2011年10月16日     このエントリーをはてなにブックマークこのエントリーを含むはてなブックマーク

A6サイズ、B6サイズの手帳が人気の理由


こんにちは。水口です。

こんな記事↓がありました。

女性の手帳、大型化進む? 2012年版の注目は“単行本サイズ”
(オリコン) - Yahoo!ニュース


『』内は引用です)

『 10月に入り、文具店や雑貨店では2012年版のスケジュール帳が店頭を
賑わしている。手帳製造・販売の大手、日本能率協会マネジメントセンターの
調査によると、現在もっとも多く利用されているのは文庫本と同じA6サイズ
だが、「今後注目なのは単行本と同じB6サイズ」(同社)だという。

 スケジュール帳の人気サイズは性別・世代によって若干異なっており、女性は
バッグの中で邪魔にならずたっぷり記入できるA6サイズ、40代以上の男性は
スーツの内ポケットに入れる習慣があるため縦長サイズや小型サイズが人気だ。』

                                 (上記サイトより引用)

サイズについてちょっと説明しておくと・・・

記事中に出てきたものが
         縦        横
――――――――――――――――――――――――――――
A6 →   148mm    105mm     (文庫本とほぼ同サイズ)
B6 →   182mm    128mm
――――――――――――――――――――――――――――

従来からよくあるサイズの手帳は
            縦        横
――――――――――――――――――――――――――――
ポケットサイズ   130mm    80mm  (シャツのポケットに入る)
スタンダードサイズ 140mm    90mm  (スーツの内ポケットに入る)
――――――――――――――――――――――――――――

となっています。(メーカーによってサイズは微妙に異なります)

男性は「ポケットに入る」ことを重視する人が割と多いので、
下表の手帳を選ぶ人が多めです。

ただ、下表のサイズは、縦に比べて横が短めなので、バーティカル式の
レイアウト(横に曜日・縦に時間のレイアウト)が作りにくく、実際、バーテ
ィカル式の製品は少ないです。

バーティカル式の場合、上表のA6やB6判型の方が製品も多く、実際の
使い勝手もいいです。

女性はもともと手帳をポケットには入れない人が多いので、これらの
(A6やB6の)手帳を選ぶようになってきたわけです。

こうした動きは数年前から起こっていて、A6、B6、あるいはさらに
大きいA5サイズについては、海外メーカーのものや、、国内でも
「いわゆる手帳メーカー」以外の製品が増えています。
(ハンズやLOFTの売り場ではさまざまな手帳が並んでます)

この流れをざっくりまとめると・・・

・ バーティカル式の人気が高まってきた
  (バーティカル式の方が細かいスケジュールを書きやすいし、
   パソコン等のタイムスケジュール表示とも対照しやすい)

・ バーティカル式なら、横幅が広めのA6やB6判型が使いやすい

・ 製品数が増えるとともに、デザインも豊富になってきて、
  さらに人気が高まる

ということで、A6やB6の人気が高まっているという感じです。
(5、6年前と比べると、だいぶ変わったと思います)


一方、あまり一般的ではないけれど、根強い人気のシステム手帳
(バインダー式の手帳)のサイズはこんな感じ↓

         縦        横
――――――――――――――――――――――――――――
バイブル → 171mm    95mm     (縦の割に横が短め)
A5 →    210mm    148mm
――――――――――――――――――――――――――――
(これは用紙の大きさで、バインダーのサイズはもっと大きいです)
(※ 「ミニ6穴」以下のサイズは省略しています)


システム手帳では、バイブルサイズの製品が最も多いですが、この判型は
バーティカル式のレイアウトを使う上では、必ずしもいいとは言えません。

私もバイブルサイズ(の手帳の用紙)のレイアウトを作ったりしていますが、
「もうちょっと横幅が広ければ」とよく思います。その点でA5はいいですし、
個人的にも使用していますが、サイズがちょっと大きいのが難点。

というわけで・・・ システム手帳の規格は、必ずしも使いやすいサイズでは
ないという気はしています。(それでも使いますが)


これを独自の規格でクリアしようというメーカーもあります。たとえば、
「Ashford」からは170×148mmという規格のものが発売されています。
こういうのは面白いですが、バインダーも用紙も1社だけから供給される
ことになるのがちょっと不安。

「システム手帳」自体、ユーザーがそれほど多いわけではないので、新たな
規格が成立して、それが定着、一般化するというのは、なかなか大変です。

※ たとえば、バーティカル式のレイアウトの用紙なら、たいていのメーカー
  は現在2つのサイズを販売しているわけで、そこに1つ規格を追加する
  と在庫品目が5割増しになる負担があります(メーカーも販売店も)。

そんな事情はあるにせよ・・・。個人的には、新しいサイズが出て(一般化して)
くれたらいいのにと思うことはあります。かなえられない話とは思いますが。
(たとえば、B6サイズの用紙なんかもいいと思います)。

※ 用紙だけは自分のところで作れますが(A5とバイブルは作ってますし)、
   もし新サイズを作ってもバインダーが選べないと面白くないですからね・・。



今日の記事作成時間は46分でした。
では、また次回!


このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーをはてなにブックマーク
Posted by 水口和彦 at 23:55│Comments(3)

時間管理術研究所の無料メールマガジンで
モチベーションアップしてみませんか?
メールアドレスを入力すれば登録できます! → 
バックナンバーはこちら
Copyright (c) 2005-2014 BizARK Inc. All rights reserved.
この記事へのコメント
A6、B6が流行っているのは
バーチカルタイプに人気があるからという解釈は
ビジネス手帳サイズにバーチカルが少ないという理由から導き出すというのは無理があると感じました
Posted by 通りがかり at 2011年10月23日 22:00
水口です。
コメントありがとうございます。

・バーティカルが必要だからA6、B6が流行ったのか
・それともA6、B6が流行ったからバーティカルが増えてきたのか

どっちが本当か分からない(前者と決めつけるのは無理がある)。

というご指摘ですかね?
なるほど。確かにそうかもしれません。

手帳の(中の)書式だけでなく、大きさやデザインも重視されますから、
気に入った手帳を買ったら、それがたまたまバーティカルだったということも
あるかもしれません。

どちらが先かという因果関係を解明するのは難しいのですが、「たまたま使ってみたら
便利だった→翌年もバーティカルを選択する」という人も含めて、A6、B6・
バーティカルのユーザーが増えているのは間違いないと思います。

「バーティカルが手帳売り場を席巻する」なんてことは当分ないと思いますが、
バーティカルの品数は(たとえば7〜8年前に比べて)かなり増えています。
Posted by 水口和彦 at 2011年10月24日 11:29
I think what you said was very reasonable. But, what about
this? what if you were to write a killer headline? I am not saying your information isn't solid,
but what if you added a title to possibly grab folk's attention? I mean ___
__
_:
4_
}______
____ is a little boring.

You might glance at Yahoo's home page and watch how they create news headlines to grab viewers to click.
You might add a video or a picture or two to grab people interested
about what you've got to say. Just my opinion, it would bring your website a little livelier.
Posted by domino's 69007 at 2018年02月26日 08:37
 

※ スパムコメントがあまりに多いため「http://」は使用不可の設定にしています。
  URLをご紹介頂く場合は「http://」を省くか全角文字を使用して頂けますと
  幸いです。