2012年08月05日     このエントリーをはてなにブックマークこのエントリーを含むはてなブックマーク

音楽で持久力・集中力アップ?


こんにちは。水口です。

オリンピックの最中ですが、こんな記事がありました。

音楽はアスリートの「合法的な麻薬」、能力向上を研究で証明
(ロイター) - Yahoo!ニュース


『』内は引用です)
 
『開催中のロンドン五輪の競泳などでも、選手がヘッドフォンで音楽を聴き
ながら競技の開始を待つ姿が見られるが、音楽にはアスリートの能力を
向上させる効果のあることが複数の研究で明らかとなっている。

スポーツ心理学者で、一流アスリートがどのように音楽を使用しているかを
研究する世界有数の専門家であるCostas Karageorghis氏は、音楽は
「アスリートにとって合法的な麻薬のようなもの」と表現する。

スポーツ心理学の専門誌に掲載された研究では、米歌手マドンナや
英ロックバンド「クイーン」などの曲をランナーに聴かせたところ、走る距離や
時間が伸びたという。別の研究でも、走行距離が18%伸び、音楽には持久
運動能力を向上させる効果があることが実証された。

また、音楽にはアスリートを外部やネガティブ思考から遮断し、競技に集中
させるという効果もある。Karageorghis氏は「思考はアスリートにとって最悪の
敵」だとし、音楽は感情を効果的にコントロールする良い方法だと指摘した。』


                            (上記サイトより引用)

『麻薬』という表現が適切かどうかはちょっと疑問ですが、
音楽によって、持久力や集中力が高まるという話です。


これはアスリートだけでなく、たとえば仕事でも同じようなことが
あるんじゃないかという気がします。

たとえば、昔この本↓を読んだことがあるのですが、
音楽を流すことで(工場などでの)作業効率が高まったと
いう例が載っていました。

聴くだけで10倍仕事のできる絶対テンポ116
聴くだけで10倍仕事のできる絶対テンポ116

この本、テンポが「116」がいいという理由の部分で、ちょっと説得力に欠ける
ような気もしたのですが・・・、それは置いておいて。 音楽で作業効率が変わる
というのはわかるような気がします。私自身も音楽の影響は感じています。

デスクワークの場合、いろいろと邪魔が入ったり、中断させられたりするので、
作業効率や持久力、集中力を比較するのはなかなか難しいです。また、音楽
などの環境だけでなく、その日の自分自身のコンディションでも変わってくる
ものなので、比較するのはますます難しくなってしまいます。

そんなわけで、音楽の有無でどう変わるか? ということをきっちり検証した
ことはないのですが、個人的には音楽があった方が、集中力や、その持続と
いう面で効果的だと感じることが多いです。
(原稿の執筆など、割と集中が必要な作業のときによく感じます)


もう少し詳しくいうと、(自分自身の)調子がいいときは、音楽なしで集中
できるし、持続もできます。このときに音楽の効果がどれだけあるのかは
はっきり分かりません(どちらでもあまり変わらないような気はします)。

一方、なにか集中しづらい・・・と感じるときなどは、音楽を聞きながら作業
すると、集中しやすくなったり、集中が持続しやすくなったりします。こういう
ときには音楽の効果を強く感じます。


ただ、なんでも音楽があればいいというわけでもないようで・・・

・ 嫌いな曲だと逆効果になることがある
  (カフェなどのBGMでそんなふうに感じたことがあります)

・ 聞き慣れない曲、新しい曲だと良くない
  (好きなアーティストの新曲とかは、曲の方に注意がいってしまいます)

と感じています。

逆に良いのは、

・ 何十回(あるいはそれ以上)聞いてるような好きな曲

だと感じます。私の場合、そんな聞き慣れた曲であれば、ジャンルはあまり
関係ないと感じています。たとえばロック系の激しい曲でも全然OKです。


よく言われることとして、こういう場合のBGMには、ボーカル曲よりも
インストゥルメンタル(歌なしの曲)の方がいい、という説があります。
(歌詞が気になると集中できないという理由で)

しかし、個人的には、聞き慣れた曲であれば歌詞は気にならないですし、
ボーカル曲だから集中できないと感じたことはありません。
(このへんは個人差があるかもしれませんが)



そんな感じで、私の場合、使えるときは音楽を使いながら仕事をすると
いうのが、独立以降の自分のスタイルになっています。
(音楽なしで仕事に集中してるときもありますので、必ずいつも音楽を
 かけているというわけではありません)

・・・で、たとえばオフィスに音楽を流すとどうなるか? という話ですが、
上記のような傾向が他の人にも当てはまるとすれば、それぞれの人が
好む曲・聞き慣れた曲は違うわけで、全員がうまく集中力や持続力を
高められるかどうかは微妙かもしれません・・・。

となると、当たり障りのない、いかにもBGM的なBGMを流しておくと
いう感じになります。これだけでもいくらか効果はあるような気はしますし、
集中力は上がらなくても、ストレス軽減の方で効果があるかもしれません。
(試したことがないので断言できませんが)


音楽を流しているオフィスって、かなり少ないですよね。全員に効果が
あるとは限りませんが、オフィスで音楽を流してみるのもいいんじゃない
ですかね。



今日の記事作成時間は35分でした。
では、また次回!

このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーをはてなにブックマーク
Posted by 水口和彦 at 23:55│Comments(0)TrackBack(0)

時間管理術研究所の無料メールマガジンで
モチベーションアップしてみませんか?
メールアドレスを入力すれば登録できます! → 
バックナンバーはこちら
Copyright (c) 2005-2014 BizARK Inc. All rights reserved.
この記事へのトラックバックURL
(参照リンクの無いトラックバックは受け付けておりません)
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/k_minakuchi/52560322
 

※ スパムコメントがあまりに多いため「http://」は使用不可の設定にしています。
  URLをご紹介頂く場合は「http://」を省くか全角文字を使用して頂けますと
  幸いです。