2005年08月13日     このエントリーをはてなにブックマークこのエントリーを含むはてなブックマーク

中間管理職必読書!「委任」「権限委譲」について考えるために ・・・ 1分間マネジャーの時間管理


1分間マネジャーの時間管理―部下のモンキーは部下に背負わせろ!
ケネス ブランチャード(著), ハル バローズ(著), ウィリアム,Jr. オンケン(著), 川勝 久(翻訳),浅見 広子(翻訳)


今回は、「委任」「権限委譲」についての本です。


「委任」「権限委譲」は、時間管理について述べた本
のほとんどで取り上げられています。


「7つの習慣」ではデレゲーションと呼び、
ブライアン・トレーシーはABCDE法のDと位置づけています。



  部下に委任したり、権限委譲すれば、
  自分が使える時間が増える。



時間管理の権威にこう言ってもらうと、それだけで
明るい未来が待っているような気がするかもしれません。
 (やや大げさか・・・)


しかし、この「委任」や、「権限委譲」は
実際にやってみるとなかなか難しいものです。


私の経験では、2つの失敗のパターンがありました・・・


パターン1

 仕事を部下に委任する。
       ↓
 仕事が進むにつれ、部下は
 「次に何をすべきか」 聞いてくる。
       ↓
 それが、その場で判断できないことだった場合、
 決定を先送りしてしまう。
       ↓
 自分が仕事に追われていると
 その判断を預かったままの状態になる。
 (いわゆる「ババを握った」状態)
       ↓
 部下は次の指示があるまで何もしない。

 本当に何もしない。考えることもしない。
 ひどい時は催促すらしてくれない (T_T) 
       ↓
 仕事が遅れて、その対応に追われる・・・



パターン2

 仕事を部下に委任する。
       ↓
 仕事を進めてくれているものと思っている。
       ↓
 実は部下が仕事を進めていなかった。
 (理由1:忘れていた)
 (理由2:自分の仕事だと認識していなかった)
       ↓
 ある日、仕事が進んでいないことが発覚する。
       ↓
 仕事が遅れて、その対応に追われる・・・

 中間フォローをしていなかった自分にも負い目があり、
 部下にきつく言うこともできない (T_T)



このように、「委任」「権限委譲」っていうのは
やってみると結構難しいです。

ところが、時間管理についての本で、
この点について深く突っ込んだものはほとんどありません。



そこで、この本が登場するわけです。


この本は、1冊丸々が「委任」「権限委譲」について
書かれていて、読みやすくまとまっています。

時間管理術の中で、この部分を強化したい方に
おすすめします。


ストレスを減らしたい中間管理職の方には
本当に読んでほしいです。



絶版本なので、入手方法を詳しく書いておきます。

 (入手方法)
 この本は1990年に出版された本で、
 現在は絶版になっています。

 絶版本ですが、高値がついているわけでもなく、
 amazonで入手できます。

 ここをクリックすると、
 amazonのこの本のページが開きます。
        ↓
 右側の「ユーズド商品」、「すべての商品を見る」の
 いずれかをクリックしてください。
        ↓
 ユーズド商品を比較して購入できます。

 この記事を書いた時点での価格は
 最安値¥351+送料¥340でした。
 出品数は多いですが、無くならないうちにどうぞ!


本の評価
For フレッシュマン         ☆
For バリバリ時間管理人     ☆☆
For 中間管理職の方       ☆☆☆
  

このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーをはてなにブックマーク
Posted by 水口和彦 at 14:28Comments(0)TrackBack(0)
2005年07月02日     このエントリーをはてなにブックマークこのエントリーを含むはてなブックマーク

いきなり枕の話から・・・独創的すぎ? ・・・ 「驚異の時間活用術―なぜこれほど差がつくのか」


驚異の時間活用術―なぜこれほど差がつくのか
糸川 英夫 (著)
(ちなみに文庫版です。)

日本ロケット開発の父、と言われた糸川英夫さんの本です。

「逆転の発想」というベストセラーでも有名な方です。
(私が小さい頃、うちの本棚にもありました。)

