2011年06月15日     このエントリーをはてなにブックマークこのエントリーを含むはてなブックマーク

『いつも「ぎりぎり」になってしまう人の改善方法』


こんにちは。水口です。

今日は出張で、郷里でもある石川県に来ています。
(今日戻ります)

といっても、今日の話はそれではなく・・・ 「マイコミフレッシャーズ」と
いうサイトで、私が取材頂いた記事がアップされました。

いつも「ぎりぎり」になってしまう人の改善方法
|フレッシャーズ報道|マイコミフレッシャーズ



『早く始めればいいのは分かっているけど、なかなか腰が上がらず、直前に
なってバタバタ……。「次からはもっと計画的にやろう!」と反省しても、結局
いつも同じことの繰り返し。そんな「ぎりぎり癖」を直すにはどうしたらいいの
でしょうか。時間管理コンサルタントの水口和彦氏に、誰でもすぐに実行できる
改善方法を教えていただきました。』

                                  (上記サイトより引用)

というわけで、その対処法は・・・


『【「締め切りまでにやろう」ではなく「この日にやろう」と決める】

「ぎりぎり癖」の人に多いのは、「まだ時間がある」と思って先延ばししている
うちに、気がつくと直前になってしまうというパターン。たっぷりあるように
思えた時間がなんだかんだでつぶれてしまい、「こんなはずじゃなかった」と
慌ててしまう状況です。

「そんなことにならないためには、『締め切りまでにやろう』ではなく、
『この日にやる』と具体的に日にちを決めてしまうのが有効です」(水口氏)

やらなくてはいけないことが発生したとき、すぐには手を付けることができ
なくても、とりあえず実行日だけでも決めておくという作戦です。確かに、
同じ心づもりをしておくにも、漠然と「いつかそのうち」と思っているのと、
具体的に「予定」を入れておくのとでは、実現性に大きな差がありそうです。』

                                  (上記サイトより引用)

というのが、ひとつです。

「いつまでに」やるかよりも「いつから」やるかに注目するという、
ある意味、時間管理の基本でもある話です。

もちろん、「決める」だけでなく、「書く」ことが重要です。


そして、もうひとつは・・・

『【作業を小分けにしてハードルを下げる】

ぎりぎりになってしまうもう一つの理由として、いざとなると「やりたくない」と
いう気持ちが働いて「始める」ことができずに、ついつい先延ばしにしてしまう
という心理があります。やらなくてはいけないのは分かっている、やろうとは
思っている、でもなんとなく面倒だったり、気が重かったり。「試験勉強を始め
ようとすると急に部屋の片付けがしたくなる」というような経験は、思い当たる
人も多いのではないでしょうか。

「そんなときは、やるべきことを小分けにして、取りかかるハードルを低くすると
いいですよ」(同氏)

目の前のレポートなり仕事なりをいくつかの具体的な作業に分解し、それぞれ
の実行日を決める。そうすると、一つひとつの作業にかかる時間やエネルギー
は少なくなるので、「やりたくない」気持ちも軽減されるというわけです。

「それでもまだやる気になれないときには、たとえば事前準備の資料に目を
通す、報告書用のファイルだけでも作ってみるというように、さらに小分けに
してみることです。とりあえず5分間やってみるというように時間で決めても
良いでしょう。とにかくどんな小さなことでも、『一歩進める』と気が楽に
なって、前に進めやすくなるものです」(同氏)』

                                  (上記サイトより引用)

というもの。

これは、「スイスチーズ法」と呼ばれる方法の応用で、
昔から「先延ばし癖」に効果があると言われている方法です。

私自身にも「先延ばし癖」はありますが、この「先延ばし癖」は、心理学で
言うところの「接近=回避型」の葛藤にかなり当てはまっていると感じます。

作業を小分けにして、「一つだけでもやろう」と思えば、負の誘発性(この
場合はそれをやることに対する気の重さ)を小さくでき、葛藤が生じにくく
なる・・・という理屈にも合っています。



というわけで、上記記事では二つの方法を紹介しました。

これらの方法を 「それができれば苦労しないよ」 と聞き流しちゃう人も
いるのですが・・・、ちょっと残念です。

よくよく考えてもらえれば、あるいは実際に実行してもらえれば、一つ一つ
のことはそんなに難しくないことに気づいてもらえると思うのですが・・・。


私が紹介してるような「タスクの実行日を決める」タイプの時間管理を
やると、これらは自然にできてくるものです。ですから、時間管理を実践
して、先延ばしが減ったという方も多いと思います。

※ 私の実感としても、「先延ばし癖」が完全にゼロになるというわけでは
  ありませんが、以前よりもずっと改善したし、自分でコントロールできる
  余地が増えたと感じています。



今日の記事作成時間は35分でした。
では、また次回!


このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーをはてなにブックマーク
Posted by 水口和彦 at 07:00│Comments(0)TrackBack(0)

時間管理術研究所の無料メールマガジンで
モチベーションアップしてみませんか?
メールアドレスを入力すれば登録できます! → 
バックナンバーはこちら
Copyright (c) 2005-2014 BizARK Inc. All rights reserved.
この記事へのトラックバックURL
(参照リンクの無いトラックバックは受け付けておりません)
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/k_minakuchi/52467541
 

※ スパムコメントがあまりに多いため「http://」は使用不可の設定にしています。
  URLをご紹介頂く場合は「http://」を省くか全角文字を使用して頂けますと
  幸いです。