を有効に使うという方法です。

↑これは「絶対こうしなさい」というわけではなく、同僚の方などと昼食を取る
時間を大事にしたいなら、そちらを優先するのもありです。

大事なことは、周囲に流されるのではなく、自分で考えて時間の使い方を決
めることではないでしょうか。


似た例では、経営者や自営の方の中には、「ビジネスパートナーと昼食を取る
のが時間を有効に使えて良い」と言う人もいます。これは「パワーランチ」とも
呼ばれます。

そう聞くと、何となくカッコいいですし、「よし、独立したら俺もそうするぞ!」
なんて思う方もおられると思います。しかし、これも程度の問題で、たとえば
毎日「パワーランチ」するのが「できるビジネスパーソン」とも思えません。

メンバーを変えながら「パワーランチ」するのも時間やスケジュールの調整に
手間がかかりますし、固定メンバーになってしまうと、マンネリ化する部分も
出てきます。

別に「パワーランチ」するのが悪い訳じゃなくて(私もすることあります)、
「パワーランチがいい」と型にはめるのは良くないのではないでしょうか?
私はそう考えています。


物事には必ずメリット・デメリットがあり、状況に応じて「自分の頭で」考える
ことが必要。流されるのは良くないということですね。

・・・そう考えると、「ひとり時間」も重要だと思えてきませんか?


※ 「やりたいことをやるためには、「ひとり」を恐れないことも必要」と
   言いましたが、もちろん、「やりたいこと」の中にはひとりではなく、
   友人と行動するものもあります。すべて「ひとり」がいいというわけ
   ではありません。そこは誤解のないように・・・。
   (私の場合、スクーバダイビングがそうで、ほとんど友人と行きます)



今日の記事作成時間は50分でした。
では、また明日!


このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーをはてなにブックマーク
Posted by 水口和彦 at 23:55│Comments(0)TrackBack(0)

時間管理術研究所の無料メールマガジンで
モチベーションアップしてみませんか?
メールアドレスを入力すれば登録できます! → 
バックナンバーはこちら
Copyright (c) 2005-2014 BizARK Inc. All rights reserved.
この記事へのトラックバックURL
(参照リンクの無いトラックバックは受け付けておりません)
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/k_minakuchi/51972384
 

※ スパムコメントがあまりに多いため「http://」は使用不可の設定にしています。
  URLをご紹介頂く場合は「http://」を省くか全角文字を使用して頂けますと
  幸いです。