2010年04月20日     このエントリーをはてなにブックマークこのエントリーを含むはてなブックマーク

「今、読むべき本 500冊」 と 「時間管理のおすすめ本 9冊」


こんにちは。水口です。

今日、書店をのぞいてみると、この雑誌が出ていました↓
―――――――――――――――――――――――――――――――
日経ビジネス Associe (アソシエ) 2010年 5/4号 [雑誌]日経ビジネス Associe (アソシエ) 2010年 5/4号 [雑誌]
販売元:日経BP出版センター
発売日:2010-04-20
おすすめ度:4.0
クチコミを見る


―――――――――――――――――――――――――――――――

「日経ビジネスアソシエ」は、結構なじみがあるという人も多いと思います。
この号(出たばかりの号)は、「本」の特集です。

ビジネスパーソンへのアンケート調査もあったりしますが、特集の
目玉は各ジャンルの「目利き」がセレクトした「おすすめ本」。
ジャンルごとに、9〜15冊の本がセレクトされています。


実は、私もその選者を頼まれまして(ビジネススキル編の中の「時間管理」編)、
9冊の本をセレクトしています。(↓このページです)

100420アソシエ時間管理ページ

私は、かなり数多く「時間管理」の本を読んでいる方ですが、その中からの
セレクトですから、厳選しました。この特集のために、以前読んだ本をまた再読
したりして、結構悩みましたね・・・。

もちろん、この9冊以外にも入れたい本はあったのですが・・・、最終的には
編集者さんと相談しながら、涙を飲んで決めました。



さて、このリストですが、一見して「最近の本があまり無いなあ・・・」という感じ
になっています。それにはちょっと理由があって・・・、

最近の本も、読めば役に立つ考え方などあるのですが・・・、本をセレクトする
立場から言えば、内容に類似性がある場合、やはり、その「元祖」的な存在を
紹介したいもの。

そういう意味でトップに紹介しているのが、アラン・ラーキンの本。

私は元々、『ラーキンの時間管理の法則』という古い和訳を読んだのですが、
それは当然絶版本・・・。

同書の新訳である、『時間の波に乗る19の法則』を紹介しています。


他には・・・ (最近流行りの?) P・F・ドラッカー氏の著書を一冊。
ドラッカー名著集1 経営者の条件』です。ベタなセレクトですかね・・・?

でもこの本では、経営者やマネージャーの時間の使い方に関するいくつかの提言
がされており、その内容は、他の著者から引き合いに出されることも多いです。
そういう意味でも知っておくと良い内容かと・・・。これも年代的に『元祖』的です。

ちなみに第2章『汝の時間を知れ』が、その「時間」に関する話が多いです。

※ その章自体は、それほど長くないので(内容はいいけど)、あまり期待しすぎ
   ない方がいいかも?という気はします (← 「時間本」として見た場合)。
   あと、ほぼ同じ内容が『プロフェッショナルの条件』にも掲載されています。



他にも7冊紹介していますが、いずれもこのブログで多少なりとも紹介した
ことがある本です。それらも、もう少し詳しく書こうと思いますが・・・

ここまで書いて、写真を撮って、リンクを探すだけで結構時間を食ってしまい
ました・・・ (汗)。 続きはまた明日・・・か明後日あたりに。


今日の記事作成時間は68分でした。
(写真とか色々コミコミで)

では、また明日!


このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーをはてなにブックマーク
Posted by 水口和彦 at 18:55│Comments(2)TrackBack(0)

時間管理術研究所の無料メールマガジンで
モチベーションアップしてみませんか?
メールアドレスを入力すれば登録できます! → 
バックナンバーはこちら
Copyright (c) 2005-2014 BizARK Inc. All rights reserved.
この記事へのトラックバックURL
(参照リンクの無いトラックバックは受け付けておりません)
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/k_minakuchi/52300818
この記事へのコメント
はじめまして。アソシエ見ました。
『時間の波に乗る19の法則』が現在入手出来ないのが残念でなりません。図書館で読むしかないか・・・。
Posted by yassie at 2010年05月13日 12:23
水口です。
この本、2007年10月刊で比較的新しいのに、もう絶版なんですよね・・・。
最近は、(それほど売れない本は)早く絶版になってしまう傾向があって、
なんだかもったいない気がします。

新刊が多いことの反動でもあるのですが・・・私も本を書く立場として、
ちょっと複雑な思いがあります。2006年に出た最初の本は、絶版になってしまい
ましたし・・・。
Posted by 水口和彦 at 2010年06月14日 22:57
 

※ スパムコメントがあまりに多いため「http://」は使用不可の設定にしています。
  URLをご紹介頂く場合は「http://」を省くか全角文字を使用して頂けますと
  幸いです。