その糸川さんが時間管理術の本も書かれていました。

私が持っているのは文庫版なのですが、オリジナルは
1981年に出版されたものです。

でも現在でも通用するノウハウが書かれています。


糸川さんがとても独創的だったことは、
この本を読んでも分かります。


いきなり第1章で、快眠を得るための方法について書かれてます。
時間管理術の本では普通ありえない展開だと思うのですが・・・。

でも確かに起きている時間を有効に使うために、
快眠に徹底的にこだわるという姿勢は見習ったほうが
いいのかもしれません。

長く寝ればよいという訳ではなく、質の高い眠りを得ることが
大事ということなのでしょう。

それにしても、自分で枕を6種類も作るって・・・スゴイ(^_^;)


そういえば、ライブドア堀江社長もしっかり眠るって、
著書に書いていましたね。




他に、切れ端時間の活用についても述べておられるのですが、
これがまた独創的。

移動するときに持ち運びやすいように、本をバラバラにして
持ち歩く・・というのです。

本をあちこちにしまう・・・のではなくて、
本をバラバラに切り離して持ち歩くというのです。

例えば、新幹線に2時間乗る予定なら、2時間で読めるくらいの
量だけ切り離して持ち歩くとのこと・・・これは私はまだ試せて
ないです。あとで本が片付かなくなりそうで・・・。


共通しているのは、既存の型にはまって考えずに、自分にとって
効率の良いやり方を探しているというところでしょうか。
参考になります。


他にも・・・

本番と同じ時間に練習しておくと、あがりにくいと考えて、
どこにいても、時間がくるとバレエの練習をしていたという話。

街中にいても、どこにいても、その時間が来ると踊っていた
そうです。想像したら笑ってしまいます・・・。

でも、恥ずかしいとか、そういうことは無視して、ひたすら
効率を求める姿勢がすごいと思います。



普通の時間管理的な話としては、

会議のあり方や、目標設定の仕方について述べられています。



必ずしも時間管理のことだけを書いている本ではないのですが、
おもしろい本です。

・・・と言うか、糸川さんの生き方がおもしろいって感じですね。


本の評価
For 時間管理の初心者  ☆
For バリバリ時間管理人 ☆☆

この本はどうも絶版のようですが・・・、
↓ amazonでユーズド価格¥1だって。安いっ!(^_^;)
  (ちなみに送料は\340です。)

驚異の時間活用術―なぜこれほど差がつくのか  
このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーをはてなにブックマーク
Posted by 水口和彦 at 01:21Comments(0)TrackBack(0)
2005年06月29日     このエントリーをはてなにブックマークこのエントリーを含むはてなブックマーク

ホントに忙しい人が書いているのが分かる! ・・・ 「ミリオネーゼの手帳術」


ミリオネーゼの手帳術―8ケタ稼ぐ女性に学ぶサクサク時間活用法
佐々木 かをり (著)

↑ クリックするとamazonのレビューが見れます。
今見ると、すごく好評ですね。

当初のレビューは好意的でないものもありました。
タイトルのイメージが悪かったのかな・・・?


たしかに、
同じ年に出版された
夢をかなえる人の手帳術

と比べると、ぱっと見の好感度低いかも・・・(^_^;)


でも手帳術・時間管理術の入門編としておすすめできる本です。


スケジュール帳は一冊にまとめること、
そして、いつも持ち歩くこと。
予定が入ったらその場で必要な時間を押さえること。

などのポイントについて書かれています。

これは、前に紹介した
気がつくと机がぐちゃぐちゃになっているあなたへ
の内容とダブるのですが・・・、

この管制塔型(と私が呼んでいる)手帳の使い方のルールを
徹底していくと、1ヵ月後にはあなたの手帳が光輝いて見える
ようになってくるはずです。
(ちょっと大げさか・・・でもホントですよ。)


