2009年07月13日     このエントリーをはてなにブックマークこのエントリーを含むはてなブックマーク

「そのニュースは半年、一年後にどんな価値を持つのか?」という視点


こんにちは。水口です。
今日は「ニュース」についての話です。


■ 「ニュースウォッチ」の意味を考える

衆議院の解散→総選挙の日程がほぼ決まりのようです↓。

国民に信を問いたい=「歯食いしばり頑張る」−麻生首相
(時事通信) - Yahoo!ニュース



というニュースを紹介したのは、政局について語りたいわけではなく、むしろ逆
の話です。

この数ヶ月、(一般的な)ニュースを見れば、「解散・総選挙はいつなのか?」
という話題が何度も取り上げられてきました。どちらかというと、ネット上の
ニュースよりも、テレビや新聞上で話題になることが多かったように思います。


しかし、実際に決まってしまえばそれも過去の話。解散時期の予想に番組や
紙面を割いてきたことが空しくなったりしないのでしょうか?と思います。

「総選挙なんてどうでもいい」というつもりはありません。しかし、選挙のことを
考えるのは、総選挙が決まってからでもいいはず。解散の時期を予想すること
は、あまり生産的ではありません。


解散時期を予想したり、「今選挙になったら、どうなるだろうか?」と考えてみる
のは、(それなりに)面白いと思います。この「(それなりに)面白い」というのが
クセモノかもしれませんね。

「総選挙はいつか?」という話題が取り上げられていると、つい「ふんふん」と
見てしまう。しかし、その知識や、それを見るために費やした時間は、半年や
一年後には何の価値も持たない・・・。

ですから、「ニュースを見る」ことの「時間対効果」に疑問を感じてしまいます。


そういうニュースを報道するなとは言いませんし(そういう情報が特に必要な
方もいるはずですし)、見るなとも思いません(少し見るくらいはいいでしょう)。

また、ニュースを見ることがすべて無駄だというわけではありません。なかには
知っておいた方がいいこともありますし、ニュースが自分の仕事に役立つことも
あります。

ただ、ニュースを見るなら、そのニュースが半年、一年、あるいはもっと後にどん
な価値を持つのか? という視点は必要だと思います。



そういう視点で見ると、いわゆる「政局」に長めに時間を割くニュース番組は
あまり見る気がしなくなってきますし、政府のやることに文句ばかり言っている
ニュース番組もあまり生産的とは思えません。

同様に、「事件」的なものに時間を割くニュースも敬遠してしまいます。たとえば、
殺人事件等は世相を反映する部分もあり、興味を持ってしまいますが、あまり
詳しく知ってもしょうがないんじゃない? とも思います。
(というわけで、テレビで見るニュースは「ワールドビジネスサテライト」くらいです)


「仕事に役立つ・役立たない」という切り口で切り分けてばかりというのも、何
だか味気ない気もしますし、あまり過敏になる必要はないかもしれませんが、
ある程度「時間対効果」は考えるべきではないでしょうか。

というのが、私の個人的な考えです。


■ 「情報収集」の落とし穴

同じことが、いわゆる「情報収集」にも言えます。

たとえば、自分の仕事に深く関わることについては、時流に乗った情報を収集
することは重要です。しかし、自分にとってそれほど重要じゃない情報なら、
「必要なときに調べる」というスタンスでも事足りるはず。逆に、情報のウォッチ
に労力を費やし、自分が本当にやりたいことのための時間を失うことの方が
問題ではないでしょうか。

たとえば、ネット上の情報ならRSSリーダー等の「効率的な情報ツール」もあり
ます。そういうツールの恩恵は大いに活用すべきですが、逆にそれを「ウォッチ」
することに費やす時間が長くなってきたら要注意です。

本当に「効率的」であるためには、何でもスピードを上げることだけでなく、
必要なものとそうでないものの見極めが大事ですよね。これは、分かっている
つもりでも、ついついはまりがちな落とし穴だと思います(私もそうです)。




今日の記事作成時間は38分でした。
では、また明日!


このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーをはてなにブックマーク
Posted by 水口和彦 at 23:55│Comments(2)TrackBack(0)

時間管理術研究所の無料メールマガジンで
モチベーションアップしてみませんか?
メールアドレスを入力すれば登録できます! → 
バックナンバーはこちら
Copyright (c) 2005-2014 BizARK Inc. All rights reserved.
この記事へのトラックバックURL
(参照リンクの無いトラックバックは受け付けておりません)
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/k_minakuchi/51982286
この記事へのコメント
ご無沙汰しております。
いつも有益な「気づき」を発信してくださってありがとうございます!

「事件」的なものに時間を割くニュースも敬遠している、と
書いておられますが、わたしも全く同感です。

情報収集の「時間対効果」は、わたしの最近のテーマでもありましたので、
当方のブログからもリンクをはらせていただきました。

事後承諾ですが、お許しくださいませm(_ _)m
Posted by スギポン at 2009年07月14日 15:43
水口です。
スギポンさん、いつもありがとうございます。

ブログでおっしゃられたように、日本のメディアでは取り上げ方(時間配分)に
偏りが激しいような気がしますね。

変な話、同程度の事件でも「ネタ」的な面白さがある事件ばかり
何度も取り上げられますし・・・

海外の紛争や政治の話は(結構重要でも)あまり取り上げられなかったり・・・


時間の話から外れますが・・・
ニュースには「話題作り」「話のネタ」という側面もありますし、
それを全面否定したいとは思いません。でも、同じ「話のネタ」なら、
もっと良い話題、建設的な話題はないものか?と思うこともあります。
Posted by 水口和彦 at 2009年07月14日 23:49
 

※ スパムコメントがあまりに多いため「http://」は使用不可の設定にしています。
  URLをご紹介頂く場合は「http://」を省くか全角文字を使用して頂けますと
  幸いです。