2008年09月24日     このエントリーをはてなにブックマークこのエントリーを含むはてなブックマーク

「上司という仕事のつとめ方」: 類書とは違った「上司本」です


こんにちは。水口です。
今日は別の「管理職本」の話を。


■ 新しい「上司本」

昨日は、「管理職」について辛口に書かれた本を紹介しましたが、
今日は、まったく別の切り口での「管理職(上司)」向けの本を紹介します。


実務教育出版の堀井様よりご献本頂きました。(ありがとうございます!)

実は、堀井さんは私の3冊目を担当してくださった編集者の方です。
(この本↓)
amazon



いや、今日は私の本の話ではなく、こちらの本↓です。

amazon
上司という仕事のつとめ方

『「上司」という仕事のつとめ方』というタイトルを見ると、「課長の教科書」が
火付け役となって流行り始めている、「管理職本」の一種のようですが、類書
とはずいぶん違う本になっています。

そもそも、サブタイトルに

『完璧なリーダーシップなんてありません!』

とあります。

つまり、この本は、管理職の理想論、「あるべき姿」を押しつける本では
ありません。

完璧であることを求めるのではなく、「完璧でなくてもいい」と訴えながら、
前向きに取り組む気持ちを起こさせてくれる。そんな本です。


こういう方向性の本は、上から目線の本と違って、書くのはかなり難しいと
思います。文章の上手さだけでではなく、著者の人柄が伴っていないと、
上滑りの本になってしまいます。

しかし、この本は、そういう意味でかなり成功していると思います。
本自体が、「良質な」コーチングやカウンセリングのような感じです。

手垢のついた表現で恐縮ですが、まさに「著者の人柄がにじみ出ている」
という表現がぴったりです (著者にお会いしたことはありませんが、
この本が誰にでも書けるものでないことは分かります)。


いま、人間関係やリーダーシップについて悩んでいる管理職の方は
もちろんとして・・・、「コーチング」や「カウンセリング」という言葉が
苦手な人(私も割とそう)は、読むと認識が変わるかもしれません。


■ 「完璧な上司」はいない


著者の松山さんは、「はじめに」でこう言います。

『 私は、さまざまな業界のいろいろな役職の方々と個別に会い、心の声に
耳を傾けてきました。中間管理職として数十名の部下を率いている人もい
れば、部下を一人だけもつ上司の方もいました。もちろん、詳細は述べられ
ませんが、横暴な会社の命令や厳しい労働条件にさらされ、「胸を痛める
話がとても多い」ことだけは述べておきます。』


『 巷にあふれる上司が手にする本は「リーダーシップ」「マネジメント」関係の
ものを含めて、最終的には「もっと強くなれ、もっと有能になれ」とばかりに、
上司としての完璧さを求めるようなものばかりです。


 完璧な人などいません。
 完璧な上司もいません。
 人は、ときにどうしようもなく弱くなる存在です。


 そんなときに手にする上司のための本が、あまりにも少ないことも、本書
を執筆する動機づけとなりました。』
  (4〜5ページより引用)

この本の主旨が分って頂けますでしょうか?

もちろん、「現状維持でいいんだよ」と言っているだけの本ではありません。
コミュニケーション改善のヒントや、気持ちの切り替えのヒントがたくさん
書かれています。


ちなみに、こんな見出しがあります。↓

  『部下から陰口を叩かれるぐらいでいい』

  『上司は「矛盾」していてもいい』

  『カリスマ上司になんてならなくていい』

  『嫌いな部下がいるのは普通のことです』

  『ほめても叱っても怒ってもいいのです』

  『部下に尽くすという「リーダーシップ」もあります』

  『部下に「弱み」を見せてもいいのです』

  『できる人もできない人もいるのが職場です』

  『挨拶ひとつで変わるものがあります』

  『上司だって「やる気」を失うときがあっていい』

  『上司はうざいと言われるぐらいでいい』

  『上司だって最後は「自分のため」でいい』


(私の視点で「管理職のためになる!」と強く思ったものを抽出しました。
 本の中には、もっとたくさんの見出しがあります)


