2010年09月27日     このエントリーをはてなにブックマークこのエントリーを含むはてなブックマーク

「ふせん」を貼ることを前提として開発された初めての手帳 : テンミニッツ手帳


こんにちは。水口です。

タスク管理を含めた時間管理を行うためには、手帳を使ったり、パソコンを
使ったりと色々方法はあります。

さらに、ちょっと変わり種なものとして、付箋をボードに貼ってタスクなどを
管理するツールもあります。

(こちらの記事↓でも紹介しました)
「テンミニッツ」というタイムマネジメントツール(卓上版登場)


■ テンミニッツの手帳版が発売されました

その「テンミニッツ」というツールから派生して、こんな手帳ができたそうで、
見本を頂きました。

テンミニッツ手帳1

付箋をはるためのボードがついた「テンミニッツ手帳」というものです。


上記のボードはこんなふうに↓動かすことができるので、

テンミニッツ手帳2

・ 裏表紙の位置に置いて、付箋を書くのに使う (立って使うときなど)
・ 最初の写真のように広げて使う (デスク上で使うときなど)

と使い分けることができます。これは考えられてますね。


また、手帳のスケジュール欄のサイズと付箋のサイズは合わせてあるので、
アポイントメントやタスクの付箋をスケジュール欄に貼るのにも向いています。

付箋を貼ると手帳が太ってくる(分厚くなる)のが気になるところですが、
専用の付箋(薄手で半透明のフィルムタイプ)なら、厚みの増加は最小限
に抑えられます。このあたりもよく考えられてます。

個人的にはスケジュール欄の余白がもう少しほしいのですが、付箋とサイズ
を合わせつつA5サイズにまとめるためには、そこは仕方のないところです。


この手帳、全体によく考えられていますし、実用的だと思います。
興味のある方はチェックしてみてください。

(↓Amazonでも購入できます)
テンミニッツ手帳
テンミニッツ手帳


(↓こちらは舘神龍彦さんによる詳しい紹介記事です)
誠 Biz.ID:手帳2010:ありそうでなかった! 手帳+付せんの『テンミニッツ手帳』


■ 優れもののふせん

ちなみに、この手帳に付属する付箋は、従来のテンミニッツシリーズとは異なり、
新たに作ったものだそうです。薄手のフィルムタイプの付箋で、確かに汎用品に
は見かけないものです。

この付箋、ちょっと取りにくい(1枚取るつもりが2枚取ってしまうことがある)
のがちょっと困るものの、、それ以外はとてもいいです。たとえば、本の「しおり」
代わりに使っても、半透明で下が見えるし、紙の付箋よりも丈夫で見映えも
いいと、なかなかの優れもの。

これだけを市販しても、欲しがる人はいるかもしれません(実際私もほしい・・)。
そんな人には、(本来は補充用ですが)付箋だけの販売もあります。

10min専用フィルムふせんリフィル(3サイズ用)
10min専用フィルムふせんリフィル(3サイズ用)


私はこの補充用の付箋を、先週紹介した「測量野帳」の裏表紙部分に
付けて使っていますが、良い感じですよ。



今日の記事作成時間は37分でした。
では、また明日!


このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーをはてなにブックマーク
Posted by 水口和彦 at 23:55│Comments(0)TrackBack(0)

時間管理術研究所の無料メールマガジンで
モチベーションアップしてみませんか?
メールアドレスを入力すれば登録できます! → 
バックナンバーはこちら
Copyright (c) 2005-2014 BizARK Inc. All rights reserved.
この記事へのトラックバックURL
(参照リンクの無いトラックバックは受け付けておりません)
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/k_minakuchi/52378261
 

※ スパムコメントがあまりに多いため「http://」は使用不可の設定にしています。
  URLをご紹介頂く場合は「http://」を省くか全角文字を使用して頂けますと
  幸いです。