これはとても重要なルールです。

これを守らないと手帳への信頼感が無くなって、あなたがあなた自身へ
挫折する口実を与えることになってしまいます。

他の本でも言われていることではあるものの、この重要なルールについて
しっかり述べられているところに好感を持ちます。



余談ですが・・・

  時間管理や仕事術について書かれている本で、実践的でない
  ものって結構ありますよ。

  一番危ないのが、○○研究会編 みたいな感じで著者名を
  出さずに書かれている本で、他からパクってきた内容を
  書いているだけだったりします。

  お前、ホンマは実践してへんやろ(-_-メ)・・・って
  ツッコミを入れたくなる。そんな本があるのも事実・・・。
  

そういう本と違って、この本の著者は本当に忙しい中で時間管理を
実践してきたことが伝わってきます。



他には、スケジュール帳の書き方について、いろいろな小技が
取り上げられています。どれもシンプルな技なのが好感が持てます。


また余談ですが・・・

  忙しい中で必要に迫られて編み出されたタイプの時間管理術は、
  シンプルで効果的なものになっているものです。

  中には複雑で時間のかかる方法をすすめる方もいますが・・・
  そういう方は実はあまり忙しくない人なのではないか?
  と疑ってしまいます。



あと、この本はコラムの部分も面白いです。

本の評価
For 時間管理の初心者  ☆☆☆
For バリバリ時間管理人 ☆
  
このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーをはてなにブックマーク
Posted by 水口和彦 at 23:58Comments(4)TrackBack(0)
2005年06月25日     このエントリーをはてなにブックマークこのエントリーを含むはてなブックマーク

私はホントだと思います。5000通 ・・・ 100億稼ぐ仕事術



100億稼ぐ仕事術
堀江 貴文 (著)

この方のコミュニケーションスタイルと共通するイメージなのですが、
無駄なところが無く、要点を突いてきます。
(個人的にはこういうスタイル嫌いじゃないです。)


この本に書かれている内容を時間管理の観点で見ると、
メールの使い方にすごく特徴があります。

時間管理としては管制塔タイプになるのですが、それを全てメールソフト上でやってしまうというものです。
思いついたことは自分宛てにメールする・・と徹底しています。
(自分宛メールはすごく有効なので私もやってます。)

仕事はすべてノートパソコン1台に集約する!
と、手帳もポストイットも不要ということです。


メールで全て完結できる環境に居ないと成立しない方法だとは思いますが、考え方としては非常に簡潔で分かりやすいと思います。

「一日5000通のメール?ウソだろー」

とか先入観を抱かずに読んでみてください。
必ずあなたにも役に立つヒントがあります。


(7/30追記)
↓ ここで堀江さんタイプを含めた情報整理術を比較してみました。
http://jikan.livedoor.biz/archives/cat_1480978.html


評価
For 初心者  ☆☆
For デキる人 ☆☆☆  

  
このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーをはてなにブックマーク
Posted by 水口和彦 at 18:21Comments(2)TrackBack(2)
2005年06月25日     このエントリーをはてなにブックマークこのエントリーを含むはてなブックマーク

管制塔があなたを変える! ・・・ 「気がつくと机がぐちゃぐちゃになっているあなたへ」

気がつくと机がぐちゃぐちゃ
気がつくと机がぐちゃぐちゃになっているあなたへ
リズ・ダベンポート (著), 平石 律子 (翻訳)

タイトル通り、整理術についての本なのですが、7章あるうち、3つの章を使って時間管理、仕事管理について述べています。


時間管理の方法や、この著者が推奨している手帳はフランクリンプランナーの一部分とよく似ています。パクリか?と思ってしまうところですが、この本は手帳の使い方、使うメリットについて非常に上手く説明しているところが良いです。

私はこの本の全てに賛成するわけではありませんが、「管制塔」を持つという概念を非常に気に入っています。このタイプの時間管理術は全て「管制塔型」と勝手に分類しているくらいです。

この本の時間管理に関する部分を一言で言うと、

スケジュール管理は一箇所にまとめなければならない

ということになります。

あとになって、実はこれがスケジュール管理がうまく習慣化するかどうかの分かれ道だと気がついたので、時間管理をうまくやりたい人には早めに読むことを薦めています。

評価
For 初心者  ☆☆☆
For デキる人 ☆☆  
  
このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーをはてなにブックマーク
Posted by 水口和彦 at 17:24Comments(0)TrackBack(1)

時間管理術研究所の無料メールマガジンで
モチベーションアップしてみませんか?
メールアドレスを入力すれば登録できます! → 

Copyright (c) 2005-2014 BizARK Inc. All rights reserved.