■ 部下に尽くすという「リーダーシップ」

見出しの中に、『部下に尽くすという「リーダーシップ」』という項目があります。

この「部課に尽くすリーダーシップ」には、「サーバント・リーダーシップ」という
名前がつけられているそうです。

これは、以前に紹介した、「逆ピラミッド」の考え方ですね。

※ ちなみに私は不勉強にして、サーバント・リーダーシップという名称は
   知りませんでした・・・ (汗)。すみません。


著者は

『「部下を背中から支え・助ける」「部下が動きやすいように上司が動く」


 (中略)

これもまた立派なリーダーシップのはずです。』
 (63ページより引用)

と言います。確かに、こんな上司がいたら部下としてうれしいですよね。



『 「サーバント(召使い)」という言葉を受け入れることができないかもしれ
ませんが、精神的な強さや人間的な成熟度が、サーバント・リーダーシップ
には求められます。
 なぜならば、人を後から支えることにやりがいを見い出せる人は、自らの
エゴに打ち克たねばならないからです。』
 (64ページより引用)

↑この言葉、いいと思いませんか?
 背筋を伸ばしてくれる言葉ですね。



この本、編集さんが知り合いであるから持ち上げるわけではなく、
本当に良書だと思います。管理職の方や、いつか管理職になるで
あろう方におすすめします。



今日の記事作成時間は50分でした。
では、また明日!

  

このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーをはてなにブックマーク
Posted by 水口和彦 at 23:55Comments(0)TrackBack(0)
2008年07月22日     このエントリーをはてなにブックマークこのエントリーを含むはてなブックマーク

世界でいちばんやる気がないのは日本人 ・・・ってホントですか?


こんにちは。水口です。
今日は本の話、ある面でかなりおすすめの本です。


■ 「世界でいちばんやる気がないのは日本人」

amazon
世界でいちばんやる気がないのは日本人
――成果主義が破壊した「ジャパン・アズ・No.1」



・・・ショッキングなタイトルですね。

大きくうなずく人も多かったりして・・・という気もするのが怖いところです。
それくらい、現在の日本に閉塞感、倦怠感のようなものを感じている人
は多いのではないでしょうか。

※ 私自身は、そういう悲観的な空気を感じつつも、どこか楽観的に考えて
   いるところもあります。確かにいろいろ問題はありますが、日本という
   国には、まだまだポテンシャルがあるのではないかと・・・。


さて、タイトルにある「世界でいちばんやる気がない」というのは、
直接「やる気」を調査したわけではなく(そんなの無理ですし・・・)、
「エンゲージメント」についての調査結果で、16カ国中最下位だった
という調査結果のことです。

「エンゲージメント」とは、同書によると(『』内は引用です)

『従業員が仕事に対して自発的、主体的に努力する意志と能力』


のことだそうです。

ただ、質問項目を見ていると、本人の意思や努力以外にも、
「やる気を生みやすい環境かどうか」という要素も多く含まれる
ように思えます。

ちなみに、質問項目はこうです。

『・ 組織の将来について真剣に考えている
・ 現在の組織に勤めていることを他人に自慢できる
・ 仕事から達成感を得られる
・ 現在の職場を友人に良い就職先として勧められる
・ 組織では自分が全力を尽くすように触発される
・ 所属部署が組織の業績にどう貢献しているのか理解している
・ 自分の役割が組織全体の目標にどう関わっているか理解している
・ 組織の成功のために努力を惜しまない意志がある
・ 個人的に組織の成功を後押ししたいモチベーションがある  』
                        (27ページより引用)

確かにこの質問をしたら、プラス方向の回答は少ないのではないかと
思わせられるものがあります。

そして、おそらく高度経済成長+終身雇用の時代には、かなりプラス
方向の回答が多かったのではないかと思います。
(当時は今ほど真剣に自分のキャリアについて考えている人は少なかった
 と思いますが、組織との結びつき感は強く、全般にポジティブな回答が
 多かったのではないでしょうか)

本書は、こういう状況を打開するために「目標管理制度」や「成果主義」
がうまく機能していない・・・というより、むしろ悪い影響を与えてしまって
いるのではないかと主張しています。私もその主張におおむね賛成です。


本書は、1冊の本として、ややまとまりがない印象があったり、
あげられている対策が、やや弱いように感じられたりするのですが、
そんな点が気にならないくらい、とても有効な「問題提起」をしています。

