2012年06月04日     このエントリーをはてなにブックマークこのエントリーを含むはてなブックマーク

今夏の仕事(段取り)のコツは


こんにちは。水口です。

先週、ある媒体向けに「節電」に関係した内容の原稿を書きました。

この原稿は、3ヶ月間に3回の、短い連載みたいな感じで、第1回、
第2回は3月に書き終わってました。ただ、節電に関連する第3回は
今夏の節電の目標値が出てから書こうと思って、置いてありました。
(3月時点では、5月始め頃に目標値が出るという話でしたから・・・)

ところが、今夏の電力供給の状況や、節電の目標値など、どうもはっきり
しない感じですね。(こんなんでいいんだろうか・・・?と心配にもなります)

上記の原稿は結局そんな状況で書き上げました。もともと、本論は
「仕事の段取り」的な話なので、話の内容としては変わりませんし。


■ 節電に効果があるのは?

昨年、このブログでも書きましたが、企業が行う節電対応として、
「サマータイム」を導入するという企業もありました。今年もやるところ
があると思います。

せっかく導入しているところに水を差すのは何ですが、サマータイムの
ように操業時間を1〜2時間ずらすだけでは、ピーク時の電力需要は
変わらないんですよね。ピークは14〜15時であることが多いので・・・。

(ただ、それにともなって残業を削減したり、プライベートの時間の使い方
 に変化があったりと、副次的な効果はあるでしょう。サマータイムを全否定
 するというわけではありません)


個々の照明や空調に関するものを除けば、企業が行う節電対応の本命は、
休日の分散化です(昨年も効果をあげています)。

夏期の休日の分散化は、

 □ 土日に操業して平日を休みにする
   (業種等で休む曜日を分散させる)

 □ 夏期の連休の時期を分散させる
   (休日数を増やすケースもあり)

という、2つのパターンがあります。

これらはいずれも節電(というか電力需要ピークを下げる)効果があります。

しかし、いずれも、仕事が多少やりにくくなります。


■ 早め早めに動くのがカギ

休日が分散化すると、

 ・ 自分の出勤日に、取引先が休み
 ・ 自分の出勤日に、(社内だけど)別地域の部署が休み

という状況が起こりやすくなります。

たとえば、急ぎで頼みたいことがあるのに、先方が休日で頼めない・・・
なんてことも起こります。

また、残業削減との兼ね合いもあり、ますます無理が効きにくい状況に
なりやすいわけです。

普段なら「急ぎで何とかしてくれないかな?」で通るお願いが、この夏に
限っては通らない場合が多くなるわけです。



というわけで・・・

  頼み事、依頼、指示、発注・・・ など、
  社外や他部署への連絡は早め早めに済ませておく。

それがこの夏の仕事を乗り切るコツと言ってもいいかもしれません。
(部下をお持ちの方は、言っておくといいかも?)


・・・・でも本当は、これらを早め早めに済ませた方がいいというのは、
休日分散化してなくても、仕事の「段取り」として有効なやり方です。

現実、なかなかできてない人が多いのが、もったいないところですが・・・。

 ・自分が「うっかり忘れてた」ことの尻ぬぐいのために、
  見積りや納品などで、やたら無理をいう人

 ・自分が止めていた仕事を、納期まぎわになってから
  「悪いけど急ぎでやってくれ」と部下にやらせる人

といったパターンは要注意ですね。



今日の記事作成時間は31分でした。
では、また次回!

このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーをはてなにブックマーク
Posted by 水口和彦 at 13:30│Comments(0)TrackBack(0)

時間管理術研究所の無料メールマガジンで
モチベーションアップしてみませんか?
メールアドレスを入力すれば登録できます! → 
バックナンバーはこちら
Copyright (c) 2005-2014 BizARK Inc. All rights reserved.
この記事へのトラックバックURL
(参照リンクの無いトラックバックは受け付けておりません)
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/k_minakuchi/52549188
 

※ スパムコメントがあまりに多いため「http://」は使用不可の設定にしています。
  URLをご紹介頂く場合は「http://」を省くか全角文字を使用して頂けますと
  幸いです。