どちらかというと、「解決策」を求めて読むのではなく、「自分で考える」
ために読む本と言ったほうがいいかもしれません。そして、考える題材
として、とても価値あるものを提供してくれています。


『勝ち組・負け組がはっきりした競争社会では、日本人は、なぜか
極端にやる気を失ってしまう傾向があるのではないでしょうか。』

『なぜ日本企業では成果主義がうまく機能しなかったのでしょうか。
 (中略)
単に欧米流のシステムを形だけマネて、そのシステムの根底に流れる
「哲学」や「思想」のようなものが、ほとんど考慮されなかったためでは
ないでしょうか。』

『「自分のキャリアは自分で考えるのが当たり前」の欧米人に対して、
「自分はどういうふうにキャリアを積んでいきたいのか」を考える習慣
のなかった日本人にとって、社員個人が適切な目標を考え出すことが
容易ではなかったのではないでしょうか。』
             (23ページ、44ページ、107ページより引用)

それぞれ、鋭く、うなずけるところのある指摘です。

これらは、たとえば「成果主義」がいまひとつうまくいかない原因として
あげられることはあまりありません・・・。しかし、実はとても大きな要因
なのかもしれません。

これをつきつめていくと、「哲学」や「思想」から「宗教」にまで
さかのぼっていくことになるはずなので、私の手に負えない領域に
入ってしまうかもしれませんが・・・(汗)

※ 「宗教」が関係しているというのは、大マジな話です。
   (これは本書とは関係なく、私の考えです)
   日本は「個人主義」的になってきたとはいえ、キリスト教圏の
   国とは根っこの部分で大きな違いがあると感じます。

   成果主義にしてもキャリア志向にしても、キリスト教圏の
   場合は、その根幹にあるのは「神と自分」の一対一の関係
   があるように思えます。(同じ一神教でもイスラム教圏は全然
   考え方が違うようで、それも興味深いところですが)

   これはいわゆる「成功法則」系の話についても言えるのでは
   ないかと感じています。欧米流の「成功法則」が好きな人が
   結構いる反面、「どうもなじまない」と感じる人も多いです。
   それには宗教的なバックグラウンドも影響しているのでは
   ないでしょうか・・・そう思えるのです。


■ 北欧スタイルでいこう?

ずいぶん話が大きくなってしまいました。
話を本に戻しまして・・・。

この本の最終章では、「北欧のスタイルは日本人に合う」という
主張がされています。ここも興味深いです。

著者は、北欧系企業で働くエグゼクティブたちの特徴として、

『1.専門特化した技術を武器に世界市場へ乗り出せ
2.相手の文化に溶け込む謙虚な姿勢で商取引を行え
3.上下関係が希薄なフラットな組織で委任型リーダーシップを取れ
4.自主独立の精神を貫き、リスクを恐れずに未知の世界へ乗り出せ』
                           (165ページより引用)

という4つの行動規範をあげています。

これ、確かに日本人に合うかもしれません。

たとえば、1つめの行動規範は、「三鷹光器」という会社そのものです。
(小さな会社なのに医療用顕微鏡で大きな世界シェアを占める会社です)
また、他にも同じように専門特化した分野で大きな世界シェアを持つ
企業はたくさんあります(地方企業にも多いです)。

私は、そういう会社の存在が日本の底力を示すいい例だと考えているの
ですが・・・それが見事に上の規範に当てはまっています。

また、4つめは昔の本田などを思わせます。

3つめについては、実践できている企業はまだ少ないかもしれません。
著者は

『管理職とは「偉い人」ではなく、部下の世話を焼く人で、
 部下が困ったことがあるとそれを手助けする役目を負う』
                     (177ページより引用)

と表現しています。「逆ピラミッド型組織」の考え方と基本は同じです。
ということは、「千房」がその実践例ということでしょうか。


この行動規範、今の日本企業に必要な、でもなかなか実践できてない
ものを表しているように思えます。

また、お気づきの方もいると思いますが、この行動規範は企業だけでなく
個人にも当てはまるものです。著者もそういうことを書いています。




この本は「ノウハウ本」というよりは、問題提起をしている本ですから、
「とにかくノウハウがほしい」という人には決しておすすめしません。

しかし、「自分の頭で考えてみたい」という方には、かなりいい材料を
与えてくれる本だと思います。

個人的には強くおすすめしたい本です。



今日の記事作成時間は69分でした。
では、また明日!

  
このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーをはてなにブックマーク
Posted by 水口和彦 at 21:36Comments(0)TrackBack(0)
2006年01月31日     このエントリーをはてなにブックマークこのエントリーを含むはてなブックマーク

「ビ」よりも「ヴィ」の方がいいと思いますが ・・・ 「ザ・ビジョン 進むべき道は見えているか」


こんばんは。ミナクチです。

最近、あまり本の紹介をしていませんでしたので、
今日はこんな本を紹介してみます。


ザ・ビジョン 進むべき道は見えているか

ケン・ブランチャード、ジェシー・ストーナー (著), 田辺 希久子 (翻訳)


この本は、「ヴィジョンとは何か?」と、大上段に構えるのではなく、
主人公たちが、ワクワクしながらヴィジョンを作っていく過程を
ストーリーとして描いたものです。


以前に紹介した、同じ著者の本、

シャチのシャムー、人づきあいを教える

1分間自己管理

などと同様に、ストーリー仕立てで、ビジネスの教訓を学べる本です。
ケン・ブランチャード氏は、こういう本を書くのがうまいですね。



今、私が書いている本は、ノウハウを解説するタイプの本になりますが、
いつか、ストーリーでビジネスが学べる本も書いてみたいと思っています。



そうそう、私の本ですが、出版社の企画会議を通りました!
(出版がほぼ確定した段階です。)

本を執筆することになったのも、元はこのブログがきっかけです。
いつも読んでいただいている方、ありがとうございます。





うーん。結局、自分の宣伝をしてしまった・・・。


  
このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーをはてなにブックマーク
Posted by 水口和彦 at 22:03Comments(0)TrackBack(2)
2005年09月30日     このエントリーをはてなにブックマークこのエントリーを含むはてなブックマーク

私も投げてみたい! --- 「フィッシュ!―鮮度100%ぴちぴちオフィスのつくり方」

フィッシュ!
フィッシュ!―鮮度100%ぴちぴちオフィスのつくり方
スティーブン・C・ランディン, ジョン クリステンセン, ハリー ポール (著),
相原 真理子 (翻訳)

最近読み直しました。やっぱりいいですね。
時間管理とは直接関係ないのですが、紹介してしまいます。

この本は、個人に、職場のチームに、そしてマネージャーに
気付きを与えてくれる本だと思います。


なぜ、この本を最近読み直したかというと、

この本の舞台になっている、パイク・プレイス魚市場という魚市場の
オーナーが書いた本『魚が飛んで成功がやってきた』を買ったのです。

魚が飛んで成功がやってきた
魚が飛んで成功がやってきた
―FISH!の社長が自ら明かす活きのいい組識のつくり方

ジョン・ヨコヤマ, ジョセフ・ミケーリ (著), 青山 陽子(翻訳)



で、その前に、この『フィッシュ!』の方をもう一度読み直してみた
わけです。


この、パイク・プレイス魚市場というところは、なかなかすごいです。

「世界的に有名な魚市場になろう」という、一見無謀なビジョンを見事に
成し遂げてしまったのです。それも、一切広告費を使わずに、です。


その秘訣は・・・ひとことで言うと、


  自分たちも楽しく、お客さんも喜ばせること


を徹底しただけ、ということになるのでしょう。

私なりに解釈すれば、


  ビジョンは大きく、でも行動は足元から


という感じです。これってすごく素敵だと思いませんか?


このへんに興味を持った方は、『魚が飛んで成功がやってきた』
を先に読むことをおすすめします。


『フィッシュ!』の方は、活気のない職場を抱えた女性マネージャーが、
魚市場で教えてもらったことをヒントにして、全員で職場を変えるために
行動していく物語です。

魚市場の店員が教えてくれた秘訣は、
『』内は引用です)
 
  『態度を選ぶ
   遊ぶ
   人を喜ばせる
   注意を向ける  』

   (89ページ9行目〜91ページ1行目より抜粋)

の4つです。


これだけでは分からない?  ・・・ですよね。

ぜひ一度読んでみてください。
すぐに読める本けど、後にいい感じの余韻が残る本です。



余談ですが・・・

  前回、シャチ話の余談として紹介した、『フリー・ウィリー』の
  中にも、この魚市場の店員が、魚を投げる役で出演しています。

  『フィッシュ!』が出版される前ですから、そのときから注目
  されていたことが分かりますね。


本の評価(☆☆☆で満点)amazonのレビューも好評です
――――――――――――――――――――――――
For フレッシュマン      ☆☆☆
For バリバリビジネスマン  ☆☆
For 中間管理職・経営層   ☆☆☆
――――――――――――――――――――――――
  
このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーをはてなにブックマーク
Posted by 水口和彦 at 22:01Comments(2)TrackBack(5)
2005年09月29日     このエントリーをはてなにブックマークこのエントリーを含むはてなブックマーク

人は何で動くのか?コミュニケーションの本です --- 「シャチのシャムー、人づきあいを教える」

シャチのシャムー
シャチのシャムー、人づきあいを教える―ポジティブな人間関係の驚くべきパワー

ケン ブランチャード,チャック トンプキンズ,サド ラシナック,
ジム バラード(著),羽賀 芳秋(翻訳)


・・・ビジネス書です。


ホントにビジネス書です。
マネジメント・コミュニケーションについての本です。
見た目はそうではないのですが・・・。


タイトルと表紙を見ると、

  「シャチを題材にした、自己啓発的な寓話」か、

  「社会に不信感を抱いた少年と、シャチが心通わせる感動物語」

という『フリー・ウィリー』的なものを想像してしまいますが、
内容は全然違いました(^_^;)

  ちなみにフリー・ウィリーはこれです ↓

  フリー・ウィリー
  フリー・ウィリー 10周年記念盤
  オープニングに使われているのは、ボブ・タルボットという有名な
  カメラマンによる野生のシャチの映像です。とても美しいです。

  私は海モノの映像が好きなので、いろいろ見ていますが、
  オルカといえばこの人です ↓ これは全編野生のシャチです。
  (写真集もおすすめです。)
  Echoes of Sea
  Echoes of Sea(4) 海洋写真家 水口博也の映像紀行 極北のオルカ



はい。脱線しました・・・。
本題に戻ります。


この本は、シーワールドでのトレーナーとシャチのつきあいの中で得られた
教訓が、マネジメントや家庭の中でも活かせるということを述べた本です。
(シャチではなく、トレーナーのあり方に焦点をあてています。)

実際に、著者のケン・ブランチャードが、シーワールドでシャチを見て
感動し、トレーナーであるチャック・トンプキンズに会ったところから
この本が生まれたそうです。


 「ごほうび」の魚をあげなくても、喜んで演技をするシャチと、
  そのトレーナーの関係を築いた方法とは?


と聞くと、興味が出てきませんか?
「ごほうび」をあげないとシャチは動かせないのが普通ですからね。


「ごほうび」 (=報酬)は使わない。
「力」「脅し」(=権力)で動かすこともしない。
(シャチ相手では権力は無意味ですよね。)

それ以外の方法があるというのです。


考えてみてください。

それ以外の方法で組織を動かそうとしたら・・・何があるでしょうか?

それ以外の方法を使っている人は、あなたの周りにいるでしょうか?


その答えは・・・「Whale Done!」(= Well Done!)だそうです。

詳しくは・・・あなたも読んでみて下さい。
サラッと読めて、あとからジワジワ効いてくる本だと思います。

本の評価(☆☆☆で満点)amazonのレビューも好評です
――――――――――――――――――――――――
For フレッシュマン      ☆☆
For バリバリビジネスマン  ☆☆
For 中間管理職・経営層   ☆☆☆
――――――――――――――――――――――――
  
このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーをはてなにブックマーク
Posted by 水口和彦 at 06:38Comments(0)TrackBack(0)

時間管理術研究所の無料メールマガジンで
モチベーションアップしてみませんか?
メールアドレスを入力すれば登録できます! → 

Copyright (c) 2005-2014 BizARK Inc. All rights reserved.